雪のない小正月に

相変わらず雪の気配はなく、小雨が降ったり晴れたりと
真冬らしくない雪や雨量の少ない日々となっていて、昨夜も
雨音がしていたのですが、朝に上がり冷え込みもありません。

数日前からどんどん田畑から雪が消え、朝の曇天から
忽ち鮮やかな青空が広がりビックリするほどです。

1/11  13:58
1/12  8:05

8:43

こうして並列アップしても、曇天から晴天への早変わり!

1/14  7:15
朝の西空に薄っすら朝焼け
雲が切れて青空に向かい  7:47
7:48
8:17
9:06

そして昨日はスイミングを教室への参加にして
いつも以上に力強く泳いだので疲れ、今日は休養日!
小正月行事に参加(簡略されていますが)お昼から
どんど焼きでスルメをあぶり、無病息災を祈ります。

家族の高齢化でスルメを食べなくなったので
省略していましたが、今年は我家に鼻風邪が流行り
完治するのに時間がかかったので、復活です!

1/15  8:17
11:18
雪のないどんど焼き
松燃しの火でスルメをあぶります
13:16

今朝も曇天から始まった空が、午後には青空に変わり
その後また暗くなると、小雨が降ったり上がったり

目まぐるしく変わっていく空模様なのですが
小正月に雪がないなどという事は滅多になく
残雪の上だから松を燃やすのも安全なのに・・


下に残雪を敷いて、事なきを得ていますが
オーストラリアの森林火災のニュースを見た後だけに
火の扱いには気を付けなくては。

本当は、例外的な気象が続くことが問題ですが

積雪が少なければ夏の大雨や洪水の心配も増し
何より、貯金となる雪不足から水不足が田畑に
影響を及ばさないと良いのですが・・・

コメント

  1. 野田 要 より:

    当地も記録的に雪が少ないです。札幌なので辺り一面白くはなっていますが、うっすらと雪がつもっているだけです。雪のある郊外のスキー場は通常通りの営業なのですが、市内中心部に近いスキー場はオープンを延期したり、オープンしても一部のコースだけ滑られるという状況です。
    なので郊外のスキー場はめちゃくちゃ混んでいます。それと当地では来週から小学校の3学期ですが、スキー学習を中止する学校が出ているそうです。公園では通常雪山を作ってそこを滑ったりする遊びをしていますが、今年は雪山が作れるほど雪が降っていません。なので雪山はなしです。私は65年行きていますが、初めての経験です。

    • 村杉 より:

      こんにちは、本当に今年の冬は雪国らしからぬ気候が続き
      暖冬が有難くもあり、先行きに影響の出る不安もありますね。

      特に米どころでは、残雪からの冷たい水が大きく役立ち
      夏の水源でもありますから、ただ喜んではいられません。

      雪まつりも控え、雪集めから始めているニュースが
      近年頻繁に見られますが、予測不能な自然現象ですから
      受け入れつつの対策、ご苦労様です。

      最終的な積雪は分りませんが、今後も画像アップしていきます。

タイトルとURLをコピーしました