カテゴリー アーカイブ: 7. 野鳥&昆虫・生物

里山散策の下見

 

昨日はケアマネージャーさんから来て頂き今後の相談。

義母の使っている折り畳みベッドを介護用レンタルに

変更しようと相談しましたが「狭くなってはかなわない」

と言うのが義父の注文で、サイズを計測しクリア!

 

金曜日には届けられ、他の介護品紹介をしたいとの事。

同時にケアマネージャー契約や、デイケア施設の契約等

来週から週2回で利用可能になる予定となりました。

 

初めての介護保険利用で、中々一度で理解できませんが

ケアマネージャーさんのサポートを受けて進めるシステム?

 

最初の資料説明時に、人手不足の話を聞いていましたが

今回も「要介護」が前提で前倒し利用の運びでしたが

要支援だと今の業者が受け入れ枠がなく、移行もあるとの事

取り急ぎ了解し、早めの利用となりました。

 

先日NHKのTVで認知症介護のご夫婦が施設遊牧民的な観点で

紹介されていましたが、受け入れ側は企業としての採算性が

あり、断らざる得ないというのを見ていましたが

まじめなスタッフさんが間で苦悩していました。

 

今までは他人事でしたが、いよいよ我が身!

両親には私達もいるので何とかなるでしょうが

この機会に学ばないと、自分達の身の振り方にかかわってきます。

 

さて、今日は思ったより天気が良く散策日和の気配に

先日出会った野鳥を求めて、健保センターエリアへ

 

9:00

 

杉林から野鳥の声は聞こえますが、中々姿は見えず

桑原山の登山口を覗いてみると、そこにはストックがあり

さすが遊歩道管理が行き届いているなと感心しつつ

少しだけ覗いてみることにしました。

 

登山口にはスキーストックが2本

 

軽い散歩予定ですから、重いイチデジカメラだけの持参

飲み物もないので、トレッキングは無理と思いつつ

どんなコースか下見という事で、ストックを1本お借りしました。

 

桑原山トレッキングコース

桑原山トレッキングコース

1合目

2合目

桑原山トレッキングコース

 

この辺りまでは階段風に整備され、歩き易くなっていましたが

 

見晴らしの良い「鳥目当」

宇津野集落も見えてきました

3合目

 

ここに書いてある「登山口~18分 山頂へ42分」は今の位置

では、次段の 山頂~28分 登山口へ12分の意味は?

 

と思いつつ、これ以上先は飲み水もなくまずいかなと思い

下山していると、登ってくる男性に出会いご挨拶!

コース整備をしていた地元の方で、お話していると

このコース、山頂からもう一つの登山口「駒の頭」に下りる

周遊ルートであることが分かりました。

 

という事でこの感じなら、一人トレッキングもありかな?

と期待しつつの下山となりました。

 

杉林より上は尾根伝い

3合目までの間には休憩所も

見下ろす麓

向かいの山の名は?

山神様と書いてあります

 

まだ雪が積もらなければ、近いうちに支度をして再チャレンジ!

 

下の車道脇には幾つか小さな池があり、黒い鯉の姿

 

岸辺に並ぶ鯉

 

岸辺に並ぶ鯉と囲い場の下に潜る鯉がいて

 

隠れ鯉

 

岸辺に近づくと、ササっと移動・・

 

岸辺から岸辺へ移動

やはり岸辺に落ち着き

 

気もち物陰に潜り込むのは、天敵から身を守るため

猛禽やキツネやテンなど思い浮かべながら歩いていると

地面に鳥の大きな影が表れ、見上げると通過したのはシラサギ!

そうそう、シラサギが1番の天敵かも・・

 

シラサギ通過

シラサギ

 

里山散策の楽しみ ♫

 

晴天も昨日で一息、薄暗い曇天となっています。

 

昨日は色々と生活変化への対応に追われましたが

早速今日はケアマネージャーの方が来ていただける事に

今後どんなことが出来るのか、学んでいくこととなりました。

 

昨日は里山散策に向けて、一人で隣集落の遊歩道チェックに。

出かける前に義父に伝えると「誰か一緒に行く人は?」と

聞いてきたので、今日は入口チェックの散歩ですと伝え

夕食の時報告していると、やはり里山とは言え一人歩きは

クマとの遭遇など気になるようでしたが・・

 

実は銀山平での遊歩道や銀の道ですら、「よく一人で行くね!」

と陰ながら心配されているようです。

確かに犬散歩の時、遊歩道でクマを見たこともありますが

こればかりは「出会いは運次第、交通事故のようなもの」と

思って、歩かなければ触れ合えない自然を楽しんでいます。

 

それでは写真と共に、里山周辺の様子をご案内!

今回の里山は、いつも窓から朝靄を被った定点観測地の

桑原山ですが、登山口は健保センターの遊歩道エリア。

 

夕暮れの桑原山

11/26  16:50

 

お隣の芋川集落には健保センターがあり

テニスコートや遊歩道と管理が行き届いています。

 

10:13

 

家を10時頃出たので、13分ほどでエリア内に来たようですが

ようやく気温も上がり始め、朝靄が発生中です!

 

ホテルを過ぎるとすぐに看板を発見、もう一つの里山

「駒の頭」と共に、分かり易い案内板があり整備されている様子。

 

桑原山登山口

山頂まで60分は良い感じ!

 

整備された桑原山登山口

 

里山登山口案内板

駒の頭へのタイム案内

駐車場に止まる車中には

 

駐車場の車中に見つけたお断りプレート、良いアイデアですね!

 

帰宅後の夕食時に、二カ所の里山ルートの話をすると

車異動では近い「権現堂へ行くと良い」と義父に勧められました。

(こちらは一人で行っても良いという事なのかな?)

前回の里山初体験時の皆様からも薦められていました!

 

所でこのエリア、スノー達の猟場であり、老犬時の安全散歩道

シニアとなったスノーを連れ、軽トラで秋に散歩に来ていたので

私にとってはなじみ深い所。

ルートは沢沿いの砂防ダム終点までの往復!

早速なつかしがりながらの散策ですが

 

この沢沿いをスノーが走り回りました

下の砂防ダム

行き止まりの砂防ダム

葛の葉

 

すっかり葉も落ちていますが、葛の葉がたくさん見られ

栗のイガも落ちていたので見上げると、1~2個実を発見!

 

山栗

 

銀山平での営業をリタイアをしても、散策道がたくさんあり

なんだかワクワク、楽しみを見つけました。

 

そして、スノーと来た当時、池にカモが離されていて

池周りをぐるぐる堂々巡りしていた場所では

鯉が静かに泳いでいるだけ・・

 

下の池では、黒いコイが忙しく動いていましたが

 

黒いコイの池

群れで移動中!

立ち木下に隠れるようです

 

一段上の池は緑の藻が目立ち、藻の合間に隠れるような

静止した色鮮やかな鯉があちこちに単独点在!

 

きれいな色の鯉

真っ白な鯉も

赤いコイも

 

動かないのは目立つからかと思っていたら、1匹だけ

泳ぎ回る冒険鯉を発見!

 

泳ぎまわる鯉を発見!

池の鯉

鯉の池

泳ぎ回る白いコイ

白いコイが目指す先は?

赤いコイが潜む近く

落ち着いたかと思うと

すぐにまた泳ぎだしました

真っ白な鯉

 

色鮮やかな鯉にしばし観察を楽しめましたが

杉林でも野鳥の声を聴きつつ、行きがけに観察

帰りにはいなくなっていたので、食事時だったのか

とにかく動き回るので、上手く撮れませんでしたが・・

 

ヤマガラ

ヤマガラ

 

ヤマガラは色合いから確認できましたが

次に認めた野鳥は、動き回る姿からゴジュウカラ?

と思ったのですが、トリミングすると模様が違う・・

ちょうど野鳥図鑑のゴジュウカラの下に

キバシリと言う画像が載っていて、模様が似てるけど

 

キバシリ?

キバシリみたい

キバシリ

 

初めて見た野鳥ですが、ネット検索でもキバシリで良いみたいですね!

お腹が白くて、ちょっと見ゴジュウカラのような動きでしたが

体はキハダ模様で保護色と言う感じですね。

新しい出会いにも気づけて、里山はまだまだ初めての出会いがたくさんありそうです。

 

シジュウカラ

 

帰宅時は12時と、散策タイムは2時間!

雪さえなければ、丁度良いコースのようです。

 

野鳥の出会いをまとめてアップ ♫

 

曇天ながら雨にならななったので、少し荷下ろし。

二人がかりになる重いものを運び、後はそれぞれ

マイペースな仕事運びとなります。

 

もう買い物はほとんど必要ないので、支払いに

立ち寄っただけで帰宅し、昼食を済ませて

早々に遊歩道散策!

すっかり晩秋の気配に包まれていますが、散策には

快適な気候で、野鳥の小群れも飛び交っています。

 

晩秋の銀山平森林公園・遊歩道

13:13

 

クィクィと声が聞こえたので、ツグミかと思ったら

胸元のクロ斑点がなく、マミチャジナイのようです。

 

マミチャジナイ

 

ツツー系のカラ類も多種混ざっていますが

今日の小群れはヒガラでした。

 

ヒガラ

ヒガラ

ヒガラ

 

普通は昆虫を食すそうですが、秋には種子も好むとか

この実はハンノキの実のようです。

 

ハンノキに集うヒガラ

ヒガラ

ヒガラ

 

カケスは大声を上げ目を引きますが、杉の木に雲隠れ

 

13:34

銀山平森林公園・遊歩道

晩秋の芝生広場

 

暗い曇天ながら雨にはならず、夫は本館の囲いを進行中!

明日は桟橋移動の予定だそうです。

 

それでは遊歩道で出会えた野鳥たち

紅葉盛りにアップし損ねていたのをまとめて・・

 

10月26日のエナガから

10/26 15:35

エナガ

エナガ

エナガ エナガ エナガ

 

そして11月2日から

 

ホオジロ?

ホオジロ

ホオジロ

ホオジロ

ホオジロ

 

ホオジロの仲間も種類が多く判別に迷いますが

下の画像はお腹が白いのでカシラダカかな

 

カシラダカ

 

それに比べてカラ類は何とか見分けがつきますね

 

ヒガラ

ヒガラ

ヒガラ

 

ヒガラに混ざっていたのはエナガ

 

エナガ

エナガ

 

そして紅葉にまみれてチラッと動いたのは

なんとキビタキ!

まずは葉陰越しに連写をしてから、そっと移動で

ズームアップも撮れてラッキーでした。

 

キビタキ

キビタキ

キビタキ キビタキ

キビタキ

キビタキ

キビタキ キビタキ

キビタキ

 

11月に入ってキビタキやヤマセミに会えたのは

やっぱりうれしい!

散策タイムがあっての出合いなので

この地に住む醍醐味ですね・・

 

銀山平温泉は冬囲い

 

 

今朝も濃霧の中外気温6℃、天気は崩れ曇天へ

そのうち小雨に変わり、午後の雨上がりを待って散策。

 

共同作業は昨日で終わり、今日は事務仕事を進めつつ

業務用冷凍冷蔵庫の掃除やら、業者さんへの返品立合い。

 

昨日の遊歩道は、青空に白い雲の空模様が目を引き

急ぎ足の運動がてらリフレッシュタイム!

 

11/5  8:48

晩秋の遊歩道

晩秋の遊歩道晩秋の遊歩道

秋の空

晩秋の遊歩道

 

夫が共同作業昼上がり中に急いで周った遊歩道散策

帰宅するとセンター作業は終わり、看板外しへ・・

 

冬囲い中の白銀の湯

13:17

ログハウスも囲い済み

 

今日は霧雨が降ったり上がったりの散策で傘持参

 

11/6  14:21

 

事務仕事合間の運動タイムでしたが

雨上がりを待っていた野鳥との出会いも

 

ホオジロ

雨上がりの遊歩道

雲の合間の越後駒ケ岳

あちこちにホオジロの小群

雨の合間の遊歩道

 

雨上がりを待っていたかのように、チチチチと

カラ類の鳴き声がするので、立ち止まって探すと

 

コガラ

コガラ

14:37

霧のズーム

霧雨の遊歩道

野鳥のさえずりの中で

 

遠く近くに野鳥の囀りが聞こえ、癒しのひと時

動きが早く、遠すぎるので上手く撮れないけれど

じっとしてしばし観察・・

 

霧雨の遊歩道
カラ類の声に混ざって、時折口笛のような鋭い響き

画像をトリミングしてイカルだったことが分かりました。

 

イカル

イカル イカル

シジュウカラ?

シジュウカラ

 

15:07

ミヤマザクラの実

荒沢岳雪も消えつつ

銀山平温泉

 

銀山平船着き場の朝靄とヤマセミ ♫

 

天気予報通りに見事な秋晴れとなり、朝の外気温0℃

山並みは全て霧に包まれた雲海日和に‼

 

昨夜のお泊りはバーベキュー飲み会のリピーター様

寒さにも負けず静かな宴を続けていましたが

素泊まりという事で、私は朝から晴天のチャンスに恵まれ

銀山平船着き場の霧晴れショットを楽しみに出かけてきました。

 

昨日の朝靄は8時には消える瞬間で、7:30頃と思いましたが

薪ストーブをつけ終え、6:50には準備完了!

マイナス気温では車窓に霜が降りるので早めに出ると

やはり薄霜が張って視界不良!

ポットのお湯で窓の曇りを全て溶かして出発です。

 

銀山平船着き場ではまだ濃霧に包まれ視界不良で

霧雨以上に撮影にはなりませんが、目視では霧の流れが見え

上流から下流に向かって静かに流れていきます。

 

朝靄の銀山平船着き場 7:00

朝靄の中荒沢

 

最初は中荒沢流れ込み近くのでっぱりへ下りてみると

流れる朝霧の冷たさに、手袋を通して手がかじかみます。

 

そう!今日の朝霧はいつも以上の濃霧で中々消えません!

やっぱり7時半に来れば良かったと思いましたが

実際には8時過ぎてようやく撮影可能視界になってきた感じで

雲海撮影の方々はこれ以上の寒さの中、頑張っているのかと感心‼

船着場での撮影者は遅くなってお一人来た位で私一人。

 

途中でくじけそうになったものの、頑張れたのは

朝靄が目視では、はっきりと見えることと

直ぐ近くで賑やかになくヤマセミの声‼

 

どこにいるかとキョロキョロするうちに、すぐ目前を通過

飛行姿の上、霧に包まれ撮ることは出来ませんが

しっかりと目視できたことがうれしく、まだ聞こえる声に

しばらく頑張って探すと、少しづつ視界が開け始め

少し上流の枯れ木の上で鳴いている姿を見つけられました!

 

濃霧の中で 7:22

北之又川流れ込み

岸辺の湾

ヤマセミ発見!

霧が晴れてきてからの場所確認

上空を飛んで行ったのはカモ?

 

濃霧の中でも撮影しましたが、多すぎるのでカット!

もう行こうかと思う頃、木立のヤマセミが飛び立ち目前通過

行き先を追うと、岸辺の木に止まったので、ラッキー♫

 

7:50

朝靄の中のヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

 

こんな寒い川岸でハンティングするヤマセミ

冬場の自宅付近でも姿を見かけますが、寒さに強いですね。

 

飛び立つヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

 

ヤマセミが飛び立ったのを機に、トイレに立ち寄り場所移動

 

7:53

中荒沢 8:02

 

やっと霧に中に太陽が見えてきました。

 

霧中の太陽

 

今度は村杉の桟橋へ向かい、薄れゆく朝靄風景を待ちますが

8時すぎでもまだまだ濃霧・・・

 

村杉桟橋から 8:11

やっと対岸が見えてきました  8:17

ファンタジア号は出航準備

8:23

霧の流れが速まり青空も

8:28

8:29

朝靄の銀山平船着き場

8:30

霧の晴れる頃

朝靄の消える頃

8:36

朝靄の消える頃

8:41

 

やっと濃霧も消え、撮影可能となったのは8時半過ぎ・・

太陽の温もりが気持ちよく、寒さも忘れられます。

 

銀山平温泉の紅葉写りも

朝靄の消える頃

村杉桟橋から

 

実は桟橋に移動してからもキャラッキャラとヤマセミの声を

聞きながらの撮影でしたが、またもや対岸の飛翔姿を発見!

ズームすると、立ち木にその姿を確認できました。

 

対岸近くにヤマセミ発見!

ヤマセミ

 

よく見ると口に魚をくわえている様子・・

 

ヤマセミ 8:43

ヤマセミ

 

川霧撮影をしては戻って確認、一度姿を消したのは

川に潜った様子で、木立に戻ると身繕い・・

 

8:45

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ ヤマセミ

ヤマセミ ヤマセミ

 

ヤマセミの姿も

 

今回は700枚越えの撮影で後始末が大変・・

とりあえず撮ってみないと、どれが使えるか分からない

という事で、先にヤマセミからのご紹介になりました。

 

それにしても今年は北之又川沿いでは目視だけで

撮影できなかったため、うれしい出会いとなりました。