晴天に、薄っすら霜の下りた朝

 

天気予報通りに冷え込んだ朝で。室温14℃ですが

外は霜が降りていました。

 

7:04

里の朝

初霜

初霜

 

夫は、天候に恵まれ銀山平へ薪作り通い

私も予定通りに、記帳など事務仕事を進めました。

 

義父はやっぱり一人で間に合うからと畑仕事

キャベツの収穫を終えたようです。

 

90歳 元気に畑仕事

 

お陰様で両親ともに、元気に二人だけの自宅生活!

それでも近年少食になり、スリムになっていますが

義母の足が悪いために、今年は義父の仕事が増し

猛暑の今夏は義母が食卓のイスに殆ど座っていて

昨年までとは違うと感じていましたが

実は両足に魚の目が出来たとかで、痛くて歩けず

私達の仕事が一息つくのを待っていたようで

ぱんぱんに腫れてしまった両足を見せられ

慌てて病院通い・・・

6月に義父が免許を返納したので、遠慮していたかも

 

結局魚の目が問題ではなく、歩かないことにより

足が腫れ、リハビリ通いとなりました。

今まで両親の老々介護で済ませてきましたが

今年からは息子である夫の出番となりました。

 

ほぼ週二回のリハビリ通いでしたが、やっと

先日私が役場へ行き、要介護申請の手続きを済ませ

面接待ち状態です。

 

自宅では共同温泉があるので、車で連れて行く

予定でいましたが、昨年と違い義母の歩行は

今までの杖では難しくなっていて断念。

自宅入浴も膝が曲がらない症状で介助も難しく

シャワーを浴びて過ごしていたので、この先の

寒さに向けて、デイケアサービスでの入浴介助と

歩行リハビリを希望しています。

 

ただ手続が終了し、利用できるまでに1月半程

かかるそうで、もっと早く申し込んでおけば

良かったと反省しています。

 

それにしても、この夏からの義父の頑張りには驚き

今まで料理を義母が調理し、義父は運んだり

洗い物をしたりとケアし合っていたのですが

義母から教わりながら料理も担当!

 

買い物で下りる時に、作り置きの総菜や冷凍食品

レトルト食品などを届けると喜ばれていましたが

秋に漬け込む鮭の麹漬けが食べたかったようで

教えてもらいながら義父が漬け込んでいました。

 

帰宅早々ごちそうになりましたが、気温の高い

この秋は発酵が丁度良く、とっても美味しくて

いつも通りに、親せきに分けていました。

 

そんな両親の暮らしも、冬へ向かって私達も合流

義父は息子の車に同乗して温泉通いが再開です!

 

両親も健在です!

 

リハビリから帰宅した妻を迎えに出る義父は

驚くほどケアが良くて、手出し無用ですが

撮影許可も出たので撮影!

 

実はこの補助器具は、両親を慕って時々顔を出す

群馬在住のお客様がわざわざ届けてくださったとか

両手で体を支えられ、ずいぶんと重宝しています。

改めて「丸山様ありがとうございます!」

 

何しろ今まで介護経験がなく、何の知恵もなく

今まで放置してしまったようで、今更ながら

慌てて情報収集を始めたところです・・・

 

義母は両足の膝が曲がらず、足腰痛いようですが

血液検査等は問題なく、88歳と言う年相応と

お医者様は判断しているようです・・

 

これから私たち自身も含めて、老々介護の時代

出来るだけ故障のない体を維持できるよう

今から備えようと思うこの頃でした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA