束の間の晴天でしたが

束の間の晴天が通り過ぎ、また雪が降っていますが
夫達は銀山平へ除雪に向かいました。
「なぜ晴天の昨日に行かなかったのか」と疑問に思う方もいるでしょうが
新雪1日目は、積雪がフワフワなので埋まってしまうため
太陽に照らされ、積雪が締まって扱いやすくなる事と
屋根の雪が滑り落ちるのを、期待するためでもあるのです。
今日の降雪は予想以上ではありますが、吹雪ではありませんし
時折小休止していましたので、スノーとの散歩も出来ましたが
カメラは持参しませんでしたので、昨日の続き写真の掲載です。

雪国の歩道

雪国の歩道

今回の寒波は冷え込みが厳しく、雪質もふわふわで嵩が増した為
スノーが飛び乗ることなどできないほど深い新雪でしたが
太陽に照らされ、雪上がキラキラ輝いていました。

新雪の輝き

里の新雪

里山の新雪

帰宅してみると、窓から見る青空には巻層雲と共に
飛行機雲の後が残り、雲のオーラが広がるような空模様でした。

空に広がる巻層雲

コメント

タイトルとURLをコピーしました