越後駒ケ岳も雪山スキーシーズン

この週末は青空に恵まれスキー日和でしたが
今日は昼頃から曇り始め、午後2時半雨に変わりました。
連休までは越後駒ケ岳の雪山を登りスキーで降りてくる方も
結構いて、シルバーラインのゲートが開くのを待って来ますので
7時頃裏の山裾を歩く人々をスノーが吠えて呼んでいます。
丁度 BS hiで小さな旅「山の歌」の放送を見たのですが
桧枝岐から会津駒ケ岳へ上っての山スキーでした。
圧縮されない雪山を滑るのは難しそうでうですね。
それにしても放送カメラマンてすごいですね。
山を登るにしても滑るにしても重いカメラを背負って
被写体になる人以上に苦労しているわけですから・・

犬の相性

昨日奥只見山荘さんの柴犬シシマルが一匹散歩でやって来ました。
なぜかスノーとは相性が悪く、「ウーウー」と取っ組み合い
特に噛み付き合うわけではないので、まずは順位決めかな?と
ほおって置いたら届くのにもかかわらず、1m位の距離でどちらも
ジッと固まってしばらくいましたが、その後騒ぐことはなく
様子伺いの状態で写真に撮れば仲良しかと思うような構図ですよね

雪玉のフリルのドレス?

加藤先生からコメント頂きありがとうございます。
このブログはまだHPから入ってくる方しかいないと
思いますので、コメントは励みになります。
ここ数日スノーを引き綱から離して自由に走らせ
散歩させていたのですが、すっかり楽しみにしている様子です
石抱き橋の辺りで離すと山に向って走るのですが
今日は早々にポイント???
間もなく山鳥を追い出したと主人が興奮気味に戻って来ました
自由に雪野原を走った代償は足の飾り下に
フリルのようにまとい付く雪玉で温泉の足湯で溶かしました

スノーも退屈?

本格的に一日チラチラと雪模様で、さすがにスノーも
小屋から出てウロウロしていました。
窓を開けると飛んで来たのでおやつタイムに早代わり
窓のレールは手が痛いのでしょうががんばります。

出てきて遊ぼう・・・と誘われても・・・