村杉譲渡先のご紹介

昨日の温帯低気圧は魚沼では夜型の風雨でしたが

夜のニュースで燕では屋根が飛び、佐渡ではおけさ柿の

木が倒れたりと、危惧した通りの荒れ方で被害甚大の

様子でした。

同じ県内でも海沿いと山沿いでは違いが大きいようで

魚沼では前夜からの雨が朝には上がり、午前中は

銀山平温泉へ行きましたが、時々青空も広がり

眩しいし陽射しを雲が出したり隠したり・・

 

それも夕方からは風雨が吹き始め、夜には雨音も

突風の音もどんどん強くなり、県内の荒天を納得!

さて村杉の譲渡契約も終わり、後始末も終わったのですが

前日夜に譲渡相手方からラインで「明日当社の代表が、急遽時間がとれたので、ごあいさつに伺いたいのですが、宿で会えますか」との事。

 

という事で、丁度ゴミ収集の日でもあり、早めに行ってゴミ出しをしながら待機。一足先にいらした担当のスタッフさんに鍵の引継ぎなども済ませることもできました。

 

 

今回は代表の方も見えて、先に銀山平温泉組合の皆様の宿へ

ごあいさつ回りを済ませ、最後に村杉で今回の譲渡完了のご挨拶となりましたが、契約は終わったものの今後の方向がつめられていなかったこともあり、改めて確認し、お相手をご紹介することもご了承いただきました。

 

 

という事で、今回は村杉を引き継いで下さる会社のご紹介ですが、南魚沼市にある里山十帖様となります。

こちらは自遊人と言う雑誌が本体で、後継者のいない宿を引き受け、自然を生かしたこだわりの宿として立て直して下さるという、HPに魅かれて飛込メールでご相談させていただいた所です。

 

会社の詳細は直接HPを見ていただくのが間違いないと思いますのでどうぞご確認ください。

 

今回の引継ぎも無事に済ませ、肩の荷が下りホッとしました。

 

夫婦2人の運営では、宿の環境を活かしきれず、年々仕事をセーブし先細りさせていくようで、もったいないと思っていました。

これからは、里山十帖様から十分に活用していただき、地域にとっても貢献していただけると期待し感謝しています。

 

そんな訳で自遊人代表の岩佐様と村杉の前で記念撮影となりました。

近々里山十帖様のHPでもご案内があるかも知れませんが、取り急ぎ村杉譲渡先のご報告とさせていただきます。

 

 

村杉前にて

台風の影響で、10月とは思えない暖かな日が続いていますが

少しづつ銀山平は秋色に変わろうとしていました。

コマユミの紅葉
コクワ(サルナシの実)
ツルリンドウ
ツルリンドウ
ミヤマザクラの実

そして昨夜の荒天も夜のうちに収まり、雨上がりの朝

こうして夜型の雨が続くと雨が降ったという感じがしませんが、ほぼ稲刈りも終わった魚沼地域を潤してくれたようです。

今日も雨上がりの朝に
6:41

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA