この1週間、本当にお疲れ様でした。

ようやく雪も収まり青空が広がり、ストーブ消火など節電も出来ました。
被災で落ち込んだ気持ちになっている時、青空だけでもだいぶ気持ちが
明るくなり、寒くなく過ごせることが幸せに感じられます。
銀山平の除雪も、新型の除雪機を復旧作業に回し、古いタイプと
交換して除雪が再開されているようです。
新潟県では福島県からの避難所を設立している為、今後の協力も
念頭に置く必要があるかも知れませんが、雪深いだけに分りません。
もちろん喜んで協力したい所ですが、福島県境にある当地
原発事故の今後次第では、ここも200km圏内と不安も残ります。
でも必死に放水を続け、事故の拡大を収めようとがんばっている
方々に心から感謝をするのと同時に、既に避難を繰り返しご苦労
している福島県の方々に、心よりお見舞い申し上げます。

折立から見る越後駒ケ岳

今日は連休を前に、郵便局や農協へ立ち寄りましたが、いつもより
少ない利用者に、様子を伺うと3~4日前からこんな感じとのこと。
実は、預金を下ろす人たちで込み合っているかと思ったのが正反対で
空いていたことに驚いたのですが、スーパーでも商品が入荷され
込み合うこともなく、買占めから一息ついたのでしょう。
やはり都会のように人口密度が高くなければ、何とかなるものだと
思ったのですが、もしかしたら田舎ならではの人間性なのかも・・
そう言えば、道の駅のある観光センター2Fのホールには「一時避難所」
の看板があり、人々で賑わっている様子、確認した訳ではないのですが
避難されてきた方々の避難所になっているのだろうと思います。
中々先が見えずもどかしいのですが、計画停電と通勤にお疲れの
都会の方々も、明日からの連休で一休みしていただきたい所、
本当に1週間お疲れ様でした。

3月18日 夕暮れ

コメント

タイトルとURLをコピーしました