定点観察地「桑原山」トレッキング

今日から天候が崩れる予報だったのが、今日まで晴れ
午後3時頃からの雨に変わっていました。

夫は頼まれ仕事で、銀山平温泉旧村杉の春の除雪が開始
国道除雪が月曜日から始まっていたので、温泉センター裏の
駐車場まで軽トラで移動できたそうです。

過去にない程の少雪で2m弱の積雪との事、除雪もスムース
あっという間に片付くそうです。

この晴天に急遽トレッキングのお誘い電話が入り、もちろん参加
おやつ程度で済む堀之内の御嶽山へ行きましたが
まずは昨日の桑原山からご案内します。

いつも窓から見ている里山ですが、山頂までは登坂続き
それでも登山口から全く残雪がなく、山頂付近まで行くと
スコップをもって除雪をする2人の男性にビックリ!
お陰様で、気持ちよく登れました。

窓から見える桑原山です
桑原山山頂付近まで除雪をしていてびっくり!
山頂からの尾根伝いはわずかな残雪

山頂で11:48と1時間強のトレッキングだったので
そのまま少しだけ残雪の残る尾根伝いに次の山頂へ
駐車場付近へ続く周遊コースの合流点です。

涸沢山 620m
除雪をしなければこの位の残雪
尖っているのが越後駒ケ岳
桑原山頂で昼食

桑原山頂へ戻ると、除雪をしていたお二人も昼食休憩!
軽食で一休みですが、上着を脱げるほどの晴天です。

山頂からの見晴らし
山頂から見る小出方面
桑原山
下山開始
除雪で出現したトレッキングルート
見下ろす芋川から宇津野方面
遠くにそびえる越後駒ケ岳

最高の天気に恵まれ、さすがに汗びっしょりでしたが
登りはよいよい・・下りは膝が笑ってふらふら・・

思った以上に体の中の疲労感、どこが痛いというのではなく
何だか足腰がフラフラすることにビックリ・・

スイミングで呼吸は強くなっていて、登りがきつく無いけど
自分で思っている以上に足腰にダメージが残るのか?

特に翌朝起き掛けが何だか変だぞ?とぎっくり腰が出ないよう
慎重に行動開始しましたが、動くうちに体も戻り
翌日には回復、筋肉痛とは違うので坐骨神経痛か?と
思っているのですけれど、血流が問題なのか動いて回復
その後も何ともないので、今日はまたトレッキングに
行くこともできたので、ちょっと心配でしたが
今年も何とかなりそうかなと一安心です。

自主規制していたプール通いでしたが、そろそろ復活と
考えた矢先、県内でのウィルス感染が発見されたので
結局行政指導で「3/17まではスタジオ&スイミング教室は
休み」の案内メールが入りました。
現在はフリーで泳ぐことはできるとの事でしたが、今後
また中止になる可能性も有りそうです・・

という事で、一番害のない野外活動という事で
里山トレッキングに励もうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました