月別アーカイブ: 2019年03月

春の嵐に

 

昨夜も大荒れの突風音が響きましたが、朝には収まり

小雨も間もなく上がり曇天に。

 

その後も、風に雲が流され青空がのぞくのですが

帽子を押さえるほど、強風が吹き付けてきたり

 

夕方には外を歩くのが怖い程の突風が吹き

雨も降ったり上がったりを繰り返す春の嵐となりました。

 

7:39

すっかり雪も消えて

9:55

10:15

雲の切れ間に

10:25

 

10:55

11:07

 

私は用事があり、今日は街に出てきましたが

国道17号沿いは見事に残雪が消え、木陰にわずかに残るだけ

宇津野エリアもだいぶ消えてきてはいますが

けた外れに違うものですね・・

 

いえいえ、銀山平だって例年に比べれば、半分ほどの

残雪ながら、やっと除雪が進み始めたところですので・・

 

明日からは4月、本格的な準備作業とはなりますが

しばらくは通い仕事、電話対応が遅れると思います。

お問合せメールや自宅への電話も受け付けていますが

今しばらくご迷惑をお掛け致します。

 

mailでのご予約には、こちらからメール返信をしますので

返信がない場合は電話でのお問合せをお願いいたします。

 

 

営業再開に向けて掃除も進みます

 

銀山平森林公園内の大型重機による除雪も、ほぼ一区切り

夫達は白銀の湯周辺の細かな除雪を進めて、囲い外しの準備。

 

私もマイペースながら、銀山平への通勤を開始し

自宅でも銀山平でも洗濯と掃除の日々となりますが

目に見えて仕事が進行し、片付いていくのでやりがいがあります。

 

天気予報が良い方へ変わり、日向倉登山口には車列が出来

さすが土曜日の晴天と納得しました。

 

天気に恵まれたのを幸いに、今日は本館1階フロアーの窓拭き。

 

食堂のカーテンを洗濯し、汚れた窓レールの水洗いから

スチームクリーナーも利用して、レール、窓枠、窓ガラスと

洗っては拭き上げ、終了後は濡れたカーテンをかけて終了。

洗濯干しはカーテンレールに吊り下げての続行です・・

 

順調に作業は進み、自室やふろ場、トイレと全ての

窓を洗い上げたので、次回は掃除機をかけられます。

何しろ窓レールをきれいにしないと、窓を開けるたびに

ゴミが舞い込んでしまいますのでね・・・

 

湿気を帯びた木製雨戸は重く、外から閉めて回り終了!

 

1階フロアの窓はきれいにさっぱり

雪消しに回していた地下水も生け簀に戻し

ログハウス前の除雪も進みました

白銀の湯の駐車場も広がり

 

玄関前やログハウス前の除雪も進み、かけ流しの水を

止めて乾かし始めた所。

 

天気の良くなるのを待って、このエリアにシートを広げ

一気に布団を干す予定です。

毎年の事ですが、春の天気は気まぐれで、

アスファルトが乾くと雪が降って逆戻りもあり

見通しが立たないのが問題です。

 

とは言え、今年の村杉営業再開は4月二週の週末

4月13日(土)からを目指しているので

ゆっくりやっても間に合う予定です。

 

銀山平温泉の除雪も進んで!

 

雨続きかと思っていたら、今日は晴天に!

銀山平温泉内の車道除雪真っ盛りなので、待機中でしたが

除雪に向かった夫から「宿まで車を入れられるから」と

電話をもらい、取り急ぎの買い物などを積んで出勤!

 

ところが到着する頃には丁度温泉センター周辺の除雪中で

正面の村杉に車を入れるのに、しばし待機。

温泉センター側の積雪をユンボで崩しては押し出す作業で

村杉の入口が崩れた雪の塊で再度塞がれた状態・・

 

幸い作業の人が気づいて、何とか宿へ車を入れましたが

車体の下に雪の塊が潜り込み、ゴリゴリ・・・

 

早速電気のブレイカーを入れて、水道栓を掘り出す間に

除雪作業を撮影。

 

電気も水回りも問題なく開通し、ボイラーも作動!

一通り不具合がない事を確認し、夫はログハウス周辺の

除雪を続行し、駐車スペース広く広げます!

大型重機はそれぞれの機能を駆使し、温泉センター

「白銀の湯」の周辺から駐車場へと除雪を進めます。

 

10:10

大型除雪機

崩れた雪の塊が残ります

高い雪上を崩し

車道へ落とします

 

という事で、ここは動画で撮ってみました!


 

たくさん崩した雪を押し運ぶのに、重機が揺さぶられ

1度では押し切れないほどの量があったようで

ついつい応援する声が入っていたようです・・・

 

出入り口付近の雪の塊を昼休み前に片付けてくれたので

その間に車を入口方面へ移動して来たので、ついでに

銀山平森林公園遊歩道の雪上も撮影しておきました。

 

除雪中の銀山平温泉

除雪中の銀山平温泉

 

遊歩道の雪原

荒沢岳

中ノ岳

魚沼駒ケ岳

 

ログハウス周辺の除雪も進行中

 

次回からは、荷物運びがてら屋内の掃除片付けとなる為

先行してすぐに荷物を収納できるように私室の掃除

ベッドやソファーを動かして、掃除機の後は雑巾がけと

直ぐに住める状態まで終わらせてきました。

 

薪ストーブも焚き続けていたので、大分冷え込みも緩み

明日からは仕事が勧められそうですが、夫達は

温泉センターの囲い外しなどの共同作業があるようです。

 

とりあえず今日は、トラブルもなくスムーズに仕事が進み

きりの良い所で、一足先に帰宅することに・・

 

家を出ると除雪隊は白銀の湯の前駐車場を除雪中!

目的の違う重機が連携して、どんどん雪を飛ばしていきます。

 

白銀の湯駐車場除雪

除雪作業

温泉センター裏は除雪終了

 

明日からは本格的準備を開始できそうです!

 

桜便りの中、三寒四温の降雪に・・

 

昨日は夜からの雨も上がり曇天になり、午後から銀山平へ

ただ今、各宿周りの大型重機による除雪真っ盛りで

私の出勤は終わるまで待機という事で今日はお休み。

 

昨夜から降り始めた雨は、夜中に突風が吹き荒れ

台風並みの風音に何度も目を覚ましましたが

今朝には雪に変わり、典型的三寒四温となっています。

 

8:48

桜の蕾も色づいたのに、雪化粧

雪消し水は止めましたが

 

例年より除雪開始が遅れ、少雪にもかかわらず

只今除雪最後の追い込み中で、車は手前で通行止め!

歩いて除雪作業の合間を縫って通してもらいました。

 

冬季閉鎖の宿

冬の間も家の周りは除雪をしぐるりと切り離します

本格除雪で空間幅も広がり

村杉本館

 

今年は例年に比べて積雪は半分ほどと少なくてもこの嵩

車道沿いは白い雪壁の合間に各宿の出入り口が

切り取られますが、温泉センターの除雪はこれから!

 

村杉より奥へ

村杉から入口方面へ

白銀の湯は、まだ雪に埋もれて

 

魚沼市の除雪

 

メインロードは魚沼市が除雪してくれますが

宿のエリア内は各自が除雪を進めます。

 

ログハウスは除雪待ち

村杉エリアは自分で除雪

宿の除雪作業

除雪途中のログハウス

除雪作業

ログハウスの除雪へ

白銀の湯の除雪も始まったようです

間口を切り開く除雪作業

 

除雪中の銀山平温泉

雪に埋もれるログハウス

 

ログハウスは冬季除雪はしないため

屋根の雪が積雪と繋がり負荷がかかるようです。

今年は村杉のログハウスも1棟屋根が傷ついたので

雪のあるうちに補修を依頼しました。

 

ログハウス屋根の補修

屋根の補修

 

村杉裏の北之又川沿い

村杉の裏山

オリソの滝

あちこちで除雪作業中!

村杉ログハウス

銀山平温泉の除雪

15:12

 

そろそろ帰ることにしますが、きりがつくまで待機です。

 

春の除雪

 

という事で、

大型重機の除雪が終わり次第、銀山平へ通います。

 

 

春の雪山・日向倉トレッキングへ ♫

 

昨日の天気予報では晴れ/雨で、晴天の朝を迎え

そのまま持ちこたえ、午後5時頃から強力な雷雨に!

 

お陰様で今春最後の雪山トレッキング計画は

最高の天気の元、銀山平の日向倉へ行ってきました。

 

初めてのエリアと予告していましたが、いつも見ている

シルバーラインの銀山平出口から、雪シーズンだけ歩ける

トレッキングルートで、未丈が岳への雪山登山ルートと

思っていたのですが、未丈ヶ岳だけではなく北之又川に沿った

日向倉へのトレッキングが密かなブームとなっていたそうです。

 

近年この周辺に登山者の車が多数止まっていたので

ずいぶん増えたものだと思っていたのですが、むしろ

里山ブームにのって県内の方の日向倉トレッキングが人気とか。

 

今シーズン初めて里山トレッキングの仲間に誘ってもらい

里山トレッキングブームが来ていることを初めて知りました。

 

そんな訳で今年は参加を希望し、晴れて日向倉を歩いてきました。

我家では夫や義父の猟場でもありましたし、義母は山菜採りと

私以外は職場的位置づけでしたが、最高のトレッキングコースでした!

 

日向倉の裏側は黒又川方面という事で、北之又川と裏山を

見下ろしながらのトレッキングコースです。

今回は以前魚沼駒ケ岳の管理人をしていた方がリーダーで

見える山々を丁寧に教えていただけましたが、間違えると

いけませんので、細かく書くことは止めておきますね。

 

シルバーライン入口のみみずく広場で、車を2台に減らし

早速現地へ!

銀山平出口では駐車スペースが広く除雪されていました。

 

シルバーライン途中から 6:33

 

夫の話では(駒ケ岳登山&山スキー)石抱橋も例年より

広く駐車スペースを除雪していたとの事で魚沼市もやっと

春山人気を認識したようですね!

 

日向倉トレッキングコースから見下ろす銀山平温泉

8:25

 

一気に急坂を登ると尾根には北之又川側に雪庇ががビッシリ

 

尾根に出ると広い雪原も

 

尾根に登りきると、両サイドの景色が広がり

最高のロケーションで大感激です ♫

 

日向倉の雪庇

広い雪原も

荒沢岳は目の前に!

中荒沢キャンプ場

8:54

所により雪原も広がり

未丈ヶ岳が見えてきました

しばらく平坦な尾根歩きが続きます

殆ど落雪しましたが木々に被さる氷の雪も

10:27

未丈ルートが見えます

未丈ヶ岳山頂付近

正面の平な山脈は会津駒ケ岳

右端に燧ケ岳も

福島県の山並み

ハッキリと燧ケ岳

燧ケ岳の手前は荒沢岳です

ここからも銀山平温泉が見えます

真下には仕入れ沢も見えます

11:10

 

早めのお昼休憩を山頂で済ませましたが、殆ど風もないのに耳が痛くなり、ウインドブレーカーを羽織りました。

 

かろうじて樹氷もどきも

帰路は殆どが下り坂

 

帰りは殆ど下り坂ですが、これを登ってきたの?

と思うほど、急坂もあります。

 

数日前に降った雨で下雪が硬く締まり、一昨日の降雪で

15cm程の新雪も、昨日の晴天とトレッキングの方々に

踏み固められ、カンジキなしでOK。

スノースパイクが丁度良く食い込んで滑らずに歩け

春の雪山トレッキングとしては最高のコンディション!

 

雪のクッションが足に優しく、泥汚れもないのがうれしい。

とは言え今年の残雪は少なく、所々雪割れがあるので

注意が必要、早めの計画がおすすめです!

 

雪原に木陰がやさしく  12:26

下山で見る銀山平温泉

日向倉の尾根から下山

 

銀山平を見下ろして

越後山脈と銀山平温泉

振り返ると会津駒ケ岳

13:36 無事下山しました

 

里山は標高が低いので、耳が痛むことはなかったのに

天気が良く、風邪も弱いのに日向倉尾根歩きは

じわじわと耳が痛くなり、標高の違いを実感!

うっかり予備の帽子を車中に置いてきたのでフードで風よけ。

 

ベテラン達は、雪割れなどに備えてスコップ持参!

いざという時の準備万端です。

やはり基礎から学ばないと、春と言えども雪山は危険

一人登山の危険性を改めて自覚しました。