銀山平森林公園 トレッキングコースラスト

HPで愛犬の写真を楽しんでいる長女は全く本分を読まないらしく
毎日森の散歩をしていると思っているようですが・・
ふれあいの森紹介写真は全て同じ日に撮りためたものです
なぜならば・・2日後スノーがダニまみれになってしまい
後始末が大変だったからです。
楽しい散歩の後の問題はスノーに付いたダニ取りです
2日後位に目の周り一杯に大きく血を吸ったダニの塊。
一匹づつ刺抜きで抜いてやりますが野性の動物達はどうしているのでしょうか?
お供を連れて行く方はアフターケアも抜かりなく・・
と言う事で愛犬にも楽しい散策をとお考えの方は
アフターケアが必要なことをご了承下さい

銀山平森林公園 トレッキングコース 5

いよいよふれあいの森ご紹介のラストです
森の中を歩くことはとっても気分が良いのでスノーもお供
熊などが少し気がかりなので気休めにもなります。
登りは彼も引いてはくれないし下りは待たせないと危険ですが
なんとか指示に従ってくれます。



いかがでしょうか?森の雰囲気が伝わると良いのですが・・
短いトレッキングコースの割には急な坂があり、まだ踏み固めて
いない分歩きづらいのですが、ふかふかした腐葉土の感触は
未知の体験かもしれませんね・・

銀山平森林公園 トレッキングコース 4

引き続きふれあいの森のご紹介ですが、もちろん毎日散策している
わけではありませんので写真は前回撮りまとめたものです
少し標高が上がるだけですが季節のずれ以外にも
生態系の違いがあるようでシャクナゲが咲いていたり
きのこがあったりします。サルノコシカケも拾ってきました

銀山平

引き続きふれあいの森のご紹介、「ふれあいの森」とは
遊歩道に追加されたトレッキングコースです
足元は落ち葉の腐葉土でふかふかのじゅうたんです。
でも木の根っこや切り株がありますので躓かないよう気をつけてください
何しろ森の高台は大木を下に見るところもありますので
バードウォッチングには最適、すぐ横に鳥のさえずりが聞こえます
巨木にはキツツキが開けたかとと思われる穴ぼこや
動物の巣穴かと思われる大きな空洞があったりします。
北の又川と蛇子沢合流点の赤い橋が真下に見えて来ると終点です


雨上がりの散歩道

梅雨の中休みと言う感じの青空とそよ風は散歩を誘う気分
雨の日は濃いグリーンに空気の浄化を感じますが
晴れ渡る空は気分を軽くしてくれます。
ふれあいの森の写真紹介を休んでまずは雨上がりの空を・・