カテゴリー アーカイブ: 6. ふれあいの森

銀山平森林公園・トレッキングコースへ

 

久しぶりに眩しい晴天の朝を迎え、本来の夏の空です。

 

窓からの中ノ岳

7:37

銀山平温泉の朝

窓からの越後駒ケ岳

2階 窓からの中ノ岳

 

午前中は銀山平森林公園・遊歩道の共同作業3回目

残ったエリアの草刈り仕上げで、トレッキングコースも

草刈り終了し、草で覆われていた出入り口もすっきり!

 

昼すぎに帰宅すると、「行ってくれば!」と声を掛けられ

さっそくカメラとドリンクを持ち、ストック持参で

トレッキングコースへ直行したのは、昨夜ベッドで

本を読んでいると、外から「ゴロスケ ホッホー」と

近くに聞こえるフクロウの鳴き声!

これほど近くに聞こえるのも珍しく、夫にも知らせて

しばし楽しみましたが、バードウォッチングにも期待!

ただ昼すぎの暑い時間で、きれいな声は聞こえても

姿は見えず、もっと鳴き声で聞き分けられると良いのですが・・

 

さて、トレッキングコースの入口看板はありませんが

草は刈られてスムーズに入れます。

 

トレッキングコース車道寄りの出入口

 

チョット陽射しは強そうですが、尾根までは高木の下

木陰を登って行けます。

 

トレッキングコース登坂  13:22

下には赤い橋が見えます

杉林の中は木陰

花の終ったイワウチワ

 

花後も葉が色鮮やかで、実が花のように彩を添えるイワウチワ

同じような葉ですが、オオイワカガミの実は数が多いですね。

 

オオイワカガミの実

 

暫く林内の木陰が続き

 

足元にギンリョウソウを発見!

でも今年は雨が続いた割には下山コースと合わせても

数が少なく、季節が遅れた影響でしょうか?

 

落葉から姿を見せるギンリョウソウ

下山コースのギンリョウソウ

ギンリョウソウ

 

尾根に出ました 13:43

 

今時間を確認したら、尾根までは約20分の登りですね。

 

尾根からの荒沢岳

尾根道

ヤマキマダラヒカゲ

13:56 山頂

見下ろす銀山平温泉

 

山頂からは奥のトレッキングコース出入口まで下山のみ!

木々や林を目線にしての下山は、ヤドリギも間近に

 

ヤドリギ

ヤドリギ

アブラツツジ

アブラツツジ

 

アブラツツジは花も終わり、小さな実が見られるだけ

そうそういつも近くにあるこの実は何だろう?と

ツツジ科の画像で検索したら、ハナヒリノキでした。

ついでに調べると有毒植物で、昔はウジ殺し用だったとか。

最近植物観察で、検索するのに葉や似た植物から

科目を参考に探すので、見つけるのが早くなりました。

 

ハナヒリノキ

 

ヤマグルマ

ミネカエデ

キモンガ

クロヒカゲ

 

反対側の出入口登坂で山頂まじかにある目印の老木

巨大ながら中は朽ち果て、覗くと木屑が溜って暗く

クロヒカゲがポツンと休息中!

 

朽ちた巨木

朽ちた巨木

朽ちた巨木

 

この巨木の上側がシャクナゲの群生地!

若葉が伸びて、葉色が二色に分かれています。

 

シャクナゲの葉

 

下に来るとしばし杉林

14:30 奥の出入口

 

下山時刻が14:30ですので、ゆっくり歩き

途中で少し野鳥の声を聴いていても、1時間強と言う

短時間の割には汗もかけ、トレッキング気分を味わえます。

(途中でゆっくり景色を楽しむ方は2時間ですね)

 

銀山平森林公園・遊歩道

 

遊歩道の草刈りは終わりましたが、吹き飛ばしはナシ?

代わりに幾つか分かれたコースもしっかり草刈り!

 

芝生広場への抜け道コース

カモシカコース

芝生広場

 

夫達は半日2回と1日の計3回の作業打ち上げで

3時からもつ焼きを楽しんでいます・・

 

 

追記

長らくご愛顧いただいた村杉ですが、8月末をもって閉館することとなりました。
ご利用に感謝すると共に、お礼申し上げます。

また9月からは次期運営会社のリノベーションに入り、来シーズンより新たな名称にて新規オープンとなります。
今後の詳細は、お知らせページにてご案内しますので、暫くブログは続けていきますが、ブログの閉設後はFacebookにて交流を続けていきたいと思います。興味のある方はFBリンクをお残し下さい。

 

銀山平森林公園・トレッキングコース

 

久しぶりに曇天の昨日、夜からの雨も先ほど上がり

雨量も多くなく、奥只見ダムの水位は3m減水をキープ。

 

昨日は雨の前にと9時頃に銀山平森林公園・遊歩道の

トレッキングコースを歩いてみましたが、急に減った

残雪に、ちょっとの刺激で雪下の木々が飛び跳ね

一番危ない時期だったと気づきました。

 

昨年はもう少し残雪があるうちに登ったので

シャクナゲを楽しめたのですが、今回は完全に終わり。

僅かに枯れた花びらを見ると、この暑さ続きで

一気に終わったのかなとも思えますが、目安であった

北之又川対岸のシャクナゲが2週間ほど前に咲き

行こうと思いつつ、釣りシーズンと重なり出遅れました。

 

それでも春の山野草は次々開花し、新たな出会いもあり

楽しめるのが救い、今回はヤマグルマが黄色い花をつけ

クロモジの開花期にも出会えました。

 

9:21 トレッキングコース登り口

ユキグニミツバツツジ

イワナシ

トレッキングコース

残雪も所々あります

トレッキングコースの残雪

オオイワカガミ

アブラツツジ蕾

シャクナゲは既に散って

ヤマグルマが開花

銀山平森林公園・トレッキングコースの尾根歩き

かろうじて残っていたシャクナゲの花

タムシバ

スノキの幼木

シャクナゲ花後の若葉

クロモジの花

クロモジ

山頂付近の残雪

山頂から見下ろす銀山平温泉

見下ろす村杉周辺

銀山平温泉

 

下り始めるとまた木々の花々が出迎えてくれ

大木のヤマグルマを目線で見られますが、葉に色が混ざる

独特な葉は下荒沢の橋から見ていた木々と同じだと気づきました。

花が咲かないと見分けがつかないので、じっくり確認できました。

 

ヤマグルマ

ヤマグルマ

ヤマグルマの蕾

ヤマグルマ蕾

ヤマグルマの蕾

僅かに残っていたシャクナゲ

僅かに残っていたシャクナゲ

目印の老木

 

一番シャクナゲの密集しているのは、この老木の後上

目印の老木となります。

 

下は朽ちていても葉がついています

朽ちた老木

 

この老木より下は杉林の急坂となります。

 

杉林

オウレンの葉

オウレン

オウレン

 

杉林の下には小花が見られますが、ピント合わせが難しい

 

下山 10:54

 

せっかくなので水たまりの止水池へ周り

クロサンショウウオの産卵チェック

 

銀山平森林公園・遊歩道

前日の産卵光景

前日のクロサンショウウ

新たな産卵

クロサンショウウ

アブラチャン

アブラチャン

シラネアオイ

サンカヨウ

エンレイソウ

イタヤカエデ

ミズバショウエリア

ミズバショウ

スイセン

 

ようやくスイセンやスズラン、チューリップが開花

あっという間に散りそうな気もしますが・・

 

梅雨空の合間に

 

昨夜は本格的な雨で、まとまった雨量に・・

天気予報では今日は午前中に少し降る位だったのが

長引いたのか、降ったり上がったりを繰り返し

外気温も10℃と上がらず、薪ストーブを焚いていました。

 

午後になって上がったものの、低く立ち込める雲

それでも天候回復するのか、野鳥の声が響き始めました。

 

昨日は用事がてら買い物に下り、散歩は無理?と

思っていましたが、時々降っていた雨も上がり

国道352沿い枝折峠方面の散策へ!

 

5/31  8:46

オリソ滝近くのミヤマザクラが満開

窓からの魚沼駒ケ岳

新緑も茂り残雪が消えました

 

8:55

 

北之又川保護水面  16:06

モリアオガエルの卵

モリアオガエル

 

道路沿いの水たまり池でもモリアオガエルが賑やかに!

 

沢辺のクレソン

ツリバナの蕾

ツリバナ

今年はたくさん蕾を付けています

 

ユキグニミツバツツジ

タニウツギではスズメガの姿

ホシホウジャクですね!

ホシホウジャク

 

シジュウカラ

 

今年は急速に雪が消え始め、季節が自覚できない位でしたが

今日から6月なので、生き物たちの子育てもこれからが本番

ベランダに来ていたキセキレイはこれからかも?

ヤマセミとの出会いも楽しみです ♫

 

見上げる斜面にサンカヨウ

ネコノメソウもたくさん見かけます

ミヤマザクラ

ミヤマザクラも当たり年ですね

 

ネコノメソウ、サンカヨウ、ミヤマザクラと

今年は当たり年になるのかなと思うほど

あちこちで目を引きます!

 

 

 

 

 

銀山平森林公園トレッキングコース

 

昨日の雨も上がり曇り空と過ごし易く

予定通りに月末締めの振込などの事務仕事で町へ。

 

自宅の屋根のペンキ塗りも計画していて

魚沼市のリフォーム支援を受ける手続きも終えて

ようやくやるべき事リストを終えました・・

 

夫も今日からレンタルボートを再開し、他店に貸出中の

釣り船も帰ってきて、本格的に営業再開ですが

桟橋が定位置まで来たという、有難い流れです!

 

それではトレッキングコース続きのご案内から

 

シャクナゲが盛りを迎えていた尾根に上がり

しばらくはアップダウンの少ない見晴らしの良いエリアです。

 

尾根のトップから見る荒沢岳

山肌にはまだ残雪があります

尾根からの荒沢岳

尾根のシャクナゲ

シャクナゲ

シャクナゲ

マンサク

トレッキングコースの尾根

再びイワウチワ

イワウチワ

山頂は急な残雪なので、山肌を横移動

 

尾根の頂上は急坂で残雪に覆われ危険な気配・・

しばらく迷った末、山肌を下り道に向かって横移動!

緩んだ残雪を長靴で踵ケリしつつ窪みをつけて

2本ストックで支えつつ渡り切りました。

 

こんな時雪国生まれでない私は迷うところですが

引き返すよりは無難かと・・

結果下りのトレッキングコースも残雪がほとんどなく

下山はスムーズ、ストックを2本持参が正解でした。

犬連れの時も思いましたが、4輪駆動は役に立ちます。

 

見下ろす銀山平温泉エリア

見下ろす村杉も

下り坂

トレッキングコース

再びシャクナゲの蕾

アブラツツジの蕾も

シャクナゲ

オオカメノキ

見下ろす銀山平温泉

対面の山には枝折峠の車道が白く見えます

 

まだ楽しめるシャクナゲの蕾

シャクナゲ

残雪の谷間

シャクナゲ

下りの林

目印の空洞木

トレッキングコースの林

見下ろす坂道

見上げた坂道

遊歩道まで下りると残雪が迎えます

遊歩道の湿地

遊歩道の残雪

カエデやブナのが芽吹き色に彩り

中ノ岳から魚沼駒ケ岳の稜線

銀山平温泉の車道へ下ります

遊歩道の入り口

銀山平温泉・白銀の湯

 

無事帰宅してきました!

 

シャクナゲトレッキングをご希望の方は滑りにくい靴と

ストック2本持ちがおすすめです。

初めての場合は道に迷う方もいますので

そんな時は、無理をせず引き返すことをお勧めします!

距離は短いのですが急斜面が多く手入れもされていません

私自身も何回も登ったうえでの一人歩きです。

 

 

 

 

待ちきれずトレッキングコースのシャクナゲチェックに!

GWピーク時は荒天となってしまいましたが

4日の午後から回復へ向かい、5日は爽やかな青空へ

2連泊のお客様は、待ってましたとばかりに

今年最後のスキーを楽しんでこられました。

 

お陰様で何とかGWを乗り切り、バイトさんと3人での

掃除作業もラストとなると頑張れるものですね!

 

残雪は一気に減少

山肌の木々は新緑の季節へ

ブナの若葉

窓からの中ノ岳  11:23

庭先のオトメエンゴサク

 

裏口コンクリートの隙間にキセキレイが巣作りしていたので

さりげなく確認すると無時産卵を終えて抱卵中です ♫

 

家の隙間で抱卵中

 

さすがに疲労感があるので、今日は夫の担当である

白銀の湯会計係の事務仕事の手伝い。

半日事務仕事で散策に出たい気分が増し

午後からは曇ってきたのも幸いして、思い切って

銀山平森林公園・トレッキングコースを歩いてみることに。

 

まだ残雪に覆われているように見えますが

GW直前のお客様から「トレッキングコースの登り口は

道が出ていて、シャクナゲが咲いているよ」と

教えていただき、気になっていたのです。

明日は天気があてにならないし、釣り人が始まると

夫の留守が多くなるので、即実行となりました!

 

蛇小沢沿いの登り口 13:52

トレッキング登坂口

イワウチワ

まだ雪原も多いのですが

トレッキングコース

残雪多し

 

まだまだ残雪が多く、登山道は見え隠れ・・・

右側に銀山平森林公園・遊歩道を見下ろしながら

雪上の歩きやすい所を進みますが、とにかく右側をキープ

うっかり左側に入ると登山道を見失います。

 

右前方は魚沼駒ケ岳の山並み

左前方は荒沢岳

 

尾根に上がる手前で左側に流れる蛇小沢上流を

旋回する猛禽が見えたのですが、近づけると思ったら

姿が見えなくなってしまいました。

そして突然前方を横切った黒っぽい野鳥を追うと

ブナの若葉に飛び込む時白い斑紋が見えたので

もしかしたらブッポウソウだったのでは・・・

木の葉が茂る前なのでバードウォッチングも期待したけれど

逆にこちらの姿も丸見えなのか、先に気づかれている気配です!

 

尾根に近づくと期待していたシャクナゲも姿を見せ

ワクワク気分です ♫

 

シャクナゲ

タムシバ

タムシバ

シャクナゲ

シャクナゲ

シャクナゲ

シャクナゲ

シャクナゲ

シャクナゲ

タムシバ

 

尾根沿いは雪がなくてシャクナゲの開花も早いようです。

 

本当はこの位で帰るつもりでしたが、結局問題もなく

そのまま先へ進むことに・・・ 次回に続けます