カテゴリー アーカイブ: 海外編

さようなら バンクーバー

無事日本に戻ってきましたが、自宅帰宅が夜10時頃だったこともあり
夜は普通にゆっくりと休め、時差ぼけが無いので助かります。
前回の海外旅行は8年ほど前だったので、久々の長距離飛行でしたが
行きは夜の空を飛び、バンクーバーに午前10時過ぎ頃の到着と
夜明けの景色が印象的でした。

機内から見る夜空

雲の上の夜明け

帰路は曇天の午後2時ごろバンクーバーを出発し、ずっと明るい青空の飛行
成田空港着陸の為、雲の下に来て始めて夜になっていました。

さようなら、バンクーバー

到着も予定より30分早くまずまずの行程でしたが、長女にとっては
母親の添乗に始まり、妹一家、特に彼の家族との交流の為に
達者な交渉力と英語を駆使して交流を深めるという疲労の伴うもの。
最後のフライトでさえ、機内ビデオのサーバー4つのうち1つだけ
接続不能という理由で、私たちの席から前に向けて10列だけ
ビデオが利用できないという不遇の上に、食事を下げる時に
ドリンクをひっくり返され、私達2人のひざ掛けはびしょぬれ。
「飲み物を残していたあなたが悪いのよ」の雰囲気の元
ペーパーナプキンを残して立ち去ったまま。
機内から降りると長女の荷物が乗りそびれていまい後ほど郵送との事
踏んだい蹴ったりの顛末となってしまいました。
つくづく「今年のあなたは物事がスムーズに進まないわね~
でも、これくらいで済んでるのは家に帰ってきていたからではないの?
私と行動を共にしていたからこれくらいで済んだとか・・」
でも彼女にとっては、のんびり実家で静養できたことは、悪いことでは
無かったとか・・
我が家にとっても彼女のお陰で、次女の結婚、出産の祝い事に
何とかご挨拶も済ませ、気がかりがなくなったことに感謝!です。

バンクーバーの空港にて

姉妹に挟まれたベビー

カナダ バンクーバーより 5

いよいよ明日は帰国になりますので、バンクーバー便りも現地で書くのは
最終回になります。
日曜日の今日も”晴れ/曇り”と恵まれた天候で終わります。
彼らのdog家族達ともすっかり仲良しになり、臭いも気にならなく
なってきました。
もちろん、中心人物アキラちゃんともすっかり馴染んで
お腹が満たされていれば、お留守番OKとの自信を持って
おばあちゃんの役目を果たすことが出来ます。
     ・・・     ・・・     ・・・
今日は午後から秋ちゃんと両親は友人のパーティーに参加
その後私達がホームステイさせてもらっている、彼の親類宅で
ユダヤ教の祭典ハヌカーを祝うホームパーティーのディナーに
参加し、トロントに住む彼の親類とも電話でご挨拶予定です。

ユダヤ教祭典 ハヌカーのホームパーティー

本当に今回は長女の同行で、何もかもスムーズに進み助かっています。
家族そろっての(ボーダーコリ一家も含めて)記念写真を撮りましたので
戻ったらアップして紹介させていただきますね。
それではまた後ほど・・・

家族そろって記念撮影

ボーダーコリー一家3匹との合同写真・・
もちろんベビーのパパもカメラマンとして参加してる集合写真です。

一家総出の集合写真

カナダ バンクーバーより 4

早いものでバンクーバーに来て6日が過ぎ、残す所あと1日
今までは、次女一家の応援グッズの買い物でしたが
今日は長女と私で午前中子供を預かり、夫婦でのショッピングを
済ませてもらい、午後からはパパに子守を任せ3人で改めて
ダウンタウンまでお土産を買いに行って来ました。
今シーズン日本で居候を決め込んでいた長女も、久々の都心に?
ショッピングを楽しんでいました。
もちろん、ベビー服も外す訳には行きませんけれど・・・
ここの所、メキシコ料理のブリトーにハマッテいる長女は
魚沼では買えない事もありますが、中国でもおいしいお店がないと
毎日のようにランチにしています。(付き合うのも大変!)
それにしても、雨の多いバンクーバーで最初の2日以外雨にならないのは
ラッキーなことだったのか?
今日はすっきり青空も出て、ダウンタウンのビーチ・スタンレーパークの
背後には白く雪化粧された山並みが連なり、カナダらしい景色が見えました。
そして帰りのスカイトレインでは、また新しい発見!
最前車両に乗ったところ、運転席が無く前方が良く見える状態なのです。
そう自動運転で運転手がいないということなのですね。
うーん、すごいのだけれど・・これでは失業が増えていく訳と
余計な心配までしてしまいました。

カナダ バンクーバーより 3

バンクーバー時間:月曜日に到着し早くも金曜日になりました。
はじめて青空が少し覘いていたのはラッキーなのかも。
次女の夫は、元々はアニマルトレーナーとの事でしたから
家族の犬たちもとっても良くしつけられています。
特にパパ犬はタレント犬でもあったので、とってもたくさんの芸を
して楽しませてくれますが、12歳という年齢から目も耳も衰え気味
今は仕事をさせてもらえません。
そんな訳で、写真を撮るとカメラの前に出てきて構えるのですが
他の被写体に移るとズボンの裾を軽く噛んで催促するのです。
彼いわく「許可無く写真を撮られちゃいけないからだよ」との事ですが
どうみても「ボクを撮ってよ!」と主張しているように見え
仕事を無くした老犬が仕事をしたがっているようで哀愁を感じます。
我が家の猟犬達が、ヨタヨタしながらも最後まで猟に出たがったように。
ここで犬たちの写真を載せようと思ったのですが、上手くアップできず
ギブアップ、多分画像へのサイトパスが違ってアップできないようです。

金属バケツを咥えてる・元タレント犬 コーダー

元タレント犬は、カメラの前が好き!

     ・・・     ・・・     ・・・
そして今日の次女への母としての務めは、美容院へ行く間の子守です。
バンクーバーを走る地下鉄、スカイトレインのキングエドワーズ駅から
ダウンタウンまで初めての地下鉄体験。
結局ベビーカーを押してのショッピングは大変なので
美容院の予約時間まで同行し、長女と先に戻ってきましたが
スカイトレインの切符は90分まで1ゾーン乗り放題なので
行きの切符でそのまま戻って来られました。
もちろん改札も無く、全てにおいてセルフサービスなのは驚き
大型ホームセンターでも、レジは自分でスキャンし自動レジに
現金を投入するという所もあり、日本では考えられないこと・・
もしかして、都会ではそんなお店も出来始めているのかしら?

カナダ バンクーバーより 2

多分恵まれた天気なのでしょうが、今日も昼過ぎまで曇り空をゲット
午後から小雨になっています。
バンクーバーの冬に雨が多いというのは、カナダの中では一番暖かく
マイナス気温ではないので、雪ではなく雨が降るようです。
次女の家庭では、ボーダーコリーの夫妻とその子供2歳のメス
そして7歳の雌猫が室内に離し飼いされていますので、慣れるまで
臭いが気になりました。
赤ちゃんの為にもと、次の日には掃除用具を買いに行き
新しい掃除機できれいにした後、買ってきたスチームアイロンで
ソファの上まできれににしたのですが、直後には犬達が上がっています。
もう完全に、ベビーは慣れているようですし、カナダでは
当たり前のことだとか、そうマイナス気温のカナダでは基本的に
犬は室内で飼われ、家族としてとても大切にされているようです。
そう言えば町を歩いている時、背筋が伸びてサラサラの毛をなびかせた
きれいなボーダーコリーが、小型のリヤカーに繋がれ、長髪に長い髭の
男性と歩いてきたので「お仕事犬かしら?」と聞いたところ
「ホームレスだよ、カナダでは犬を連れたホームレスが多いの。
多分暖かいし、カナディアンは動物が好きだから」との答え。
行きかう人々も、気軽にドックフードなどを分けて上げるそうですし
ホームレスの人も、もし1食分の食事代しかない時は犬の食事を
優先すると言うのですが・・本当かしら?