昨夜からの暴風雪に・・

 

今回の寒波ばかりは強力で、暖房なしの朝は

玄関室温5℃と近年経験のない寒さに感じます。

 

でも考えてみると昭和56年には、湯之谷村老人ホームが

雪崩に合うという豪雪があり、ちょうど1歳半の長女を連れ

里帰りした夜だった為、そのまま避難区域と言うことで

3月まで実家にとどまったことを思い出します。

 

今回の大雪は幸いに直前の積雪が少なかったので

雪崩への心配がさほどないように感じますが

とは言え、一晩で積もる表層雪崩はあり得ますね。

 

昨夜は突風の音に時折目を覚ますほどで

昨日の朝の積雪に比べても、倍以上降り続けた様子。

窓はすべて凍り付き、二階の小窓を開けるため

サンルームの除湿器を温風にして対応しました。

 

一晩の積雪 8:19

一晩の積雪 8:19

小窓も凍り付き

小窓も凍り付き

小屋根の積雪

小屋根の積雪

小屋根の落雪後

小屋根の落雪後

屋根を突く間にも、窓ガラスに吹き付けた雪

屋根を突く間にも、窓ガラスに吹き付けた雪

屋内の窓辺も朝はこの通り

屋内の窓辺も朝はこの通り

 

屋根の落雪水場 8:43

屋根の落雪水場 8:43 窓越し

 

北側の二重サッシはもちろん内側しか開かず

外側の窓は曇ったしずくがそのまま凍っていて視界不良。

 

13:35

13:35

寒波の中で

寒波の中で

寒波の中で

 

 

あまりの寒さに、PCに向かう時いつもは開けている

廊下へのドアを閉めて、暖をとりました。

ここで風邪をひいてはたまらないですからね・・

 

お陰で室温も上がり、午後になってやっとドアを開け

家全体の暖房に切り替えたところ

 

天気予報では土曜日まで寒気が居座るとのことですが

最高級の寒気は今日が峠とのことに期待します。

 

明日は奥只見飲食、旅館組合の婦人部の新年会

1年に一度の交流会ですし、予約も入れてあるので

今年の幹事として明日のタクシーの手配。

さすが小出エリアですので、4輪大型タクシーは問題ないでしょうとのことで、予約完了。

 

確かに昨日と違って、午後からの方が穏やかな降雪で

峠は越したという言葉を信じたいところです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました