湖畔散策でキビタキ♀もウォッチング ♫

 

爽やかな朝に誘われて、早めに桟橋撮影に・・

釣り人は朝食をおにぎりや山菜飯弁当にするので

このシーズンは朝の方が外出しやすく、夫が船出しから

戻ったのを機に交代で行ってきました。

 

6:54

銀山平船着き場 7:02

 

日曜日の銀山平船着き場は、ずらっと車が並び

釣りシーズン盛りを感じられますね。

 

そうそう奥只見の魚を育てる会の総会が6月29日(土)に

予定されているとの事で、今年は村杉が会場の予定です。

詳しくは「奥只見の育てる会」HPでご確認ください。

 

故開高健氏から「釣るだけではなく、魚を守り育てる」事を

滞在中に語られたのは、両親が釣宿を本業にし始めた初期の頃

一緒に「奥只見の魚を育てる会」を立ち上げ、会長として

長く貢献してくださり、亡き後も名誉会長として会は存続。

既に若い世代に引き継いでもらい現在に至りますが

ご縁あってか、釣宿リタイアに向かう中で

今年の会場となりました。良かったらぜひご参加ください。

 

さて、今朝は銀山湖の水位情報確認でしたが

やっぱり、行ってしまいました、下荒沢までの自然観察!

 

村杉桟橋から上流方面

階段踊り場より下ですが日ごと水位は上昇中

銀山平観光船桟橋

 

7:09

ヤシャブシ

ブナ

見下ろす湾土

船から上がった釣り人も

国道352 樹海ラインはまだ冬季閉鎖中です

沢沿いの残雪もあとわずか

 

出来ればバードウォッチングをと思っていたら

思惑通りに小枝に止まる野鳥を発見!

長く止まってくれたのでゆっくり観察

この愛らしい姿はキビタキのメスでした ♫

 

キビタキ♀

キビタキ♀

キビタキ♀の観察

キビタキ♀

キビタキ♀

 

これほどはっきりとキビタキのメスを見たことがなく

うれしいチャンス!

次のカーブでは遠目でしたがオスをキャッチ

 

キビタキの♂

キビタキの♂

キビタキの♂

 

今日のバードは後はお馴染みホオジロしか撮ることは出来ませんでしたが、ウグイスの声に混ざり、托卵組のツツドリの声も響いています。

 

小沢の湾

ミズバショウ

ミズバショウ

オオカメノキ

オオカメノキ

タムシバ

イワウチワ

下荒沢

イワウチワ

イワナシ

イワナシ

沢の雪解けで落葉が集合

銀山湖沢の湾土

ミツバツツジ

 

木々も次々新芽が芽吹き、存在を確認できます。

 

イタヤカエデ

アブラチャン

アブラチャン

トチ

栃の蕾

栃の新芽

 

帰路では中荒沢の様子も

 

中荒沢の橋から下流

中荒沢の橋から上流

中荒沢

北之又川流れ込み

流れ込みは通常の場所に

 

流れ込みからのキャスティングはもちろん

ウグイの動きも活発になってきたようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA