わらしべ長者の気分で秋の収穫

昨日はまたも襲来した大雨で、千葉県での被害が続出

台風はだいぶ沖合を通過したのにと、驚きました。

 

魚沼では夜型の雨に、昨日もほぼ曇天

夜寝る頃になって、屋根を打つ雨音の激しさに

ちょっと不安を覚えましたが、朝には小雨に収まり

玄関内での気温も19℃と、まだストーブ要らずの気温です。

 

魚沼ではまたクマの出現があり、注意喚起もある中

長女も留守なので、散策意欲が弱まっていましたが

一昨日は、川沿い集落小平沢で新築されたお宅があり

牛腸に行ったついでに散策をしてきました。

(牛腸とは新築した家にお祝いに行く習慣ですが

昔はお酒に牛腸と書いた熨斗をつけて伺いましたが

近年は「のし袋に現金」と形を変えています。)

 

国道を挟んで上の山沿いが宇津野、下に流れる

佐梨川沿いの集落が小平沢で、一緒の集落になりますが

それぞれに鎮守様を持っていて、どんど焼きなどの行事は

別々に行われているようです(確認していませんが)

佐梨川向こうの田畑
宇津野より小さめな鎮守様
小平沢の鎮守様
クルミ拾いをする反対側からの佐梨川

これだけでは歩き足らないので、墓原周りに帰宅

我家のお墓では一応手だけを合わせてお参りしてきます。

手を合わせるだけのお参りですが
崖下に流れる佐梨川
ホオジロかと思ったら、カシラダカのようです
カシラダカ

帰路として旧山菜加工場裏を通過するのですが

ここはクルミ拾いのポイントでもあり、雨の度に

新たなクルミが落ちているのですが、袋を持たず

明日でも来ようかと思っていたら、お店の人が拾いに

出てきたので諦めました・・・

ところが、翌日長女が共同温泉でおしゃべりしていた

ご近所さんから電話で「小豆カレーを作ったから試食を

してほしい」との申し出があり、ついで情報として

「加工場のイベントで餅詰め放題500円をしている」との事!

 

小豆カレー試食と言う話は、小豆の収穫が多かったので

甘い調理以外に小豆レシピを知らないか?と聞かれ

「東南アジアでは小豆カレーが一般的で、レシピは

ネット検索すれば出てくるから」と情報提供したことから

折角呼んでいただいたものの、長女は就活の為留守

変わりに呼ばれたのですが、食べたこともない小豆料理。

それでもお餅情報は興味深く、ついでにクルミに備えた袋を

ポケットに忍ばせ加工場の売店へ向かいました。

 

本来秋の収穫祭が行われる予定が、クマ騒動で

イベントは縮小され、人気の持ち詰め放題500円は

売店内で行われていて、賑わっていました!

毎年恒例らしく、去年は幾つ詰めたの情報が飛び交う中

黙々と詰め30ケ詰めれば良いのかなと挑戦です。

餅詰め放題500円
雨ごとに落ちているクルミ
皮が黒ければ完熟なのかな?
ウラナミシジミ

昨日拾われたであろうクルミですが、またちらほら見られ

持参の袋でクルミ拾いもし、勝手に収穫祭の気分・・

帰り道情報のお礼がてら顔を出すと、更に小豆カレーを

ごちそうになり、地元ならでは話に花が咲きました。

 

私より年長の奥さんですが、地元ではリーダー的存在

さすがにスマホを使いこなし、ネット検索でレシピもゲット

田舎暮らしの女性でも、都会の方との差異はなく

情報に触れられる時代が来たと実感します。

 

すっかり長居をして腰を上げると、収穫品の小豆も

分けて頂き、玄関を出るとこちらで使う薪ストーブの

薪に目が行きます。雪除け通路に積み上げた薪です!

雪国での薪置き場

更に自宅へ向かう途中で、夫の叔母と出会い

こちらでは玄関先に置かれていた、頂き物と言う

栽培椎茸のキッドから出ていた椎茸を「持って行けや」と

手持ちのクルミ袋に入れてもらい、何だかわらしべ長者の

気分に・・長女のおしゃべりが最初の一歩で

私自身は何もしておらず、詰め放題の餅を買いに行く

行動を起こしただけですけれどね・・・

 

その収穫は以下の通りです!

500円でゲットの餅、拾ったクルミ、頂いた椎茸と小豆

因みに詰め込んだ餅の数は32個もあり、大満足!

さっそく夜には頂いた椎茸を使った茶碗蒸しと

義父が収穫していた大根の間引き菜と椎茸の煮菜

同じく自家収穫のカボチャのから揚げ

収穫ジャガイモのソテー(ニンニクとオリーブオイルの炒め物)

人様の収穫で美味しく秋を堪能しています。

他力本願で得た収穫菜の自然食です

さすが本格的な田舎暮らし、恩恵がうれしいこの頃です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA