日別アーカイブ: 2019年10月11日

里の自然観察は新たな出会いも

長女が帰宅したこともあり、自然散策復活へと

一昨日からゆっくり歩きで1時間半ぐらいの散策復活!

右足小指はやはりヒビか骨折だったようで、まだ腫れがあり

痛みはほとんど消えたものの、靴を履くには無理があります。

取り合えずテーピング代わりに湿布薬を巻いてと

一段階進んでの様子見、運動靴の踵を踏んで

裏道から隣集落へと足を延ばしています。

台風の影響で日中は結構暑く、汗ばみますが

ゆっくり足慣らしなので、自然観察も面白い!

銀山平のような高原と違いますが、里山には

目新しい植物との出会いがあり、中々楽しいのです!

それでは、9日、10日の画像からご紹介します。

最初に見つけた緑のツルの実は、いつも迷わされていたのですが、葉はノブドウに似ているものの、何だろう?

ノブドウは食べられないのですが、色鮮やかな混成色で

見た目はきれいですよね!。

いきなりなんだろう?
ノブドウ
ノブドウ
ノブドウ

そして似たようなブルーの実をつけた物は、イシミカワと

直ぐに名前を見つけることが出来ました。

この植物はタデ科とはちょっと想像外・・

イシミガワ
イシミガワ
ツルウメモドキ
ヤマグリ
ヤマイモの赤ちゃんムカゴ
ムカゴ

里山の方が食べられる植物も含めて、楽しい散策!

自然薯の赤ちゃんムカゴも見られますし、裏道には

ヤマグリ、オニグルミ、そしてオニグルミに似た実は

桐の実だと判明しました。

桐の実
立派なマムシグサの実も
ジョロウグモ
15:22

そして続く昨日は、チョットコースを変更し芋川健保センター

方面の砂防ダムまで・・・

カメバヒキオコシ
アケビ
この豆はクズの実
クズの実
ヤブツルアズキ
用水池の鯉

芋川エリアは手入れのされた公園なのか

イチョウにも実がついていて、これが落ちると銀杏拾いが

出来るのでしょうが、もちろん採取禁止の看板があります。

並んで赤い実があるので近づくとボチボチした模様が

ヤマボウシの実なのですね!

銀杏の実 銀なんですね
ヤマボウシの実
ヤマボウシの実

戻り道、チョウがヒラヒラ舞い、気温も上昇し暑い!

舗装道の上でぐるぐる回るチョウの幼虫を発見

いつまでも回っていたので、葉でくるんで山側の隅に

放り投げてあげましたが、調べたところシモフリスズメガ

だったようです。田畑には害虫ですから、反対側に

投げたけれど、助けたのはいけなかったのかしら?

ウラナミシジミ
ベニシジミ
キチョウが止まっていた花はアキノゲシ
アキノゲシの葉
裏返ったシモフリスズメガの幼虫
シモフリスズメガの幼虫




ブログランキング・にほんブログ村へ           

にほんブログ村