村杉の今後を考えて

 

初雪以来天候が回復し、今日も一人で地元散策

午後から義母のケアサービス申請の面接があり

家族そろってスタンバイでしたので

散策の様子は次回に・・・

 

「保育園落ちた!・・」など世間での保育所不足は

聞いていましたが、過疎地の湯之谷エリアには

関係ない事と思っていましたが、デイケアに関しては

高齢化の過疎地も例外なく、利用待ちもあり得るとか。

 

とりあえず、今回の面接で要介護認定が下りれば

利用できる様子、何しろ88歳の介護者は90歳ですので。

 

一応冬季は息子夫婦である私達も手伝えますが

入浴が難しく、シャワーで済ませているので

冬の寒さが一番気がかりなところ・・

介護用具も何があるか知識がない事もあり

今後相談しながら、介助を学ぼうと思います。

 

それにしても、面接を通して両親の話を聞くと

老々介護ならではの工夫があり、感心されていました。

 

という事で、この冬の問題の一つは前進し

もう一つの課題、村杉の今後の営業方針!

 

村杉では跡継ぎ予定はなく、最終的にはクローズへ

せっかくの温泉宿になって16年が過ぎたところで

「もったいない!」の感想も多くある中

出来れば営業目的での転売を考えています。

 

実は先日「後継者を探しています」公開ページを作成

右リンクには公開してあります。

冬季クローズの当地に、不安も多いと思いますので

「宿運営の可能性」 もご案内してみました。

 

実は今日、昔なじみのお客様からお電話をいただき

blogで書いていた五十肩リハビリでのアドバイスをいただきました。

その時両親の話と共に、宿の今後の話に至った時

後継者募集のページを公開してくれれば、リンクしますと

暖かい言葉をいただき、背中を押された感じです。

 

拙いブログではありますが、いろんなご縁を頂けますので

有難くブログとして宣言することにいたしました。

 

人手不足の昨今、直ぐに買い手が見つからなくとも

夫婦2人での営業には限界があり、今後両親の介護も含め

早めに出来る事をしていこうと思っています。

 

そんな訳で、シェアーしていただける方には

後程改めて、フェイスブックにもHPリンクを公開しますが

まずはお試しからならと言う方のために

ログハウスの賃貸利用も検討しています。

 

実はこのアイデアも思考中、初めてのお客様でしたが

今後の話に及んだ時、森林インストラクターの仲間が

いるとのお話をお聞きし、アウトドア関係者からの

営業目的利用も可能なのではないか?

と思い付き、背中を押された感じです。

 

まずは公言し、

皆様からのアドバイスやシェアをお願いしたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA