9月連休初日は曇天から・・

 

朝まで残っていた小雨もほぼ上がり、曇天となっています。

外気温も16℃から昼頃には21℃まであがり

過ごし易い気候ですが、霧雲が山裾を覆い幻想的な風景。

 

天気予報でキャンセルもあり、登山の方が少なく

静かに温泉で過ごすお客様向きとなっています。

 

10:55 雲の切れ間も

 

それでは、昨日の散策から、北之又川の様子を久々アップ!

 

9/14  14:23

 

いつもの見晴らしの良い木陰に入ってみると

いきなり動きがあったのは、川に落ちた大きな蛾

しばらく流されながらも、羽ばたいていましたが・・・

 

水に落ち蛾が

 

浅瀬に流されたので、魚の餌にはならないのかな?

などと思いながら淵を覗くと、波間に魚影を発見!

 

波間に見る魚影

波間の魚影

波間の魚影

 

そのまま岩陰に入って姿を消したので、次のポイントへ

こちらは淵と言うよりは、川のカーブの深みなので

小魚が動くのを見つけることができます。

 

別の深みにも魚影確認

見えたり、消えたりする魚影

オリソ沢の落ち込み

オリソ沢の落ち込み

 

そのまま河原へ下りてみましたが、水量は勢いがあり

しばらく岩の上で癒しの時間を・・

 

北之又川保護水面

北之又川保護水面 北之又川保護水面

北之又川保護水面

北之又川保護水面 北之又川保護水面

 

先日TVで「森林や川辺で人が癒されるのは

聞こえていない周波数音の影響を受けている」

と言うようなことを言っていましたので

今回は動画でお届けしたいと思います ♫

 

 


 

 

開花の過程を楽しむ、秋の自然観察

 

天気は思ったほど悪くはならず、夜の雨も上がり

朝の外気温は16℃、室温24℃と、薄曇りの過ごし易い気候です。

 

何かとしなくてはならないリストが埋まっていて

今日は夫が午前中の外出、午後は草刈りです。

出来るだけ遅くならないうちにブログ更新をしたいので

早めの散策に出かけ、初秋の山野草を楽しんでいます。

 

昨日と今日の散策から合わせて山野草のご紹介!

 

ゲンノショウコ

 

薬草として名前が知られるゲンノショウコはフウロソウ科

一回り大きなタチフウロも同じ仲間で、見た目も似ています。

 

タチフウロ

タチフウロ

 

トリカブト

カメバヒキオコシ

カメバヒキオコシ

カメバと言う名は葉の形から

 

カメバヒキオコシの名は、葉の形がカメに似ていることから

そして同じヒキオコシでも極小の花を咲かすクロバナヒキオコシ

 

クロバナヒキオコシ

 

ツノハシバミ

9/13  14:28

オオウバユリの実

 

9/14 13:28

ナナカマド

ナナカマド

キンミズヒキ

キンミズヒキ

イヌタデ

サルナシ(コクワ)

ヤシャブシ

ヤマウルシ

ヤマウルシ

 

銀の道1合目の草むらに飛び込んだ蛾の一部がオレンジ色

その後を覗くと見事に枯葉に擬態した姿を発見!

オレンジ色の飛翔姿を見なければ、気づけなかったはずですが

枯葉に擬態するヤガガの仲間ムクゲコノハです。

 

擬態の蛾はムクゲコノハ

 

いつもの淵にいる主のイワナ

以前の魚より少し小さな気がします

 

トンボも赤く色づいて

シマヘビ

葉の上にもヘビが

釣り餌にもなるブドウムシのムシコブ

 

北之又川の水面も覗いて楽しめましたが、次回に・・

 

前回は夕暮れで閉じていたツルリンドウの花を

 

ツルリンドウ

ツルリンドウ ツルリンドウ ツルリンドウ

花後のイワカガミ

イワカガミの実

ホオの実

実が弾けたタムシバの実

タムシバの実

タムシバの実

 

 

初秋の自然観察に疲れも忘れて ♫

 

昨日に続き今日も朝から薄曇りの晴れ

 

11:23

 

夫は宿周りの草刈り作業で、私も事務仕事

朝の外気温も15℃と下がり始めているので

完全な衣替えが出来そうな気配です。

 

それでは昨日の散策記録から・・

まずは石抱橋の脇にある水位観測所のダイモンジソウを

チェックに向かったのですが・・

 

9/12  14:42

アキグミも色づき始め

 

いきなり飛び出てきたのは、番いながら飛ぶウラギンヒョウモン

 

つがいのウラギンヒョウモン

ウラギンヒョウモン

ウラギンヒョウモン ウラギンヒョウモン

ウラギンヒョウモン

14:49

 

ダイモンジソウは期待通りに咲き始めていましたが

水上がりがあった為かいつもより少なく、チョウジギクは

見つけることが出来ませんでした。

 

ダイモンジソウ

ダイモンジソウ ダイモンジソウ

ダイモンジソウ ダイモンジソウ

 

本当は軽い散歩で済ます予定でしたが、もう少し山野草の

咲き具合が知りたく、枝折峠コースを林道まで観察・・

 

オニシオガマとアザミ

オニシオガマ

ツリバナの実

ツリバナの実

 

行きには気づきませんでしたが、帰路で見つけたのは

ツリバナのすぐ上にスズメバチの巣!

 

スズメバチの巣

 

ツリフネソウ

ツノハシバミの実

ツノハシバミ雄花序

栃の実

栃の実

ホツツジ

ホツツジ

サルナシ

荒沢岳に見える通気口

スジグロシロチョウ

サラシナショウマ

 

結局入口付近がぬかっていなかったので、そのまま進み

宮ノ淵手前でぬかるみがあったものの、そのまま進行!

 

沢水が流れ込んだぬかるみ

オオバセンキュウ

宮の淵付近の沢水

苔の沢辺

宮の淵上流

 

いつもの場所で淵を覗いてみましたが

まだ魚影は確認できませんでした。

 

ウスタビガの繭

 

以前から気になっていた緑のきれいなサナギ

ヤママユガ科のウスタビガと言うそうです

糸は作らないそうですが、きれいな繭ですね。

 

何だろう?

ガマの穂

 

 

 

 

次々開花、秋の山野草

薄曇りの穏やかな気候でしたが、朝の外気温は13℃と低め

用事で町へ出ると、車中はエアコンを2位で点けていますが

暑くて困るほどではなくなりました。

稲穂も黄金色に実り、まさに収穫の秋へ移行しています。

 

それでは昨日の続きで、国道沿いから旧道周りの

帰宅コースから、水たまり池へのトンボチェックは

まだ姿が見えませんでしたが、代わりに見たのは

伝之助小屋さん前でウロウロするやせ細ったキツネ!

まさか民家の前に現れるなんて、300㎜ズームで確認。

 

9/11  15:48

動き回るキツネ

車道のキツネ

 

イカリモンガ

ヒヨドリ

ツルウメモドキ

クロバナヒキオコシ

タチフウロ

タチフウロ

ツクバネソウ

ツクバネソウ ツクバネソウ

淵のイワナ

川辺のダイモンジソウ

川辺のダイモンジソウ

道の片隅には小さなアオダイショウ

ホウの実

北之又川保護水面

北之又川保護水面

ツルリンドウの花は夕暮れで閉じていました

タムシバの実

タムシバの実

タムシバの実

実が弾けたタムシバ

 

遊歩道にプラスしての散策で、暗くなり始めましたが

山野草の季節チェックはあっという間に進んでいて

うっかり見逃すわけにはいきません!

 

という事で、今日も買い物を終えて帰宅後

ちょっとのつもりの散策が、国道沿いに林道へむかい

結局宮の淵まで行ってしまいました・・・

 

お客様がいない日の散策はちょっと危険!

結構疲れがたまっていたので、すぐ戻る予定で

手袋も持たず、気の向くままに足を延ばした結果

一番裏切られたのは自分自身と言う感じです・・

 

でも山野草との出会いに間に合い何より ♫

明日アップさせてもらいますね。

 

 

久々の散策で、イチデジ復活!

 

台風が去ってから急に気温も下がり、朝の外気温は17℃

昨日は1日雨という事もあり、肌寒さを感じましたが

今日は朝から久々の青空で爽やかさを感じます ♫

 

8:50

窓から中ノ岳

10:00

9月の銀山平温泉

 

晴れても残暑はなく、午後2時半から遊歩道の散策へ

重い一眼レフカメラですが、復活し秋の色合いを楽しめます。

 

マユミの実

サラシナショウマ

サラシナショウマ

サラシナショウマ

 

セリ科の植物は迷う所なのですが、オオバセンキュウかな?

 

オオバセンキュウ

オオバセンキュウ

オオバセンキュウ

テツカエデの実は巨大

 

一歩林道へ入るとお馴染みの山野草が迎えてくれます。

 

カメバヒキオコシ

コウモリソウ

ミゾソバ

コシアブラの実

コシアブラ

シジュウカラ

キシタバガの幼虫

サワフタギ

 

水たまり池の水も満たされ、オニヤンマもきましたが

まだ産卵には早く動き回り撮れませんが、見ていると

久々に水中のアカハライモリを確認できました。

 

アカハライモリ

アカハライモリ

 

ツリフネソウ

ツリフネソウ

トリカブト

トリカブト

アキノキリンソウ

アケビ

 

久々の散策に遊歩道だけでは物足りず、国道方面へ

 

ミズナラ どんぐり

北之又川保護水面

アカソ

ツリバナの実

ツリバナの実

 

9月前半は散策の機会が少なく、あっという間に

実が熟しているので驚き!

 

結局旧道コースを周って帰宅したので続きは次回に!