春ゼミの声にモリアオガエルの姿も

 

雨が少ないまま6月に入りましたが、今年は空梅雨傾向?

の予報もあり、夏の豪雨が心配なところですね・・

 

曇天の今朝は7時で外気温15℃と暖かくなり

午後でも24℃と過ごし易い気候で、散策も快適!

6月を待ってたかのようにハルゼミも鳴き始め

庭先の残雪も関係なく季節は進んでいるようです。

 

ホクリクネコノメソウ

ホクリクネコノメソウ

 

湿地帯のホクリクネコノメソウも数を増し

クロモジが次々開花する中、遅咲きのアブラチャンも見られ

同じクスノキ科クロモジ属という事もあり、見分けにくい?

 

アブラチャンは黄色い花が先に咲くので知ったつもりですが

その後若葉が出てくると、葉と花が同時に咲くクロモジと

ハッキリした見分け方を知らないので迷う所です。

とりあえず、下記の画像を見分けた結果ですが

1番上の画像は正しいのか自信がありません・・・

 

アブラチャン

クロモジ

アブラチャン

 

水たまり池でモリアオガエルを見かけました。

間もなく産卵に向けて集まってくるのでしょうね

 

モリアオガエル

 

国道沿いでは早くもタニウツギが咲き始めていて

 

タニウツギ

タニウツギ

 

ウリハダカエデは大きな種をつけていました。

 

ウリハダカエデ

ゼンマイ

 

まだ木陰ではゼンマイも見られますが、私有地である

銀山平全域が山菜採取禁止エリア!

特にゼンマイは競り山をして権利を取得した人以外

地権者でも採ることは出来ません。

ゼンマイ山は貴重な収入源でもあり畑同然です。

勝手な採取は警察沙汰になりますのでご注意ください!

 

 

2 Comments to 春ゼミの声にモリアオガエルの姿も

  1. まとり より:

    はじめまして。いつもブログ読んでいます。
    若葉が出たアブラチャンとオオバクロモジの区別です。アブラチャンの若葉は、縁が赤くなりますが、クロモジは赤くなりません。
    写真が拡大できないので、はっきりわからないのですが、「クロモジ?」は葉の縁が赤いように見えますのでアブラチャンではないかと思います。

    今年9月で山を下りられるとのこと。その前に泊まりに行けたらと思っています。

    • 村杉 より:

      始めまして、コメントに気づくのが遅れましたが、ご教示ありがとうございます。

      今まで一人ブログで、知識が広がりませんでしたが、これからは他の方とも歩いて教えていただけると思い楽しみにしています。
      右サイトの山野草ブログに、今後修正を入れて覚書としていくつもりですので、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA