7月1日で16歳を迎えるスノー、元気に散歩中!

ぐずついた梅雨空も一休み、久々雲の切れ間に青空が覗きます。

 

雨上りの朝

 

雨上りの朝

 

気になっていたマイヅルソウの開花をチェックに行くと

ようやく開花を始めた所で、最盛期はあと1週間後くらい?

 

マイヅルソウ

 

マイヅルソウ

 

この雨は藪の茂みを一気に成長させ、

伸びきったシオデやワラビが眼を引きます。

 

1m越えのシオデ

 

ワラビは重曹であく抜きをし、塩をまぶして冷蔵保存すると

翌年まで、新鮮な滑りのある蕨のお浸しを食べられます。

 

保存ワラビ

 

一部赤く色づいたウリハダカエデも可愛いですね。

 

初夏のウリハダカエデ

 

2階のベランダでは、昨夜飛んできたのかオオミズアオが

網戸に貼り付いているのですが、撮影しに近づくと

キセキレイの親が大騒ぎするので、裏側からだけ・・・

 

オオミズアオ

 

その後親の留守を見計らって、ベランダから急いで撮影!

 

オオミズアオ

 

ついでに雛にカメラを向けると、親鳥の鋭い声と羽音で

威嚇され、急いで戻ります。

その結果、1羽と思っていましたが、

うずくまるようにもう数羽いるもよう。

でも、元気な姿を確認したので、観察はこれで終了です。

 

キセキレイの雛

 

さて、自然観察に忙しい私に変わって

スノーのお世話係は、居候中の長女。

冷たい水や牛乳を小まめに与え、すっかり元気を回復するスノー

長女は完全にお世話係の扱いなのか、好き勝手に散歩コースを選択

数日前、同行した時は、一応私のペースに従いましたけれど・・・

 

イングリッシュセター16歳

 

イングリッシュセター16歳

 

イングリッシュセター16歳

 

イングリッシュセター16歳

 

イングリッシュセター16歳

 

イングリッシュセター16歳

 

陽射しの強い時は、小屋の隙間に入り気持ちよくお昼寝。

 

昼寝中のスノー

 

たまたま長期休暇を取った長女のお蔭で、この夏を乗り切りそうです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました