夏の山野草も本番

8月に入り猛暑がやってくるかと思っていましたが、今日も曇天で涼しい一日
昨年に比べると夏休みの利用が少なく静かなログハウス村のような気がします。
銀山平森林公園の遊歩道で見られる山野草も、ようやく夏らしさを増し
この雨で背丈も急に大きくなってきたメタカラコウやウバユリが草薮に
抜きんでて姿を見せてくれています。

メタカラコウ

メタカラコウ

人の背丈ほどもある大きな植物ですが、黄色いキクのような花びらが3枚と
アップで見ると可愛い花びらが咲き連なっています。
同様に大きな丈に百合の花を沢山付けるオオウバユリは、色が目立たず草むらに
埋もれてしまいそうですが、とっても良い香りがしますので咲いていることに気づきます。

オオウバユリ

反対に足元に小さく咲く花として目立たないのが、ゲンノショウコウ。
ヤクソウとして名前を知っていると思いますが、可愛い花を咲かせます。

ゲンノショウコウ

同じく薬草として知られるドクダミモ意外と可愛い花ですよね。

ドクダミ

そう言えば、遊歩道に乗り出すように飛び出していた葉に絡みつくツルが
白い花を付けなんだろう?といっていたのですが、調べた所山菜の
イケマの花であることが分かりました。
イケマは新芽の時1本づつ折っておひたしにしますが、折口から白い乳を
出すのが特徴で癖がなくシオデ同様アスパラのような感じで食べられます。
この花びらのつき方は、球状でシオデの実にも似ています。

イケマの花

シオデの実

そして夏の山野草として見落とせないのが、コオニユリ
オレンジの華やかな色が目立ちますが、とても小柄な花です

コオニユリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました