梅雨時に見るギンリョウソウ&オニノヤガラ

 

天気予報通りに昨夜からの雨で、夏の蒸し暑さが収まりました。

 

今朝は小雨に収まり、昼時には雨も上がり散策タイムも!

 

時々霧雨が降ったり上がったりしていますが、車道は乾き

潤った大地に昨日までとは打って変って

涼しい風が吹いていて過ごし易い気候です。

 

まずは今までアップを延ばしてしまった山野草編を

この猛暑前の夕立で、森林下ではギンリョウソウが

白い姿をニョキニョキと現しました。

 

最初に出会ったギンリョウソウ

6月29日 ギンリョウソウ

ギンリョウソウ

ギンリョウソウ

 

その後ご存知の猛暑日が続き、散策は木陰コースを選択

下草がぐんぐんと伸びて、歩く邪魔となりますが・・・

よく見るとオニノヤガラを発見!

ナラタケ菌と共生し湿地に生えるそうで

ナラタケ菌が他の植物から摂った養分を更に頂くとか。

 

7月3日 オニノヤガラ

オニノヤガラ

エンレイソウ

 

雨後に出現したギンリョウソウも落葉などに腐生する

菌根植物で、落ち葉から現れる白い姿は

チェスの駒を連想してしまうのは私だけ?

 

7月3日のギンリョウソウ

ギンリョウソウ ギンリョウソウ

ギンリョウソウ ギンリョウソウ

 

巣立ったばかりの野鳥が多いせいか

ホオジロの鳴き声も聞き覚えのある

イッピツケイジョウではなく、チュルルルピ~などの

さえずりで、顔確認するまで判別できません・・

 

ホオジロ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA