厳寒期2月なのに小春日和・・

眩しい青空が広がったものの、どこか霞がかって春を思わせます。
昨日薄っすらと降った雪も雪上の足跡を隠した程度で、全体としては
積雪量が減りつつあります・・2月なのですが・・・
先日銀山平へ様子を見に行った方によると1,5mほどしか積雪が無いのではと
いぶかっていましたし、散歩道の折立又からは久々に越後駒ケ岳が輝いて
姿を見せ、帰路にはジャンバーを脱いで腰に巻くほど暖かな陽気でした。

それにしてもオーストラリアの自然発火による火災も、連日続いた43度以上
という記録破りの熱波が原因とか。
魚沼の例年と比較できないほどの少雪も、暖冬を抜きに考えても
降雨量が少ないという事だと思うのですが、数年前から騒がれていた
温暖化現象とそれに伴う異常気象がこんなに早く襲ってくるとは
思わなかった人のほうが多いのではないのでしょうか。

コメント

  1. かいり より:

    村杉さん こんばんは
    折立又からの駒ケ岳 久々に見ました。
    こちらからも綺麗ですね♪

  2. 村杉 より:

    折立又からの越後駒岳は日に照らされて雪が輝いてよーく見えるのですが、アップで撮ってもいまひとつ空がすっきりしていないのです。
    腕のせいか?カメラのせいか?

タイトルとURLをコピーしました