定期バスも再開、自然観察も本番へ♪

 

雲が多くなっては来たものの、爽やかな晴天に!

 

ようやく夏に向かっていく銀山平ですが

中荒沢にある銀山平キャンプ場も6/1(土)より営業再開!

今週末はイベント開催の為、貸切になるそうですが

昨年秋に催された「銀山平フェスティバル」の2回目であり

今年は6月に季節を変えて「GINZAN FESTIVAL’19」との事

ロック系のコンサートだそうです!

詳細は観光協会のHPをご参照ください

銀山平温泉でもログハウスを素泊まりにて提供しています。

 

そして6月からは定期バスも運行されます

そんな訳で銀山平も本格的に稼働しますが、国道352号

枝折峠経由と福島県通り抜けは、まだ冬季閉鎖中ですので

ご注意ください!

 

雨さえ降っていなければ(小雨なら傘を差して)

銀山平森林公園付近では散策日和となってきて

山野草観察や自然観察、バードウォッチングと

気分をリフレッシュできる楽しい季節です ♫

 

11:37

 

午前中は夫が共同作業で留守の為、午後からの散策でしたが

晴れながら雲があり、爽やかな風も吹いていて快適

銀山平森林公園・遊歩道を周りながら自然観察を楽しみました。

 

午後にしては、野鳥の声が幾種類も聞こえましたし

山野草に目を向けていると、突然飛翔する野鳥の姿!

 

飛んできたのはカケスでした

そして飛び立っていきます

 

クロモジ

 

昨日の観察で見分け方を模索したクロモジとアブラチャン

ひと房の花に葉が1対で付いているのがクロモジだけど

アブラチャンの葉の付き方は違うのかしら?

 

クロサンショウウオの卵嚢

卵の下に黒い尾が

 

そして止水池のクロサンショウウオの卵嚢には新物も追加

静かに見ていると、卵の下に親らしいしっぽが動く・・

いえ!親ではなく卵を食しに来たアカハライモリかも?と

観察を続けていると、やはりちらっと見えた赤い腹・・

 

アカハライモリ

 

イモリも産卵期なのでしょうが、産卵シーンは見たことがない

カエルの鳴き声も聞こえ、声の辺りを探すと、いました!

モリアオガエルのオスですね。

 

モリアオガエル

 

対岸の草むらからも呼応するカエルの声・・・

 

沢沿いを覗くとシラネアオイとサンカヨウを発見

少し入り込んで撮影してきました。

 

サンカヨウ

サンカヨウ

シラネアオイ

 

大分日差しが強いけれど、木陰があると爽やか

 

キーッキーッと鋭い猛禽の声に上を見ると

一直線に飛び去って聞く猛禽の姿!

シルエットからハヤブサ?かなと思いましたが・・

 

通り過ぎる猛禽はハヤブサ?

 

反対側には二羽の猛禽がゆったりと雲の彼方へ移動中

 

こちらはノスリでしょうか

14:19

 

トレッキングコースの登り口も残雪が解け道が現れました。

 

見事に花をつけた栃の木

トレッキングコース入口

トレッキングコース下

 

雪で倒されていた木々も立ち上がり、コース道が現れました。

 

コース麓の杉林

 

この辺りは木陰となり、バードウォッチングに快適!

 

車道へ戻ると、ウワミズザクラが花盛りを迎えていました。

 

アンニンゴの花(ウワミズザクラ)

ウワミズザクラ

 

そうそう、釣り人の話では湖上でアカショウビンの

鳴き声が聞こえるようになったそうです。

 

 

春ゼミの声にモリアオガエルの姿も

 

雨が少ないまま6月に入りましたが、今年は空梅雨傾向?

の予報もあり、夏の豪雨が心配なところですね・・

 

曇天の今朝は7時で外気温15℃と暖かくなり

午後でも24℃と過ごし易い気候で、散策も快適!

6月を待ってたかのようにハルゼミも鳴き始め

庭先の残雪も関係なく季節は進んでいるようです。

 

ホクリクネコノメソウ

ホクリクネコノメソウ

 

湿地帯のホクリクネコノメソウも数を増し

クロモジが次々開花する中、遅咲きのアブラチャンも見られ

同じクスノキ科クロモジ属という事もあり、見分けにくい?

 

アブラチャンは黄色い花が先に咲くので知ったつもりですが

その後若葉が出てくると、葉と花が同時に咲くクロモジと

ハッキリした見分け方を知らないので迷う所です。

とりあえず、下記の画像を見分けた結果ですが

1番上の画像は正しいのか自信がありません・・・

 

アブラチャン

クロモジ

アブラチャン

 

水たまり池でモリアオガエルを見かけました。

間もなく産卵に向けて集まってくるのでしょうね

 

モリアオガエル

 

国道沿いでは早くもタニウツギが咲き始めていて

 

タニウツギ

タニウツギ

 

ウリハダカエデは大きな種をつけていました。

 

ウリハダカエデ

ゼンマイ

 

まだ木陰ではゼンマイも見られますが、私有地である

銀山平全域が山菜採取禁止エリア!

特にゼンマイは競り山をして権利を取得した人以外

地権者でも採ることは出来ません。

ゼンマイ山は貴重な収入源でもあり畑同然です。

勝手な採取は警察沙汰になりますのでご注意ください!

 

 

6月を迎え、山野草の季節へ

 

雪消えの遅い年となり、カメムシが大量発生していて

虫取り作業に追い回される例外的な春となりましたが

ようやく気温も上がり、6月を迎えるまでに・・

 

カメムシが外へ出たのか、窓を開けておける状態になり

外気の気持ちよいそよ風と、心地よい朝の陽だまりに

やはり時間を見ては散策タイムを取り込んでしまいます。

 

6:56

朝靄も薄れ始め

7:26

ウワミズザクラも開花

銀山平森林公園・遊歩道 9:36

 

木々が一斉に開花を始めて、やっと地熱も上がったのか

枯草から山野草が新芽を出し、花を咲かせ始めました。

 

栃の花

トチ

サンカヨウ

サンカヨウの新芽

サンカヨウの蕾

シラネアオイ

エンレイソウ

 

銀山平森林公園・遊歩道

クロサンショウウオの卵嚢

 

先日産卵ピークを迎えていた池の卵嚢はこんなに増えていて

今は親の姿を見かけませんが、代わりにカエルが飛び込む姿!

 

ケナシヤブテマリの新芽

コゴメ

ツルアジサイ

 

声はするけど姿を見せない野鳥ですが、振り仰いでみると

いました!ノスリの旋回のようです。

 

ノスリ

 

車道沿いは雪解けも早く、少し先を行く感じで・・

 

オオカメノキ

モミジの花

10:22

スミレ

フキノトウの花

ミズキ

ミズキ

ニュウナイスズメ♂

花壇のスズラン

 

ログの周りで子育てに励むニュウナイスズメやキセキレイも

例年に比べて数が少ない気がします。

激しい寒暖差に、チャンスを逃した可能性も?

 

花壇のスズランはようやく花を咲かせ、ミズキの蕾も数を増し

サワフタギの葉には、早くも毛虫が集っています。

 

シロシタホタルガの幼虫

サワフタギの蕾

花壇のチューリップ

 

ついでに裏の様子も見に行きましたが、雪解けに合わせて

まだ柔らかなフキノトウが次々開花します。

 

早い所ではフキノトウが伸び切って花を咲かせ穂綿になり

近くにフキの葉が成長を始めています。

ここでちょっと疑問が?

フキノトウに花が咲いた後、フキの葉が別に伸びてくるので

フキノトウを採っても、フキが出ないわけでもなさそう?

調べてみると「フキは一つの株から花と葉柄が別々に育つ

少し変わった植物なのだそうです。一般にフキと呼ばれるのは

葉柄の部分で、長い茎のような部分も葉の一部とか」と納得。

 

オリソ沢の落ち込み

オリソの滝

ユキグニミツバツツジ

 

オリソ滝の上から覗き見た時も、チラ見程度のツツジですが

見上げると今が盛りと咲いていたようです。

 

北之又川保護水面の深み

河原沿いの残雪も消えて

今少し雪解けの勢いが残ります

 

いまだ庭にも残雪が見られ、いつもと違う季節感覚ですが

6月を迎え、一般的には夏へ向かう衣替えの季節ですね。

 

まだまだ銀山平では春の山野草を楽しみ、野鳥の子育てを

垣間見られる初夏が続きますが、今日は托卵組の

ホトトギスの鳴き声も確認できました。

 

さて、以前にも少しご案内しましたが、

村杉としての営業は今年の8月までの予定で

その後は宿の引き渡しとなり、新しい宿として

リノベーションに入り、来シーズンより

新規オープンの予定でいるそうです。

 

残念ながら次の運営ではレンタルボートはしない

との事で、釣りのお客さまには事情をお話して

伝えましたが、急な話の展開でまだ契約前ながら

噂を聞いたお客さまからの問い合わせもあり

現段階でのご報告だけでもさせていただく事に・・

 

もう少し具体的に決まりましたら、改めてご案内

させていただきたいと思いますが

まずは8月まで現状維持で行きますので

よろしくお付き合いをお願いしたいと思います。

 

HPでも簡単にご報告させていただきました

 

懐かしい北之又川上流の林道を歩いて♫

 

天気予報で雨が入ってきたので、昨日は午後にも

北之又川沿いの旧道コースから枝折峠登り口への

山野草チェックに出てきたのですが、木々が開花を始め

何の樹かをしっかり確認できる季節になりました。

 

シオカラトンボ

流水で飛び咲きしたミズバショウ

ミズバショウ

残雪に寝転ぶ木々

 

雪国に根付くしなやかな木々が倒れていて、道を塞ぎ

起き上がるまでは藪並みに歩きづらい・・

 

北之又川保護水面

ブナの新緑

16:24

北之又川流れ込みと会津駒ケ岳

中ノ岳

オオカメノキ

オオカメノキ

オオカメノキ

 

上を見上げると白い花らしきもの?

昨年は咲くことのなかったアオダモの花でした。

そして、咲き遅れていた山桜も今頃開花しているのです。

 

ヤマザクラ

 

アオダモ

 

という事で橋の所で目視できるアオダモをチェック

並ぶミズナラの花も確認でき、結局今日も

雨になる前の朝の内に、銀の道2合目から林道コースへ

 

アオダモ

林道のアオダモ

川辺のアオダモ

川辺のミズナラ

ミズナラの花

ミズナラ

 

銀の道2合目 ヘツリ

銀の道2合目 木道

銀の道2合目

銀の道2合目の泥濘

かなりの泥濘

 

銀の道2合目のへつり先にある泥濘には木道が設置

でもここには水がなく、むしろ後半でかなりの泥濘が

長靴対応でないと厳しい程の水量でした・・

 

林道へ上がります

イワナシ

オリソ沢の滝口を覗くとシャクナゲも

 

危惧したよりも林道は雪がなく、水たまりも少な目

むしろ雪が消えてカエルの卵が農道に取り残されていて

雨がなければ消滅する気配でした・・・

 

9:30

 

宮の淵付近にある苔の水場まで足を延ばした理由の一つ

アズマシロガネソウは盛りを終え、一部種も見られます。

 

沢辺のアズマシロガネソウ

アズマシロガネソウ

アズマシロガネソウ

アズマシロガネソウ

クレソン

苔の水場

苔の水場

苔の水場

雪解け水

 

何だか歩き易い事と曇天に気をよくして

先代ダンを連れて散策していた奥まで足を延ばし

懐かしんできましたが、大雨で林道が削れ

直ぐに車が入れない細い道に、山菜採りの

払い下げを受けている方々も、ここからは徒歩と見え

轍が消え、一輪車らしき轍が1本だけに・・・

 

宮の淵からの上流

林道は崩れて狭まり

崩れる林道

 

幾つもの沢が合流

上流の川辺

 

この辺り山野草の宝庫なのですが、まだこれからのようで

老けたコゴメやウルイと誤食されやすいバイケイソウばかり

 

毒草注意 バイケイソウ

毒草注意 バイケイソウ

 

林道途中ではニリンソウの花畑やいつもの山野草も

 

ニリンソウ

伸びたコゴメ

出始めコゴメ

岩盤が見える沢

エンレイソウ

カタクリ

ショウジョウバカマ

ユキグニミツバツツジ

 

帰路で銀の道2合目を降りる時、葉に埋もれた

紫のスミレを発見、スミレサイシンのようです。

 

スミレサイシン

 

ウリハダカエデ

ウリハダカエデ

クロモジ

クロモジ

 

豪雨の後は、奥まで行くことはなかったのですが

銀山に在宅中でなければ行くこともなくなるので

ちょっと足を延ばした次第

 

スノーが亡くなる2日前に、遊歩道の隅々まで周り

別れを告げていたことを思い出し、笑えます・・・

 

イヌと言う連れがいなくなって久しく

カメラがお供のこの頃、途中で立ち止まり

観察することの方が多くなっていましたからね!

 

 

今年も間に合ったクロサンショウウオの産卵 ♫

 

昨日の雨は期待ほどではありませんでしたが

それでも今朝は雨後の爽やかな晴天となりました。

 

そろそろ山菜期を迎え、国道沿いの木の芽摘みがてら

朝の散策に出てきましたが、バードウォッチング日和。

 

6:56

北之又川保護水面

北之又川保護水面

カモ

 

雪解けで広がった沢沿いの池に3羽のカモが着地

カメラを向けるとさっと飛び立ってしまいましたが

別のところでも3羽のカモが飛翔する姿を確認

今時3羽でつるんでいるのはなぜなのかな?

聞きなれない野鳥の声も響き、アカゲラの声を追うと

木に止まる姿を確認、しばし観察タイムです。

 

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

 

モミジの花

花から種へ

イタヤカエデの種

ウワミズザクラ(アンニンゴ)

ウワミズザクラの花

 

8:24

 

ログハウスに間借り中のニュウナイスズメ

ヒナが孵ったのかメスも近くで餌探しのようです。

 

ニュウナイスズメ♀

ニュウナイスズメ♂

 

一度帰宅しましたが、クロサンショウウオの産卵が

気になり、再度チェックに向かうと

思った通り、二度目の産卵場で今まさに産卵続行中!

 

クロサンショウウオの産卵

クロサンショウウオの産卵

クロサンショウウオの産卵

クロサンショウウオの産卵

クロサンショウウオの産卵

クロサンショウウオの産卵

クロサンショウウオの産卵

クロサンショウウオの産卵

クロサンショウウオの産卵

クロサンショウウオの産卵

 

産卵中の生物程無防備なのはないと実感するほど

クロサンショウウオの大人を撮ることが出来るのは

この時だけなので、終えるタイミングが難しい・・・

 

お試しで動画にも挑戦したら、少しぶれますが

掲載に耐えられそうなのでアップしておきますね。