日別アーカイブ: 2019年05月13日

村杉後継者探しのご報告

 

天候に恵まれ、一気に雪解けが進んでいますが

宿の桟橋も定期船桟橋に並び、利用しやすくなりました。

 

窓からの残雪

7:23

 

続く晴天に夜には明るい月夜ながら、星も輝き

早朝には車窓に薄霜が降りる冷え込みと、日中の気温上昇

寒暖差がありますので、重ね着の用意が必要です。

 

さて毎年定例でお越しの釣人との再会ですが

実は以前からご案内していたように、村杉では

体力不足を懸念し、後継者探しをしていました。

 

冬場はクローズの国定公園内という土地柄、営業目的の方に

引き継ぎ、銀山平森林公園等組合に加入して頂くのが必須!

他の宿と共同で、温泉センターやログハウスの運営に参加し

もちろんログハウスを利用できるという事が利点でもあるのですが

今後営業を盛り立てていただける方を探すため、年明けから

メールでの飛び込み営業をし、何とかこの条件の元

引き受けてくださる会社と出会うことが出来ました。

 

詳細に関しては契約後のご報告となりますが

村杉の引き渡し時期が9月と言う目途が立ち

村杉としての営業はこの8月までと言う見通しになりました。

 

ただ引き渡し後の経営としてはレンタルボートの予定はなく

毎年お越しのお客さまには、今からご報告しておきたいと

今回お話したところ、村杉に保存してある魚拓から

ご自分のを持ち帰りたいというお申し出があり

さっそく対処させていただきました。

 

昭和の魚拓&平成の魚拓

常見忠様のルアー

 

今は亡き常見忠さんのルアーもいくらか残っていましたので

1コイン(500円)にて販売したいと思います。

 

村杉での展示品は寄贈品が多く、今は亡き先生方のものもあり

これからどのように引き取って頂こうかと思案中です。

 

故中西泛祥氏のカラー魚拓

釣り雑誌「アングリング」

 

また釣り雑誌「angling」の編集長だった山田様から引き継いだ

雑誌コレクションホルダーもあり、今後展示等コレクションとして

大切にしていただける方にお譲りしたいと思います。

 

もちろん、村杉に保存してあるお客様自身の魚拓も含め

引き取り希望があれば お問合せメールか電話にてお申し出ください。

 

急速に「村杉」閉館へ向けての準備が加速しそうですので

取り急ぎ、せっかくのお預かり品を必要とする方に

返却したり、お譲りする事も視野に入れて考慮中です。