カテゴリー アーカイブ: 5. 植物

独活の大木

魚沼市の天気予報は雨マークでしたが午前中は曇りで
午後1時過ぎから雨になってきました。
スノーの散歩は主人のショート自転車コースで早々に終了・・
遊歩道の植物は場所によって季節の格差がありますので
9月に入って撮り溜めた写真で紹介させてもらいます
独活の大木と言いますが本当にかなり大きくなります
そろそろ葉が枯れ始める頃思いもかけない可愛い実が付きます

他の木に絡まる蔓系の植物も沢山ありますがほおずきの実のような
蕾が開いたら可愛い花を咲かせていてツルニンジンと確認できました

瑠璃色の沢ふたぎ

台風から少し残暑が戻った感じですが何といっても
裏の北の叉の川風が涼しく気持ちよくすごせます。
毎日同じ散歩コースでも飽きることなく自然界は移り変わり
今次々と木の実が色づき元気に蝶やバッタが飛び交っています
沢フタギは緑の木の実が白から瑠璃色へ移ろっていく所で
少し摘んでドライフラワーに挑戦してみようと思っているのですが
可愛いブローチのような感じです

アマドコロもマッチの棒のような実を発見し
しばらくして見ると大きな丸い実になっていました

秋の赤い木の実

あんにんご酒で香りをつけたアイスクリームをデザートにお出しし
丁度あんにんごを収穫していたのでお見せしたのですが
やはり木についている木の実の見分けは難しいようです。
樹木のガイドブックで似たような赤い実をつけている木々を
確認してもらったのですが木の実も熟すにしたがって黒くなったりと
色が変化していくので難しいのですよね。
そこで今回は遊歩道で見かける赤い木も実をご紹介します
あんにんごは緑から黄色・オレンジ・あか・黒と色が変わっていきます

アジサイに似た白い花を咲かせたオオカメノキは額と実が鮮やかな赤になりその後実は黒くなります

ミズキはサンゴのような赤いがくに黒い木の実が丸い形でびっしりと付きよく目立ちます

可憐な野草たち

昨日はやっと夕立も無く暑い一日となりましたが
今日も含め涼しい風が吹くすごし易い夏となっています
早くもススキが色付きはじめアザミも咲き始めました

シシウドもクリームかかったホワイトがきれいで
大きい背丈でも1つ1つは花火のようで可愛く感じられます

芝生広場ではモジズリソウが珍しく群生しています

夕暮れ

暑さ本番に入り奥只見ダムの水位が下がり始めました
当桟橋の階段は踊り場近くまで来たそうです
昨日は散歩時夕日が山に沈む所を写真に収めましたが
早くもススキが大きくなっていることに気が付きました
コオニユリも最盛期を迎えています