銀山平温泉へ続く旧道も、散策道への期待

久々の「四季の便り」となりますが、メインblogは
里山の自宅からお届けしている「里の自然&暮らし」
移転していますので、よろしかったらお立ち寄りください。

7/9に久々銀山平森林公園へ行き、ルート散策をしてきました。

銀の道などエリア散策ガイドなどをしている地元NPO
自然大学の方々のお誘いを受けて、周ってきましたが
銀の道のある旧道の道草刈りも終えていて、サッパリ!

銀山平温泉に繋がる旧道ルートもキレイに草刈りが済み
欄干が壊れた現在通行止めの古い橋の復活計画もあるとか
実行されれば川沿いの茂み散策は夏も涼しく
バードウォッチングにも最適で、民宿キコリさんの脇に
でるルートがありますから、宿に泊まっている方の
銀の道トレッキングへの近道にもなり、再生されると
よりよい環境になりそうです!

今回は私がヤマセミや北之又川の撮影ポイントとして
いた宿の裏側を、最初で最後の入れるチャンスと
ご案内したところ「こんな良い所があったのか」と
驚いていましたが、何しろ保護水面指定の場所
あまり宣伝することも出来なかったエリアです。

旧村杉と旧白光さんを引き継いだ自遊人様が只今
リノベーション中で今後は宿裏へは入れなさそうです。

 

ログハウスはペンキ塗装で蘇り

今年はコロナ自粛の影響もありましたが、遊歩道の草刈りも済み
いつもの自然界が迎えてくれました。

雨予報だったのが曇り空で済み、久しぶりの遊歩道
帰宅すると夕食準備の時間でしたが、夕食を終えても
まだ日没前、高い山がないので夕陽を楽しめます。

西日本を中心に線状降水帯の被害が続く中
今後が心配ですが、今のところ静かな梅雨空が続き
小雨が多く涼しく過ごしていますが、油断大敵!
梅雨明けの頃の豪雨に気を付けなければ・・・


コメント

タイトルとURLをコピーしました