6月を迎え、山野草の季節へ

 

雪消えの遅い年となり、カメムシが大量発生していて

虫取り作業に追い回される例外的な春となりましたが

ようやく気温も上がり、6月を迎えるまでに・・

 

カメムシが外へ出たのか、窓を開けておける状態になり

外気の気持ちよいそよ風と、心地よい朝の陽だまりに

やはり時間を見ては散策タイムを取り込んでしまいます。

 

6:56

朝靄も薄れ始め

7:26

ウワミズザクラも開花

銀山平森林公園・遊歩道 9:36

 

木々が一斉に開花を始めて、やっと地熱も上がったのか

枯草から山野草が新芽を出し、花を咲かせ始めました。

 

栃の花

トチ

サンカヨウ

サンカヨウの新芽

サンカヨウの蕾

シラネアオイ

エンレイソウ

 

銀山平森林公園・遊歩道

クロサンショウウオの卵嚢

 

先日産卵ピークを迎えていた池の卵嚢はこんなに増えていて

今は親の姿を見かけませんが、代わりにカエルが飛び込む姿!

 

ケナシヤブテマリの新芽

コゴメ

ツルアジサイ

 

声はするけど姿を見せない野鳥ですが、振り仰いでみると

いました!ノスリの旋回のようです。

 

ノスリ

 

車道沿いは雪解けも早く、少し先を行く感じで・・

 

オオカメノキ

モミジの花

10:22

スミレ

フキノトウの花

ミズキ

ミズキ

ニュウナイスズメ♂

花壇のスズラン

 

ログの周りで子育てに励むニュウナイスズメやキセキレイも

例年に比べて数が少ない気がします。

激しい寒暖差に、チャンスを逃した可能性も?

 

花壇のスズランはようやく花を咲かせ、ミズキの蕾も数を増し

サワフタギの葉には、早くも毛虫が集っています。

 

シロシタホタルガの幼虫

サワフタギの蕾

花壇のチューリップ

 

ついでに裏の様子も見に行きましたが、雪解けに合わせて

まだ柔らかなフキノトウが次々開花します。

 

早い所ではフキノトウが伸び切って花を咲かせ穂綿になり

近くにフキの葉が成長を始めています。

ここでちょっと疑問が?

フキノトウに花が咲いた後、フキの葉が別に伸びてくるので

フキノトウを採っても、フキが出ないわけでもなさそう?

調べてみると「フキは一つの株から花と葉柄が別々に育つ

少し変わった植物なのだそうです。一般にフキと呼ばれるのは

葉柄の部分で、長い茎のような部分も葉の一部とか」と納得。

 

オリソ沢の落ち込み

オリソの滝

ユキグニミツバツツジ

 

オリソ滝の上から覗き見た時も、チラ見程度のツツジですが

見上げると今が盛りと咲いていたようです。

 

北之又川保護水面の深み

河原沿いの残雪も消えて

今少し雪解けの勢いが残ります

 

いまだ庭にも残雪が見られ、いつもと違う季節感覚ですが

6月を迎え、一般的には夏へ向かう衣替えの季節ですね。

 

まだまだ銀山平では春の山野草を楽しみ、野鳥の子育てを

垣間見られる初夏が続きますが、今日は托卵組の

ホトトギスの鳴き声も確認できました。

 

さて、以前にも少しご案内しましたが、

村杉としての営業は今年の8月までの予定で

その後は宿の引き渡しとなり、新しい宿として

リノベーションに入り、来シーズンより

新規オープンの予定でいるそうです。

 

残念ながら次の運営ではレンタルボートはしない

との事で、釣りのお客さまには事情をお話して

伝えましたが、急な話の展開でまだ契約前ながら

噂を聞いたお客さまからの問い合わせもあり

現段階でのご報告だけでもさせていただく事に・・

 

もう少し具体的に決まりましたら、改めてご案内

させていただきたいと思いますが

まずは8月まで現状維持で行きますので

よろしくお付き合いをお願いしたいと思います。

 

HPでも簡単にご報告させていただきました

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA