急速な季節の進行に、山野草も急ピッチで開花中!

 

朝から青空が広がり、気になっていた木の芽摘みに出てみましたが

一気に下草が伸び、ツルが絡み歩きにくい藪に変貌・・

 

結局伸びたのは下草だけではなく木の芽も同様で

他人に採られたからではなく、伸びすぎて木の芽時を過ぎ

思ったほどに採る事もなく、今シーズンは終わります。

 

藪の中では木の芽時に咲く、シラネアオイ、ニリンソウ

デワノタツナミソウなど咲き誇っていて季節通りですが

ツルや木々の葉は茂るスピードが急速です。

 

間もなくつゆを迎えるせいか、奥只見ダムの水位も日々減少し

あっという間に桟橋を着ける岸階段は、中段の踊り場が表れ

1日1段の勢いで水位が下がり、踊り場より5~6段下がったとか

その効果なのか?

3週連続で三日ずつ釣りに出ていたお客様は、ようやく釣れ始め

水の動きがある方が釣れるという結果を実証してくれました。

 

という事で、今日の撮影は裏の河原ですが

季節の巡りも早く、新たな芽吹きが見られました。

 

アクシバの蕾

アクシバ

アクシバ(ツツジ科)

アクシバ

イワナシ

タムシバの花びらも散って

中央のめしべを藤色のおしべが囲みます

タムシバ

 

イワカガミ

イワカガミ

イワカガミ

 

遅咲きのイワカガミが咲いていましたが、いつも群生する所では

まだ蕾が表れたところ・・

 

イワカガミ

イワカガミの蕾

 

ウラジロヨウラクの蕾

ウラジロヨウラク

 

ミヤマザクラ

ミヤマザクラ

昨年のツルリンドウの実が一つ残っていました

 

天然のクレソン

 

若葉がいつの間にか色濃く茂り、夏の気配が漂い始め

夫は庭周りの草刈りを始めました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA