カテゴリー アーカイブ: 村杉

「GINZAN FESTIVAL」も盛況に終わり

 

曇天ながら持ち堪えた昨日の天気に、イベントも無事終了。

夕暮れのコンサートが湖上ライブとの事で、チョット見学に

 

教えてられた時間を少し過ぎて行ったので、丁度始まる所。

 

銀山湖上ライブ

湖上観客席

釣り船観客席

 

津軽三味線と和太鼓のライブから始まりました。

 


 

ライブの挨拶で「湖上は和太鼓の振動でより一層揺れが増し

非常にカウントを取るのが難しいし、船酔い気味です」

と言っていましたが、山に囲まれ音響もこだまするので

本当に大変なライブだろうなと思いました。

 

津軽三味線ライブの後は釣り船で移動し、次のライブに交代

和船で移動しただけでも、大きな波で揺れが増します。

 

釣り船の波

 

ラストライブは奄美民謡歌手の元ちとせさんの歌

(はじめちとせ)と読むそうですが、15年前の

デビュー曲「ワダツミの木」からの人気だそうです。

 

演奏以上に声が山に響いて、大変だったのでは・・

 

銀山湖上ライブ

銀山湖上ライブ

 

ラストを飾る湖上ライブが雨に降られることもなく

終わり何より、今回が2回目の「GINZAN FESTIVAL」

回を重ねて、地元にももっと知られるといいですね!

 

荒沢岳 18:17

窓からの越後駒ケ岳

 

 

夜には雨になったのか、今朝も雨上がりで濡れた大地

一度日が射しましたが、昼前からまた雨に・・

ライブ2日目が晴れたのはラッキーだったようですね!

 

 

雨天には重ね着のご用意を!

 

そろそろ梅雨入り近しと言う予報ですが

朝から強弱を繰り返すものの、ほとんど霧雨!

 

少し湿気を含んだ気がしますが、室温18℃

午後の外気温15℃と過ごし易いのですが

雨のアウトドアは寒く感じるので、雨具の他

重ね着の用意もお忘れなく!

 

この雨は恵みの雨に感じられるほど、水溜まり池では

水が枯れ始め、両生類の産卵にも影響が出そう

昨日の午後の散策は遊歩道周りでしたが

 

6/6  16:38

薄曇りの中ノ岳

 

毎日の散策で変化はないかと思われますが

日増しに山野草が開花をはじめ、新たな出会いがあります。

 

デワノタツナミソウ

デワノタツナミソウ

サンカヨウ

サンカヨウ

 

雪解けの止水池では水位が下がりつつありますが

木の葉の下に潜むアカハライモリが時々浮上・・

 

クロサンショウウオの卵嚢

アカハライモリ

アカハライモリ

 

毎年の繰り返しですが、逞しく他種の卵を捕食中!

 

シラネアオイ

タチツボスミレ

ユキザサ

ビッシリと栃の花

サワフタギの蕾

ウワミズザクラは散り始め

タニウツギ

コマユミの花

水の動き

 

6月は長年ご利用いただいている釣り人との再会い月

既にブログで知っていることではありますが

この8月をもって村杉閉館の話と、昔話に花が咲きます。

 

特に釣り人には来シーズンからの釣り船レンタル宿を

ご案内したり、お預かりしていた写真や魚拓の持ち帰り等

クローズへ向けての後片付けが始まってきました。

 

急な話の進展で、夏までの営業とはなりましたが

こうしてお客様にご報告し、ご挨拶できる機会があり

人生設計としては早めとも思えるリタイアですが

後片付けも体力のいる仕事、今で良かったと感じるこの頃・・

 

もちろん、国民年金の自営業ですので

まだまだ現役で働かなくてはなりませんが

定年と言われる年齢を迎えると、やはり主ではなく

サポート仕事が丁度良いと感じています。

そんな思いも含めて、同年齢のお客様と

「もう少しやってほしかったけれど、仕方ないよね」と

賛同してもらいながら、私達の気持ちも切り替わり

引き受けてのある宿の記念品の、宅配作業を始めました。

 

 

6月を迎え、山野草の季節へ

 

雪消えの遅い年となり、カメムシが大量発生していて

虫取り作業に追い回される例外的な春となりましたが

ようやく気温も上がり、6月を迎えるまでに・・

 

カメムシが外へ出たのか、窓を開けておける状態になり

外気の気持ちよいそよ風と、心地よい朝の陽だまりに

やはり時間を見ては散策タイムを取り込んでしまいます。

 

6:56

朝靄も薄れ始め

7:26

ウワミズザクラも開花

銀山平森林公園・遊歩道 9:36

 

木々が一斉に開花を始めて、やっと地熱も上がったのか

枯草から山野草が新芽を出し、花を咲かせ始めました。

 

栃の花

トチ

サンカヨウ

サンカヨウの新芽

サンカヨウの蕾

シラネアオイ

エンレイソウ

 

銀山平森林公園・遊歩道

クロサンショウウオの卵嚢

 

先日産卵ピークを迎えていた池の卵嚢はこんなに増えていて

今は親の姿を見かけませんが、代わりにカエルが飛び込む姿!

 

ケナシヤブテマリの新芽

コゴメ

ツルアジサイ

 

声はするけど姿を見せない野鳥ですが、振り仰いでみると

いました!ノスリの旋回のようです。

 

ノスリ

 

車道沿いは雪解けも早く、少し先を行く感じで・・

 

オオカメノキ

モミジの花

10:22

スミレ

フキノトウの花

ミズキ

ミズキ

ニュウナイスズメ♂

花壇のスズラン

 

ログの周りで子育てに励むニュウナイスズメやキセキレイも

例年に比べて数が少ない気がします。

激しい寒暖差に、チャンスを逃した可能性も?

 

花壇のスズランはようやく花を咲かせ、ミズキの蕾も数を増し

サワフタギの葉には、早くも毛虫が集っています。

 

シロシタホタルガの幼虫

サワフタギの蕾

花壇のチューリップ

 

ついでに裏の様子も見に行きましたが、雪解けに合わせて

まだ柔らかなフキノトウが次々開花します。

 

早い所ではフキノトウが伸び切って花を咲かせ穂綿になり

近くにフキの葉が成長を始めています。

ここでちょっと疑問が?

フキノトウに花が咲いた後、フキの葉が別に伸びてくるので

フキノトウを採っても、フキが出ないわけでもなさそう?

調べてみると「フキは一つの株から花と葉柄が別々に育つ

少し変わった植物なのだそうです。一般にフキと呼ばれるのは

葉柄の部分で、長い茎のような部分も葉の一部とか」と納得。

 

オリソ沢の落ち込み

オリソの滝

ユキグニミツバツツジ

 

オリソ滝の上から覗き見た時も、チラ見程度のツツジですが

見上げると今が盛りと咲いていたようです。

 

北之又川保護水面の深み

河原沿いの残雪も消えて

今少し雪解けの勢いが残ります

 

いまだ庭にも残雪が見られ、いつもと違う季節感覚ですが

6月を迎え、一般的には夏へ向かう衣替えの季節ですね。

 

まだまだ銀山平では春の山野草を楽しみ、野鳥の子育てを

垣間見られる初夏が続きますが、今日は托卵組の

ホトトギスの鳴き声も確認できました。

 

さて、以前にも少しご案内しましたが、

村杉としての営業は今年の8月までの予定で

その後は宿の引き渡しとなり、新しい宿として

リノベーションに入り、来シーズンより

新規オープンの予定でいるそうです。

 

残念ながら次の運営ではレンタルボートはしない

との事で、釣りのお客さまには事情をお話して

伝えましたが、急な話の展開でまだ契約前ながら

噂を聞いたお客さまからの問い合わせもあり

現段階でのご報告だけでもさせていただく事に・・

 

もう少し具体的に決まりましたら、改めてご案内

させていただきたいと思いますが

まずは8月まで現状維持で行きますので

よろしくお付き合いをお願いしたいと思います。

 

HPでも簡単にご報告させていただきました

 

村杉桟橋は定位置に来ました!

 

久しぶりの雨上がりで、朝靄に包まれた爽やかな空気

 

雨上がりの朝 7:20

裏山も新緑も始まり

窓からの魚沼駒ケ岳

窓からの荒沢岳

朝陽に向かって

庭の残雪

8:08

 

8:57

キセキレイの巣作り

キセキレイ

9:24

 

先日ブログでご報告し、村杉保管の過去魚拓を

ご本人で持ち帰りたい方にお返しする話、

さっそくメールをいただきました。

またルアーに関してもご連絡をいただきましたが

どうぞ今後はご自由にお立ち寄りの上、声掛けください。

だだし、これから山菜採りなど留守の事もありますので

お出かけになる直前に在宅を確認くださると確実です!

 

また釣り雑誌「angling」は表紙のイラストも描かれていた

イラストレーターの内田様からお引取りの連絡があり

「今後次世代の人に引き継ぎたい」とのお申し出で

有難くお受けすることになりました。

皆様からの、早々のご連絡にお礼申し上げます。

 

さて昨日は出そびれたので、今日は早めに桟橋方面へ

村杉桟橋は定位置の階段下に移動しました。

 

9:30 銀山平船着き場駐車場

定期船乗り場 桟橋準備

 

雪解けの流説

湖面の写し絵

 

銀山平船着き場

村杉桟橋は定位置に

桟橋から上流

 

国道沿いの雪消えが急速に進み、銀山平温泉周辺での自然観察が始まり、もうこちらには来なくなりそうと思い、前回より足を延ばし、源泉場の丸太沢まで散策してきました。

 

船着場に宿があり、丸太沢の源泉に入りに行った頃は

決して歩いていこうとは思わなかったのに

カメラ持参だと、この距離は散策に適量と感じるこの頃。

 

キビタキやオオルリの優しい声が聞こえるのに、姿は見えず

余りたたずんでいると飛んで行ってしまい、難しい!

 

オオルリ

巣作り集めのシジュウカラ

山桜

葉桜へ

タムシバ

オオカメノキ

ミズバショウ

イワナシ

ブナの若葉

釣り船

イワウチワ

ショウジョウバカマ

北之又川本流

下荒沢橋から上流

下荒沢橋から下流

丸太沢下

丸太沢

 

雪解けも進んで、山肌に山野草がちらほらと

 

銀山湖対岸

オオバキスミレ

ショウジョウバカマ

モミジの蕾

 

帰り道、ラインが呼ぶ音に出てみると長女から

どこまでスマホが受けられるか、歩きながら試すと

本流の凸ではスムーズな受信で驚きましたが

やはり凹の沢沿いに近づくと突然切れて受信不能!

曲がりくねった樹海ラインでの通信はやはり難しい

湖側に出っ張っている所だけのエリアと実感しました。

 

 

 

暖かくなりましたが、まだ遊歩道には雪原が・・

 

久しぶりに曇天の朝で、午後3時からの小雨に

すっかり濃霧に包まれています。

 

村杉桟橋は一番下ですが、定位置の階段下まで移動しました。

桟橋移動に買い物と、夫が留守だったので私も事務仕事

久々に散歩は休みましたが、昨日の午後は

銀山平森林公園・遊歩道の散策に!

 

まだ一面雪原ですが、トレッキングシューズでOK

釣りのお客様とも話ましたが、日昼の気温上昇と比較して

雪消えが遅く、ブナの芽吹きも遅く感じられ

「何だか変だよね!」と自然界に違和感を覚えます・・

 

遊歩道からの中ノ岳

遊歩道からの魚沼駒ケ岳

13:56

 

それでもようやくイタヤカエデなど新芽が色付き始める中

ブナ林がまるっきりひっそりしている所もあります。

 

遊歩道の雪原

斜面の雪が消え始め

まだ色づかないブナ林

坪倉沢入口付近

木陰のカーブは厚い残雪に

14:16

水たまり池は雪の下

ポツンと1軒家

遊歩道の雪原

 

さすがに雪原は黒く汚れていますし

月のクレーターのように凸凹としています。

 

沢の池塘

銀山平森林公園・遊歩道の雪原

斜面にも大地がのぞき始め

トレッキングコース口から見下ろす前嵓橋

トレッキングコースの雪消えはもう少し・・

中ノ岳

トレッキングコースの小山

荒沢岳

銀山平温泉 ログハウス村

 

そう言えば昨日、夕食準備中に東北電力を名乗る

電話があり、電力使用量通知を確認したいとの事

とは言え、こんな時間に?

しかも何やらまくしたてるセールストークのしゃべり方

「あなた本当に東北電力の方なの?」と確認すると

「そうです、最近語る電話が多いので前もって確認・・・」

とおかしなことをまくしたてる!

「本当にそうなんですか?あなたの話し方は

東北電力の方とは違いますね!」と強く言うと

しばらくうにゃうにゃと言い訳していましたが

結局突然に電話が切られ・・・

やっぱり、昨年からやたら多い新たな電気契約のセールス

誰も相手にしないものだから、下調べをしたうえで

売り込もうという魂胆だったのかも・・

これがセールスなのかと思うと、まったく嫌な時代になりました。