里山の山野草

昨日は雨が上がった後も風が冷たかったのですが
今朝は予報通りに朝から晴れ渡り、どんどん気温も上昇。

義父が落雪消し用の棚洗いを始めたので、参加しての朝仕事。
9時前には終わったので、夫と2人で近場の里山・桑原山を
登ってきました。

近年足が痛いとの事で、動かなくなっていた夫
元猟師ではありますが、歩けるのか?のお試しで
結局早々に別行動という事でお別れし、一人トレッキングに!
次回にHPブログの「里山トレッキング」へ載せる予定です。

とりあえず春の便り山野草を幾つかピックアップしてみます。

オオカメノキの蕾
オオカメノキ

尾根伝いにあるオオカメノキでは、蕾が膨らみ始め
ヒオドシチョウは何回も出会うほど、数を増していて
尾根で1頭ギフチョウが通過、さらに3号目あたりでも
ギフチョウが目が前を通過しましたが、早すぎて撮れず・・

ヒオドシチョウ
ヒオドシチョウ
イワナシ
イワウチワ
タチツボスミレ
カタクリ
カタクリ
カタクリ
ユキツバキ

ユキツバキも一斉に開花していますが、花弁中心の雄しべに注目
黄色い雄しべが剣山のように根元まで伸びていますが、これが
ヤブツバキとの違い(ヤブツバキは半分ほどで白い株に)

ユキツバキ
ショウジョウバカマ
タムシバの蕾
ミズバショウ

登山口の小沢には水芭蕉が花盛り・・

夫は先に帰ったので自宅までバードウォッチング散歩
杉林から飛び出す野鳥をたくさん確認しましたが
撮れたのはたった1枚、コゲラでしたね・・

コゲラ

尾根で見かけたのはヤマガラ、巣作りの材料運び・・

ヤマガラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました