カテゴリー アーカイブ: 4. 冬

冬に向けての準備作業

 

11月も後半に入り、宇津野集落では冬に備えて

側溝の落葉や土を掃きだしたり、鳥居の冬囲い等

いざらいと呼ばれる共同作業の日!

 

夫の持場は、家周りに回す水源の掃きだし作業

天気にも恵まれ、外を覗くと義父が大根抜きの作業中。

 

大根洗いを手伝おうと支度して下りる頃、夫も帰宅。

畑から大根を洗い場まで運んでもらいます。

 

9:03

9:26

大根の収穫

側溝で大根洗い

冬野菜の保存

大根保存

 

洗い場に腰を落として、洗っていると

運び手の夫が一度屋内へ、丁度その時「ラインが呼んでる」

と言うので、孫達と少しおしゃべりしたついでに

二階から撮影しつつ、夫に大根を水場に入れるよう依頼。

 

その後一気に洗ったのですが、不自然な姿勢で

立つのも怖い腰痛にビビります。

今年は天候不順で収穫量が少なかったのですが

かえって良かったようです・・・

 

いつもどこに保存するかを指揮する義母は不参加

義父をリーダーにと言うより、ほぼ一人仕事で

冬野菜の収穫は終わったようです。

 

それにしても、作業中は気づかないのに

終わった後に体の節々が痛くなるのも

加齢による筋肉不足が要因なのでしょうが

体を動かした方が良いのか、軽減した方が良いか

年々初めての体験が増えるので、迷えるところ。

 

スクワットとヨガストレッチは続けていますが

筋肉は落ちるばかりのような気がします。

 

今日はとりあえず、町へ買い物に

生活も落ち着き、欠品が分かってきた所。

 

昨日は午後から、上隣の集落方面へ散策に行き

越後駒ケ岳が僅かに雪化粧したことを確認してきました。

 

11/17  15:29

折立温泉からの越後駒ケ岳

 

田圃では収穫後の耕し作業のようで

雪が降るまで農家の仕事は忙しそう。

 

セグロセキレイ

セグロセキレイ

15:44

 

里ではセグロセキレイをよく見かけます。

 

山里の散策再開

 

 

一度上がったらしい雨が、朝に降り始めましたが

直ぐに小雨に収まり、今は霧雨程度・・

夫は銀山平温泉内の倒木処理を済ませ

今日はレンタル薪割機を運んでの薪作り仕上げです。

 

私は荷片付けも一息ついて、通常生活に戻れそうで

両親に次女一家とのライン対面で、曾孫との交流アシスト。

 

急速に進化するネット世界に、付いていくのも

息切れしそうになりますが、やはり利便性は増し

何よりも各家族が何処にいても、近くに感じられ

近況が伝わるのはありがたいですね ♡

 

90歳と88歳の両親がいても、特に祝い事しない

我家ですが、孫や曾孫との交流機会を繋ぐのが

せめてものプレゼントです。

 

その反面、10月末尾には詐欺まがいのメールも

ラインを語って「・・・なので危険です。こちらから

ログインして設定しなおして下さい」的なもの

ラインに問題があるならラインで来るだろうと思い

その場で削除しましたが、グーグル等を語ったりと

うかうかできないですよね・・

 

ネットをしない両親ですら、夏の頃足の痛みに

TVコマーシャルをみて「富山のりょうしん」と言う

薬を買っていましたが、効果がないとお試しで終了。

のはずが、なぜか10月になって代引きで再配達!

 

夏の間の郵便局は全て銀山平へ転送してもらうので

病院通いをしているのにおかしいと思い、電話確認

やはり注文していないとの事で、受取拒否対応しました。

 

それにしても、2カ月もたっての再配達って何だろう?

TVで大々的に宣伝しているだけに疑問?

効かないから売れなくなり、強引商法に出たのか?

よく聞く認知症相手の詐欺まがい商法かと疑いたくなりました。

 

今の時代、電話通販は高齢者の買い物必需機能ですし

ネット商法は尚更騙されないような気遣いが必要ですね。

 

それでは昨日の散策から、山里の様子を・・

 

モズ

モズ

 

口に咥えていたのは虫なのか?枯実なのか?

 

散策コースは雪が降ると歩けない、下隣り集落への農道

 

ノブドウ

崖崩れ

崖崩れ

 

大雨の度に崩れているだろう崖場もあります!

 

下隣集落の農道

大木に咲くのはツルウメモドキ

ツルと言うには太い幹のようです

ツルウメモドキに寄生されている大木はクルミでしょうか

この黒い実はキハダかな

 

きれいな野鳥の声を辿ると、やっぱりいたのは

ジョウビタキでした!

 

ジョウビタキ

ジョウビタキ ジョウビタキ 宇津野の日光神社

 

宇津野集落の神社は日光神社、昨年屋根の張替えを

したばかりなので、今年の降雪には心配ないかな?

 

それにしても初雪が遅いのは、やはり助かります!

 

晴天に、薄っすら霜の下りた朝

 

天気予報通りに冷え込んだ朝で。室温14℃ですが

外は霜が降りていました。

 

7:04

里の朝

初霜

初霜

 

夫は、天候に恵まれ銀山平へ薪作り通い

私も予定通りに、記帳など事務仕事を進めました。

 

義父はやっぱり一人で間に合うからと畑仕事

キャベツの収穫を終えたようです。

 

90歳 元気に畑仕事

 

お陰様で両親ともに、元気に二人だけの自宅生活!

それでも近年少食になり、スリムになっていますが

義母の足が悪いために、今年は義父の仕事が増し

猛暑の今夏は義母が食卓のイスに殆ど座っていて

昨年までとは違うと感じていましたが

実は両足に魚の目が出来たとかで、痛くて歩けず

私達の仕事が一息つくのを待っていたようで

ぱんぱんに腫れてしまった両足を見せられ

慌てて病院通い・・・

6月に義父が免許を返納したので、遠慮していたかも

 

結局魚の目が問題ではなく、歩かないことにより

足が腫れ、リハビリ通いとなりました。

今まで両親の老々介護で済ませてきましたが

今年からは息子である夫の出番となりました。

 

ほぼ週二回のリハビリ通いでしたが、やっと

先日私が役場へ行き、要介護申請の手続きを済ませ

面接待ち状態です。

 

自宅では共同温泉があるので、車で連れて行く

予定でいましたが、昨年と違い義母の歩行は

今までの杖では難しくなっていて断念。

自宅入浴も膝が曲がらない症状で介助も難しく

シャワーを浴びて過ごしていたので、この先の

寒さに向けて、デイケアサービスでの入浴介助と

歩行リハビリを希望しています。

 

ただ手続が終了し、利用できるまでに1月半程

かかるそうで、もっと早く申し込んでおけば

良かったと反省しています。

 

それにしても、この夏からの義父の頑張りには驚き

今まで料理を義母が調理し、義父は運んだり

洗い物をしたりとケアし合っていたのですが

義母から教わりながら料理も担当!

 

買い物で下りる時に、作り置きの総菜や冷凍食品

レトルト食品などを届けると喜ばれていましたが

秋に漬け込む鮭の麹漬けが食べたかったようで

教えてもらいながら義父が漬け込んでいました。

 

帰宅早々ごちそうになりましたが、気温の高い

この秋は発酵が丁度良く、とっても美味しくて

いつも通りに、親せきに分けていました。

 

そんな両親の暮らしも、冬へ向かって私達も合流

義父は息子の車に同乗して温泉通いが再開です!

 

両親も健在です!

 

リハビリから帰宅した妻を迎えに出る義父は

驚くほどケアが良くて、手出し無用ですが

撮影許可も出たので撮影!

 

実はこの補助器具は、両親を慕って時々顔を出す

群馬在住のお客様がわざわざ届けてくださったとか

両手で体を支えられ、ずいぶんと重宝しています。

改めて「丸山様ありがとうございます!」

 

何しろ今まで介護経験がなく、何の知恵もなく

今まで放置してしまったようで、今更ながら

慌てて情報収集を始めたところです・・・

 

義母は両足の膝が曲がらず、足腰痛いようですが

血液検査等は問題なく、88歳と言う年相応と

お医者様は判断しているようです・・

 

これから私たち自身も含めて、老々介護の時代

出来るだけ故障のない体を維持できるよう

今から備えようと思うこの頃でした。

 

 

 

冬季閉鎖に備えての残務仕事も終了!

 

 

昨日はポカポカ陽気で、昼間はストーブ要らず。

予定通りに昼前から銀山平へ向かい最後の仕事!

 

残りの荷物を積んだり、水道の元栓を閉めた後

ボイラー循環器の水抜きに2時間位かかるので

待ち時間にWCウォッシュレットの水抜き

温泉の水抜き、ガスボイラーの水抜きと

分担して担当、最後はエアーコンプレッサーで

完全な水抜きを心がけます・・

 

それでも待ち時間があったので、私は遊歩道を1周

すっかり枯葉が落ち、晩秋の気配も消え

冬に向かっていることを感じる景色ですが

越後山脈の初冠雪は消えて、黒いシルエットとなりました。

 

11/12 里の朝  7:22

銀山平森林公園・遊歩道 12:55

天然ドライフラワー ノリウツギ

マユミの実

コマユミの実

朴の実柄

アキグミ

 

赤い実もわずかに残るばかりで、野鳥もほとんどいない気配。

 

13:22

冬季閉鎖の銀山平温泉

本館も本格冬囲いへ

 

これほど暖かな後始末は、初めての体験かも・・

外から雨戸を閉めて回ると、パラパラと大小の

カメムシが落ちてきます。

 

最後に電気のブレイカーを下げて終了!

後は夫に任せ、一足先に帰宅しましたが

夕暮れには小雨が降り始め、今日も雨/曇り

 

夫は最後に残った外仕事で、銀山へ行きましたが

私は自宅の片付け作業!

 

まずは共有部分の窓ふき!

カーテンを洗い、レールに隠れるカメムシや

テントウムシをスチームクリーナーで吹き飛ばしつつ

汚れ落としし、仕上げの拭き掃除・・

居間の窓は二組の窓が重なる二重窓ですので

二カ所だけでも4枚の窓ふきとなるのですが

スチーム利用で、1階スペース5カ所はすべて終え

2階の自室まで終わらせホッと一息!

曇天だったのが幸い、暑くも寒くもなく掃除日和。

 

明日は町へ出ての用事があるので

休養日になれるかも・・

 

まずは自宅での生活が始まり、ホッとしています。

 

暴風雪も無時通過して・・

 

昨日までの穏やかな天気と打って変わり、天気予報通りの荒天に!

 

昨日の夕暮れから吹き始めた突風は、台風並の強さになり

夜になると衛星TVの画像も時々崩れたり、家を揺するような

轟音が響き渡り、屋根が飛ばされるかと危惧するほど・・

 

何しろ直前のTVのニュースで、新潟市方面では

学校などの屋根が剥がれたり、窓が割れたと言っていましたし

いよいよ日本海側の暴風雪ピークが来たなと言う感じでした。

 

とは言うものの、繰り返す暴風に多少は慣れたのか

なるようになるとの思いで、夜は熟睡です・・・

 

朝になるとまだ時折突風の音はしますが、峠は越して

サラサラの雪質は、屋根白くした程度。

杉林も粉砂糖をまぶしたツリーのような様相です。

 

窓に吹き付けて凍った雪

雪の合間に 10:20

雪にまみれたツリー

 

花粉で色ついた杉の木だけに、冬の色合いと違う感じです。

突風の合間には、窓を開けての観察も可能に・・

 

雪の合間に

屋根からの落雪

10:23

雪の合間に

突風だけで積雪は少なめ

 

 

鼻炎アレルギーは残っているものの、嗅覚も戻り

風邪の症状は消えて、やっとPCに向かう気力も戻り

コーヒータイムも美味しくいただけます。

 

ひな人形

 

13:10

 

午後になって吹雪き始めましたが、長く続かず

とりあえず無時終息したのかなと思えます。

 

TVで見る限り、いくら警戒していても被害が続出しているようで

亡くなる方もいることに、不要不急の外出自粛と言っても

仕事を休めず、働く事の大変さが伝わってきます。

自然現象は本当に一寸先が見えない世界ですからね・・