晩夏の空

爽やかな青空が広がった朝の景色は、空が遠く初秋の気配ですが

銀山平温泉夏の朝

越後駒ケ岳

中の岳

銀山平温泉 晩夏の朝

昼間の太陽の直射熱は、まだまだ強い夏の陽射し。
それでも雲が太陽を隠している間は過ごし易く、
木蔭に入れば、快適な高原の風に夏の名残を楽しめます。
雲が広がった午後一番に、この曇り空に騙されて散歩に出かけた私達
スノーだって「待ってたよ!」と喜んで参加したのですが
時々雲の切れ間から覗く強い日差しは、やっぱり甘かったかも
もちろん短距離コースで、石抱橋の下で水に浸かって戻ってきましたが
お盆休みを楽しむ家族連れも、川遊びを楽しんでいました。

石抱橋下流の川遊び

川遊び

いくら暑い陽射しと言えども、冷たい北ノ又川に入れるのは少しだけ

イングリッシュセター

水浴びもあとわずか

ついでに石抱橋の上から覗いてみると、放流ニジマスも釣られて
わずかに揺らぐ大物の魚影が少しばかり・・・

石抱橋下の魚影

石抱橋から

これからが西日の時間になる為、スノーの居場所は反対側なので
一足先に木蔭へ向かうと、心得たとばかりに
東側のポジションへ自ら帰っていきます。

訳知り顔

早く帰って・・おやつ!

最後の試練  マテ!

お終い・・・

コメント

  1. より:

    なんだか又薄汚れてきたけど、スーちゃんとってもうれしそうね。どの川も、我が物顔。

  2. 村杉 より:

    そうそう、穴掘りに励んでいるからすぐに汚れるよね。
    スノーにとってはどの水場も「僕の物」なのは間違いなさそう・・

タイトルとURLをコピーしました