藪林の中は一人で散策、試行錯誤の撮影会

昨日に続き晴天に恵まれ、朝の外気温は15℃と初夏の陽気
昨日の山開きに合わせて、今日の越後駒ケ岳登山を計画した2組の
お客様は若い男性お一人と、年配のご夫妻でしたが、どちらも関西からで
百名山も残すところ10前後とのベテラン。
お一人の方は、前日に奥只見ダムに車を置き、定期観光船の最終便で
尾瀬口へ向かい、前泊して平ケ岳正規ルートで登山をしたとの事。
昨年の夏の豪雨以来、通行止めだった為登山者がなく
今シーズンも、桧枝岐ルートからのお客様が少数利用されただけで
昨年来の藪に覆われ、木道も見え隠れする悪路だったとの事。
貴重な情報を頂きましたが、定期船利用の平ヶ岳登山は思いつきませんでした。
さてそんなベテランの、今日の越後駒ケ岳登山は天候に恵まれながら
山頂は雲がかかって見晴らしは良くなかったそうですが
残雪は山頂付近に少しだけで、ほぼ夏山ルートとの事でした。
銀山平から見る駒ケ岳は、確かに山頂付近に雲がかかっていますが
初夏らしい晴天の一日。
そろそろ銀の道、藪ルートに咲く山野草チェックがしたくて
スノーは置いて、まずは一人で撮影散策に行ってきました。
何しろ、昨日も散歩から戻ると、スノーに付いたダニ退治に手を焼く夫
この藪ルートへはスノーを連れて行かないように言われていますので。

snow

スノー

ズミの花

昨日は銀山平森林公園遊歩道で、咲き誇るズミの花に迎えられ

ズミの花

遊歩道の樹林帯の中では、オオカメノキの花やホウチャクソウなど
白い花の撮影をしながら、カメラの設定の変化を比べて試行錯誤・・・

オオカメノキ

ホウチャクソウ

足元には、雑草と共に刈り取ってしまうトキワハゼの群れ

トキワハゼ

黄色い小花の群れは、エチゴキジムシロ

エチゴキジムシロ

そして今日は、銀の道ルートで見かけるミツガシワの咲く沼地へ
昨年は花の終わりかけしか見られなかったので、今年こそはと
先日からこまめにチェックし、蕾の状態に出会えました。

ミツガシワ

ミツガシワ

これからも、スノーを連れずに通ってみようと思いますが
銀の道樹林帯の中では、まだユキザサやチゴユリが咲いていました。

ユキザサ

チゴユリ

いままで暗い樹林帯では、中々きれいに撮れませんでしたが
ISOを800にすることで、そこそこきれいに撮れるのが分かり
スノーに引かれることもなく、エゾタチツボスミレでも試し撮り

エゾノタチツボスミレ

前回は赤い実を付けていたヒメアオキにも花が咲いていたり

ヒメアオキ

4枚の葉を広げ、ツルニンジンの葉と思われた葉の中央に種のような
ものがついているので気になったのですが、本当にツルニンジンの葉?

このヨツバはツルニンジンでいいのでしょうか?

山野草は季節に応じて姿を変えるので、初心者には確認が難しい
何も考えず、木漏れ日や水の輝きを撮る方は楽しいかも・・・
という事で、次回は木漏れ日の写真を載せたいと思います。

コメント

  1. 関西遠征組 より:

    快適に休ませて頂いたお蔭で、藪漕ぎの疲れも取れ、気持ち良く駒を歩けました。
    荒沢登れる技量が付いたら、駒のリピートと共に再訪させて頂きます^^

  2. 村杉 より:

    コメントありがとうございます。
    こちらこそ、貴重な情報に感謝しています。
    既に荒沢登山は問題ないベテラン様ですが、百名山が終わられたら次は紅葉シーズンもお楽しみ気ださい。

タイトルとURLをコピーしました