保護したオオルリで、貴重な観察撮影を 

連休明けで気をよくして、8:40頃には銀山平船着場まで

徒歩で撮影がてら自然観察に行ってきました。

 

今朝の外気温は3度ですが、車の窓は霜が降りていて

朝の散策は少し冷たい空気でしたが、15分も歩くと暖かく

帰りには汗ばむほど・・

 

奥只見ダムの水位も740mまで上昇したので、10m減水です。

宿の桟橋も定期観光船乗り場の下流に並び、村杉も今日から

レンタルボートを開始しました。

 

2時間の散策で写真もいっぱいあり、今日は投稿に間に合わず

明日にご紹介する事に。

 

今日はとりあえず、5月3日に撮影した、保護したオオルリの紹介。

これだけ接近して撮る事はあり得ないので、貴重な写真です。

 

羽を痛めて保護したオオルリ

羽を痛めて保護したオオルリ

015-5-3 (25) 015-5-3 (26)

保護したオオルリ

保護したオオルリ 015-5-3 (31) 015-5-3 (32)

保護したオオルリ 015-5-3 (35)

保護したオオルリ

保護したオオルリ

保護したオオルリ

保護したオオルリ

015-5-3 (44)

 

保護したとは言え、全く野鳥を知らない私達では無理なので

小出のフライショップ「ベンチ」の池田さんに電話で相談すると

「とりあえず、スポーツドリンクを飲ませ、段ボール箱に

入れておいてくれれば、後で取に行きます」との返事を貰え

早速ストローをスポイト代わりにスポーツドリンクを与えると

何だか落ち着いた感じになり、段ボール箱に入れ軽く蓋をすると

全く静かに動くこともなく、安心したような気配・・・

 

それ程時間を置かずに、奥様と子供さんが引き取りに来て下さり

丸投げの保護が終了いたしました。

本当は羽根を折っていると助けることは無理らしいのですが

息子さんが大切そうに箱を抱えて行かれた事に期待!

助かってくれるとうれしいのですが・・・

 

という事で、保護した代償にモデルになってもらえラッキー

GW最中でしたが、楽しい観賞会となりました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました