冬へ向かう里山

先日から迷っていた一眼レフカメラの購入機種を、ニコンD300に決めたのですが
いざ販売店に問い合わせしてみると、既に製造中止で新機種D300Sに変更に
なっている為、在庫が無いところがほとんどのようでした。
そこで反って県内のお店の方が、在庫がある可能性が高いのではと
ビックカメラ新潟店に電話で問い合わせた所、18~200ミリレンズキットが
残っているとの事で、希望の組み合わせでした。
ついでに250ミリ位のは無いのか聞いてみると、ニコンレンズには250mmは
無いとのことで、タムロンレンズならば18~270mmと言うのがあるとか。
更に最新機種のD300Sとタムロンレンズのキットであれば、d300キットと
同額くらいであるとの事、因みにD300Sの方が連写コマ数が多くなり
動画もプラスされるとか・・
ニコンレンズにこだわるかどうかの選択になってきたので、後はレンズの
重さや、取り扱い具合が決め手になるので、お店で比較しようと考えています。
そんな訳で午前中はネットでニコンとタムロンレンズの比較などを見たり
お店で説明された時、少しでも理解できるように下調べとなりました。
昨夜からはチョットまとまった雨が降り、スノーも猟に出られずにいたので
午後からは、私の運動も兼ねて久しぶりに近所を一週歩いてきましたが
里山ならではの景色にスノーもルンルンと散歩を楽しんでいました。

人家から離れた畑では、何やら木を囲った畑があり、何を植えているのか
気になったので、行きあったお年より夫妻に聞いてみると「ブルーべりー」だよ
とのこと、あまりの大きさに「我家の庭に植えたブルーベリーの苗は小さい為に
実が付かなかったのか」と妙に納得させられてしまいました。

杉林の中に省スペースですが、しいたけの原木栽培を見かけましたし

道端にはムラサキシキブと思われる木の実を見かけましたが
夫に言わせると、山にも何箇所か見かけるので野性の木の実だと
言うのですが本当でしょうか・・

コメント

  1. 匿名 より:

    ブログに写真、載せたわよ。 の

タイトルとURLをコピーしました