カテゴリー アーカイブ: 2. 夏

自然の厳しさと癒し

台風・地震と大きな災害が続き日本列島の厳しさが
肩の荷に重く感じられますが、自然の営みは変わりありません
改めてご心配頂いた皆様にお礼申し上げますと共に
被災された方々にお見舞い申し上げます
銀山平遊歩道の草花もやっと夏を感じさせ始め
夏の陽気の日には夏蝉がジージーとうるさく鳴き始めていたのに
梅雨空の日には全く声がしなくなります。どうしているのか?
散歩中良い香りを漂わせていたミヤマイボタも最盛期を過ぎ
アジサイが色鮮やかに群生し始めました。

中之叉川

多分一枚岩の川底の意味が伝わりにくいと思いますので
中之叉川の水位観測所がある二又との合流点をご紹介します
国道から40分ほど歩いた所にコンクリの小屋があり
ロープが張られていて分かりやすくもちろん川に下りれる所です
川底に付き物の小石は無く一面にしかれた岩が波に削られ
思いもかけない穴を開けていたり、波の形に段差が出来ています
流れが速いせいでしょうか苔も無く滑りにくいのがうれしい所です
天気がよければ川底の水の上がらない場所に座り込んで
のんびり鳥の声を聞きすごしたい所です。
もちろんゴミ一つ無い聖域ですので決してゴミは持ち込まないで下さい
と言う事で石ころが無い場所には魚は潜めませんので
この辺りまでは釣には向きません。
もちろん車で入れない所ですのでトレッキングをしながら
自然を楽しみたい方限定コースですので、危機管理が出来る
アウトドアー熟練者同行が望ましいコースです。


蝶の観察

蝶の名前確認も全く自信が持てませんが取りあえずご紹介
オレンジに黒い斑点模様のタテハチョウは数も多く
気にも留めなかったのですがよく観察すると裏羽が薄グリーンで
きれいな事が分かりました。「ミドリヒョウモン」でしょうか?

アゲハチョウに良く似たこの蝶も多いのですが後羽の形が
少し違うようですので裏表で撮ってみましたが・・・

役立つ子供の昆虫図鑑

遊歩道もすっかり草の丈が伸びシジミも群れて飛び始めました
野鳥に負けず昆虫の種類も多く飛び回っているので
写真に納まりにくいのですが2種類のシジミをご紹介します
きれいな薄紫に縁取りが白いのでミヤマシジミではと思いましたが
少し茶系のシジミも一緒にいたので小学生用の昆虫図鑑で見ましたが
似たようなのが多くて判別できません。
雌雄で色の違いがあるので同種類なのかもしれませが
沢山の紫の中に地味なのが1匹だったので雌雄のバランスが取れないし・・
先日白い蝶と黄色い蝶のペアも居たのですが、もんき蝶は
雄が黄色く雌が白かったのですね。今やっと子供に買い与えた
図鑑が役立っています。