日別アーカイブ: 2019年05月31日

懐かしい北之又川上流の林道を歩いて♫

 

天気予報で雨が入ってきたので、昨日は午後にも

北之又川沿いの旧道コースから枝折峠登り口への

山野草チェックに出てきたのですが、木々が開花を始め

何の樹かをしっかり確認できる季節になりました。

 

シオカラトンボ

流水で飛び咲きしたミズバショウ

ミズバショウ

残雪に寝転ぶ木々

 

雪国に根付くしなやかな木々が倒れていて、道を塞ぎ

起き上がるまでは藪並みに歩きづらい・・

 

北之又川保護水面

ブナの新緑

16:24

北之又川流れ込みと会津駒ケ岳

中ノ岳

オオカメノキ

オオカメノキ

オオカメノキ

 

上を見上げると白い花らしきもの?

昨年は咲くことのなかったアオダモの花でした。

そして、咲き遅れていた山桜も今頃開花しているのです。

 

ヤマザクラ

 

アオダモ

 

という事で橋の所で目視できるアオダモをチェック

並ぶミズナラの花も確認でき、結局今日も

雨になる前の朝の内に、銀の道2合目から林道コースへ

 

アオダモ

林道のアオダモ

川辺のアオダモ

川辺のミズナラ

ミズナラの花

ミズナラ

 

銀の道2合目 ヘツリ

銀の道2合目 木道

銀の道2合目

銀の道2合目の泥濘

かなりの泥濘

 

銀の道2合目のへつり先にある泥濘には木道が設置

でもここには水がなく、むしろ後半でかなりの泥濘が

長靴対応でないと厳しい程の水量でした・・

 

林道へ上がります

イワナシ

オリソ沢の滝口を覗くとシャクナゲも

 

危惧したよりも林道は雪がなく、水たまりも少な目

むしろ雪が消えてカエルの卵が農道に取り残されていて

雨がなければ消滅する気配でした・・・

 

9:30

 

宮の淵付近にある苔の水場まで足を延ばした理由の一つ

アズマシロガネソウは盛りを終え、一部種も見られます。

 

沢辺のアズマシロガネソウ

アズマシロガネソウ

アズマシロガネソウ

アズマシロガネソウ

クレソン

苔の水場

苔の水場

苔の水場

雪解け水

 

何だか歩き易い事と曇天に気をよくして

先代ダンを連れて散策していた奥まで足を延ばし

懐かしんできましたが、大雨で林道が削れ

直ぐに車が入れない細い道に、山菜採りの

払い下げを受けている方々も、ここからは徒歩と見え

轍が消え、一輪車らしき轍が1本だけに・・・

 

宮の淵からの上流

林道は崩れて狭まり

崩れる林道

 

幾つもの沢が合流

上流の川辺

 

この辺り山野草の宝庫なのですが、まだこれからのようで

老けたコゴメやウルイと誤食されやすいバイケイソウばかり

 

毒草注意 バイケイソウ

毒草注意 バイケイソウ

 

林道途中ではニリンソウの花畑やいつもの山野草も

 

ニリンソウ

伸びたコゴメ

出始めコゴメ

岩盤が見える沢

エンレイソウ

カタクリ

ショウジョウバカマ

ユキグニミツバツツジ

 

帰路で銀の道2合目を降りる時、葉に埋もれた

紫のスミレを発見、スミレサイシンのようです。

 

スミレサイシン

 

ウリハダカエデ

ウリハダカエデ

クロモジ

クロモジ

 

豪雨の後は、奥まで行くことはなかったのですが

銀山に在宅中でなければ行くこともなくなるので

ちょっと足を延ばした次第

 

スノーが亡くなる2日前に、遊歩道の隅々まで周り

別れを告げていたことを思い出し、笑えます・・・

 

イヌと言う連れがいなくなって久しく

カメラがお供のこの頃、途中で立ち止まり

観察することの方が多くなっていましたからね!