川の流れのままに

なんとなく思いついて始めてしまった、昭和思い出語り
「奥只見・銀山平」で、気が付けば12月に入っていました。
今年の天候は新雪が降っては消えてを3度も繰り返し、寒気としては
早いのか遅いのか判断の付かない変化のある気象で、取り合えず
現在3度目の里雪は跡形もなく消えて、新たに山肌だけ薄っすら雪化粧。
近年の異常気象から始まり、初めての経験は年を重ねるごとに蓄積され
不安も、感動もどんどん記憶の奥に遠ざかり、今があるのみの感じです。
今年は私事でも、変化の波に流されて今に辿り付いたような不思議な気分で
次女がカナダから初めての里帰りをし、長女も時期を合わせて帰国
私の母、兄弟家族が一堂に集まる会を村杉で行い、母との最期の
楽しい思いで作りが出来ましたが、全て自営業の私にとって無理のない
スムーズな日程で運ばれたのも、不思議な縁を感じます。
そして先日、写真の整理から昔話に花が咲き、それぞれの記憶の
すり合わせをしてみると、昭和時代の生活をも振り返ることとなり
私たち自身が、時代を振り返る年齢に達していることに気付きました。
そういえば数年前、津南町出身の父が、戦後東京へ出たいきさつなどを
聞いた事があり、それまで聞かされることのなかった話に興味を持ち
ゆっくり聞いてみたいと思いながらも、急逝され聞くことが出来ず
父の葬儀で予科練時代の親友から、すこしだけ話を聞くことが出来ました。
そんな訳で銀山平の昔語りも今が最後のチャンスと思い、聞いてみる事に
お客様からよく聞かれる「銀鉱があった時代は? ダムが出来たのは?」
など時代的な背景も再確認し、お答えできるようにしたいと
私自身の覚書の様な作業となりました。
取り急ぎ、奥只見ダムの出来るまでを纏めてみましたが、今後追記できる
事があれば続けて行こうと思いますし、あえて「昭和思い出語り」とした
ように、銀山平から離れた事柄に触れる機会もあるかもしれません。
時々同年代のお客様と「あのころはそうだったよね!」と盛り上がることが
あったり、少し若い方とは「そんな時代だったのですね」と語り合うことが
ありますが、一世代前となった昭和を再認識できたら楽しいと思いますし
度重なる自然災害も、長い地球の歴史の中では、幾度も繰り返してきた
当たり前のことだと受け入れられるような気がします。
まるで豪雨の度に流れを変えてきた川が、その後何事もなかったように
新たな流れの中で、自然界の生き物と関わりを続けている様に・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました