夏に向けて健気に頑張る、山野草&シニアドッグ

久しぶりに昨日は雨に恵まれ、今朝は霧に包まれ瑞々しい気配です。
昨日の17時から国道352号 銀山平⇔尾瀬口の冬季閉鎖も解除され
福島県への通り抜けが出来るようになりました。
例年ですと同時に解除される枝折峠は、今年は一足遅れとなり
もう少しお待ちいただくことになりますので、ご注意ください。
これで新潟県からの尾瀬ルートも、マイカー利用が可能となり
夏山シーズンへ向けて準備が整いつつあります。
因みに越後駒ケ岳の山開きは、毎年6月最週末となっていますので
それには枝折峠の開通も間に合うと思います。

銀山平も、朝の平均外気温は16℃と夏に突入した感じですが
まだまだ室内はヒンヤリしていて、窓を開け放つまでにはなっていません。
遅れて開花を始めた山野草たちも、例年と違う気温上昇に追いつけるもの
咲き損ねる物と色々ですが、「開花を休んでもまた次の年があるさ」と言う
自然体に逞しく生きていく様子から、休息も必要なんだと教えられます。
雪融けの早い我家の看板下では、早くもサワフタギが開花を始め

サワフタギ

ログハウスの周辺では、タニウツギも次々と咲き始め色鮮やかになり

タニウツギ

枯草から顔を出した風情のシラネアオイモ可憐です。

シラネアオイ

キクザキイチゲもまだ次々開花していますが、ニリンソウも群生を始め
良く見ないと間違えそうです。

ニリンソウ

もうすっかりグリーンの葉を風になびかせているイタヤカエデも
下方の小枝では、新芽から黄色い花が咲いています。

イタヤカエデの花

昨日立ち寄った遊歩道先の林道は、倒木がある原野林ですが

坪倉行き止まり

こちらで見る山野草は、何だか逞しく自然の息吹が強く感じられます。

シラネアオイ

ヤグルマソウの新緑と蕾は茶色く目立ちませんが、勢いがあります。

ヤグルマソウ

ヤグルマソウ

タラの芽もようやく出始め

タラの芽

サンカヨウは大きく咲き誇っていました。

サンカヨウ

サンカヨウ

森林の木蔭にあり雪解けも遅れますが、ヤブテマリが次々開花中

ケナシヤブテマリ

ヤブテマリ

ミヤマカタバミはこれから群生を迎えるところ、
まだ葉が閉じていたのは朝だったからなのか?

ミヤマカタバミ

遊歩道から見下ろす、銀山平温泉・白銀の湯周辺の残雪も残りわずか

銀山平温泉ログハウス村

朝の9:30には散歩を終えて戻った昨日ですが
今シーズン初、スノー池での水浴びが再開され

ホッとした顔

  ホッとした顔

ブルブル

イングリッシュセッター 間もなく15歳

イングリッシュセッター 間もなく15歳

イングリッシュセッター 間もなく15歳 満面の笑み

この満面の笑みが見られるのも今年が最後かな?と思うこの頃
15歳を迎えるスノーの夏乗り切り作戦が必用なようで
先日は散歩直後のジャーキーも食べなかったのですが
水浴びで一息ついたのか、いい顔で食べてくれました。

元気な顔

ご馳走さま

コメント

タイトルとURLをコピーしました