里山散策の楽しみ ♫

 

晴天も昨日で一息、薄暗い曇天となっています。

 

昨日は色々と生活変化への対応に追われましたが

早速今日はケアマネージャーの方が来ていただける事に

今後どんなことが出来るのか、学んでいくこととなりました。

 

昨日は里山散策に向けて、一人で隣集落の遊歩道チェックに。

出かける前に義父に伝えると「誰か一緒に行く人は?」と

聞いてきたので、今日は入口チェックの散歩ですと伝え

夕食の時報告していると、やはり里山とは言え一人歩きは

クマとの遭遇など気になるようでしたが・・

 

実は銀山平での遊歩道や銀の道ですら、「よく一人で行くね!」

と陰ながら心配されているようです。

確かに犬散歩の時、遊歩道でクマを見たこともありますが

こればかりは「出会いは運次第、交通事故のようなもの」と

思って、歩かなければ触れ合えない自然を楽しんでいます。

 

それでは写真と共に、里山周辺の様子をご案内!

今回の里山は、いつも窓から朝靄を被った定点観測地の

桑原山ですが、登山口は健保センターの遊歩道エリア。

 

夕暮れの桑原山

11/26  16:50

 

お隣の芋川集落には健保センターがあり

テニスコートや遊歩道と管理が行き届いています。

 

10:13

 

家を10時頃出たので、13分ほどでエリア内に来たようですが

ようやく気温も上がり始め、朝靄が発生中です!

 

ホテルを過ぎるとすぐに看板を発見、もう一つの里山

「駒の頭」と共に、分かり易い案内板があり整備されている様子。

 

桑原山登山口

山頂まで60分は良い感じ!

 

整備された桑原山登山口

 

里山登山口案内板

駒の頭へのタイム案内

駐車場に止まる車中には

 

駐車場の車中に見つけたお断りプレート、良いアイデアですね!

 

帰宅後の夕食時に、二カ所の里山ルートの話をすると

車異動では近い「権現堂へ行くと良い」と義父に勧められました。

(こちらは一人で行っても良いという事なのかな?)

前回の里山初体験時の皆様からも薦められていました!

 

所でこのエリア、スノー達の猟場であり、老犬時の安全散歩道

シニアとなったスノーを連れ、軽トラで秋に散歩に来ていたので

私にとってはなじみ深い所。

ルートは沢沿いの砂防ダム終点までの往復!

早速なつかしがりながらの散策ですが

 

この沢沿いをスノーが走り回りました

下の砂防ダム

行き止まりの砂防ダム

葛の葉

 

すっかり葉も落ちていますが、葛の葉がたくさん見られ

栗のイガも落ちていたので見上げると、1~2個実を発見!

 

山栗

 

銀山平での営業をリタイアをしても、散策道がたくさんあり

なんだかワクワク、楽しみを見つけました。

 

そして、スノーと来た当時、池にカモが離されていて

池周りをぐるぐる堂々巡りしていた場所では

鯉が静かに泳いでいるだけ・・

 

下の池では、黒いコイが忙しく動いていましたが

 

黒いコイの池

群れで移動中!

立ち木下に隠れるようです

 

一段上の池は緑の藻が目立ち、藻の合間に隠れるような

静止した色鮮やかな鯉があちこちに単独点在!

 

きれいな色の鯉

真っ白な鯉も

赤いコイも

 

動かないのは目立つからかと思っていたら、1匹だけ

泳ぎ回る冒険鯉を発見!

 

泳ぎまわる鯉を発見!

池の鯉

鯉の池

泳ぎ回る白いコイ

白いコイが目指す先は?

赤いコイが潜む近く

落ち着いたかと思うと

すぐにまた泳ぎだしました

真っ白な鯉

 

色鮮やかな鯉にしばし観察を楽しめましたが

杉林でも野鳥の声を聴きつつ、行きがけに観察

帰りにはいなくなっていたので、食事時だったのか

とにかく動き回るので、上手く撮れませんでしたが・・

 

ヤマガラ

ヤマガラ

 

ヤマガラは色合いから確認できましたが

次に認めた野鳥は、動き回る姿からゴジュウカラ?

と思ったのですが、トリミングすると模様が違う・・

ちょうど野鳥図鑑のゴジュウカラの下に

キバシリと言う画像が載っていて、模様が似てるけど

 

キバシリ?

キバシリみたい

キバシリ

 

初めて見た野鳥ですが、ネット検索でもキバシリで良いみたいですね!

お腹が白くて、ちょっと見ゴジュウカラのような動きでしたが

体はキハダ模様で保護色と言う感じですね。

新しい出会いにも気づけて、里山はまだまだ初めての出会いがたくさんありそうです。

 

シジュウカラ

 

帰宅時は12時と、散策タイムは2時間!

雪さえなければ、丁度良いコースのようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA