カテゴリー アーカイブ: 未分類

晩秋の晴れ間に

先日の深い霜で、すっかり落葉が進み柿の実が

目立ちますが、クマが出てこないと良いのですが・・

 

もう体感も見た目も冬に近い感じですが、季節を

月で分けると9月~11月は秋になるようです。

 

 

秋分から冬至までが秋の区切りらしいのですが

上手い具合に「晩秋」と言う言葉があるのが救い

まさに里山は晩秋の季節を迎え、冬間近です!

 

7:25
晩秋の朝

秋晴れの青空の元、太陽の日差しと共に

里山裾野に薄く朝靄が広がり始め・・

 

瞬く間に濃霧が視界を遮りましたが

 

また10分ほどで靄が薄れ、青空が戻ってきました。

太陽を浴びて広がる朝もや
7:43
瞬く間に朝靄は薄れていきました
7:53

里山裾野の雲の帯を観察していると

目の前を行きかうカケスが数羽、ズームで観察

 

天気が良ければ、飛び交う野鳥もうれしそう♬

飛び交うカケス
カケス
カケス
カケス
カケス
雲の帯

 

 

昨日はモバイルwifiが凄く接続不良になり

どうしたのかなと、あれこれ想像しましたが

取り合えず今日は復活!

 

それでも上下階に分かれるとモバイルから

離れた階の受信が悪く不都合に。

Xi速度と比べて遅いからなのかと思いますが

もう一つ、ドコモは室内拡張期があるからとも

思えるので、今後の貸出も希望した方が良さそう。

 

豪雪地住宅の完全二重窓は、電波も入り難いのでは

とドコモ贔屓になってしまします。

そんな訳で、WPブログはCM画像の邪魔がなく

ドコモ速度制限でも、何とかブログ更新ができます。

 

ただ画像アップに数十秒かかる為、upしながら

台所で夕食の下ごしらえをしてしまいます。

今回は味噌汁用の大根を輪切りにし

一かけ千切りにして戻っては、次の画像upです。

 

こうして画像アップ終了までに、下茹でまでを

終え、煮干しを入れて本煮込みとなっています。

取り合えず、仕事でもないのにご苦労な事ですが

続けていないと遠ざかり、ネットとも距離が

生まれてしまうとまずいですよね!

 

今後のシニア世代の買い物はネット宅配が頼りとなりそう。

車の運転もそうですが、続けていないと

何もできなくなりそうで、田舎暮らしを

保つには、必要不可欠な気がします。

 

もちろん、完全自給自足が出来るのなら別ですが・・




無印良品 アルカリ電解水クリーナー 約400ml

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ

 

里山は実りの秋に

台風の影響で気温が高く、季節が遅れ気味と思われますが

さすがに10月中旬を過ぎ、里でも夜の暖房がうれしい季節!

 

 

先ほど緊急サイレンが鳴り響いてやってきた宣伝カー

今もタブレットのエリアメールが着信しましたが、内容は

「小出小学校付近でクマが目撃され、人が襲われました。」

佐梨川沿いに移動の可能性があるので、絶対に外へ

出ないで下さいという内容。

 

 

車で15分ほどの距離もあり、これで外に出ない人は

少ないのではないだろうか?

特に共同温泉が佐梨川沿いにあるので、多分

いつも通りに温泉を利用すると思われますが・・・

 

ちょうど今日も晴天に恵まれ、9:30にはその共同温泉付近へ

散策に行った私達、だんだん時間が速まっているのは

朝のストーブを点けずに済ませるため!

歩いてくると体が温まり、帰宅の頃には気温も上がり

夜までストーブを必要とせずに済むからです。

 

 

8時頃には裏を飛び交う野鳥の数も増し、賑やか

ホオジロかな?と思いつつ群れの数羽を撮ってみると

ホオアカも混ざっていました。

 

ホオアカ
ホオアカ
ホオアカ
ホオジロ
ホオジロ

今日の散策コースは長女の希望で、佐梨川沿い

廃園になった保育所の裏側で、昔は栗が拾えたのに

先日行ったときにイガでさえ数個しか見られず、崖下側へ

行ってみたいと言うので、川沿いの河川敷歩き。

 

 

暖かな日差しに、散歩日和で、上流に見える滝を目指し

歩いていくと、クリはなかったのですが、クルミを発見!

 

 

一つ二つ足で踏んで皮を剥いてはクルミを拾っていくと

あらあら、あっちにもこっちにも落ちていて・・・

皮も向かずにクルミ拾いとなってしまいました。

 

 

取り合えずポケットにはポリ袋を忍ばせてありますのでね!

 

 

今まで少しずつ拾って溜めていたクルミは、義父が

「お前たちでは後始末が出来ないから」とこっそり捨てられ

後始末が回ってこないように先を越されたようですが

もちろん、自分たちで後始末にも挑戦するつもりですから

二人で袋6文目ぐらい拾ってきて、さっそく皮を剥き

水洗いして、干してあります。

 

 

この草むらに色鮮やかなブドウのような黒い実があり

赤紫の茎が鮮やか、他でも見かけていたので何かなと

撮ってきて確認すると「ヨウシュヤマゴボウ」とあり

外来種の毒性の強い植物だそうです。

ヨウシュヤマゴボウ

河川敷は2011年の豪雨の後、3年位かけて復旧したもの

現在は2カ所ある橋の1つを補修中!

なんでこんな至近距離に橋が2つもかかっているのかと

疑問に思いましたが、1つ壊れたら川向こうは陸の孤島に

なってしまうからなのだと気づきました。

 

 

それにしても、雪が降ってしまうと塞がる農道ですから

今までこの河川敷を歩いたことがなく、これ程きれいに

整備されていたのかとびっくり!

 

 

雨が多かったせいか、水量も多く澄んでいます!

9:50
佐梨川 小平沢河川敷
上流は砂防ダムかな?
小平沢集落
佐梨川 砂防ダムの滝
砂防ダムの滝
水量も多く
溢れる滝
佐梨川
澄んだ川の流れに

北之又川同様に澄んだ水で、今後の散策ポイントになりそう。

 

 

ここ続いて夕暮れのきれいな空に、翌日は晴れましたが

今日は午後からどんよりした曇り空、天気予報通り

明日は雨になるのかも・・

 

どうぞ台風被災地にこれ以上の被害がないように!

と祈るばかりです・・・

 

モンシロチョウやキチョウ飛び交います
昨日の夕暮れ 16:34

Amazonギフト券 Eメールタイプ – Amazonベーシック
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

ヤマドリの親子も行列で道渡り ♡

 

心配されていた豪雨も、日本海側では大したこともなく

昨日から曇天ながら雨が小休止中。

ただ一昨日4日は、午前中は用事と買い物だったので

散策が夕方になり、用心のため傘持参で助かりましたが

本降りの雨に打たれ、ズボンは膝下がビショビショに!

 

オニシモツケ

アオダモ

リョウブ

 

最初はポツポツ雨が当たり、川霧が発生

その後一気に本降りになり、傘とシャツでカメラを保護!

 

16:12

石抱橋から

北之又川保護水面

16:23

 

昨日も午前中は宿の主人たちによる共同作業で

銀山平森林公園内の草刈り作業1回目・・

雨にならず何より、まだ遊歩道まで進行しておらず

遊歩道は草が道端を覆っていましたが

何やら遊歩道のはるか先に、ヤマドリっぽい

シルエットを確認し、ズームで撮影!

 

気付かれないように立ち止まり撮っていると

足元を通過する小鳥?ぐらいに思っていたのに

直ぐ後にまた草むらから違う小鳥が表れ通過

「もしかしてヒナかも?」と気づく、遠方ですが

その位置から動かずに、次の出現を待ち撮影成功!

 

結局6羽のヒナが通過するのを数えられましたので

その時は雛の数の多さから、カルガモだったのかと

思っていたのですが、今トリミングしてみて

ヤマドリの親子と判明しました。

普段ヤマドリの親子では2羽ぐらいまでしか確認した

事がなく、そんなものと思っていましたが

昨年は餌が豊富だったのか、6羽も孵った様子です。

 

とは言え、こうしてカルガモのようによちよち歩いて

移動しているのでは、次々餌食となり数が減るのかも

ヒナ達が飛び込んだところを確認すると、思った通り

私たちが木の芽摘みで下りる枯れた沢道で、既に姿は

見られず、下段の草むらへ入り込んだ様子です。

 

ヤマドリ発見

かなり遠距離ですが

振り返ったりするのでじっと待機

いそいそ歩き出したと思ったら

草むらに向かい

草むらに入る直前、足元を細かい鳥が飛び込んでいく

 

親鳥が草むらへ入り込むのを、カメラを向けて追うと

足元をいそいそと小鳥が歩いて追い越し草むらへ・・

もしかして子連れかと思案していたところ、次の子が

反対の草むらから現れ、後を追います。

それが数える事6回繰り返されたので、何とか撮影!

 

ヤマドリのヒナも車道を渡るの?

草むら目指して

駆け足

反対の草むらから現れ

急いで急いで!

家族を追いかけていきます

 

親鳥とヒナの行列が移動するのはカルガモだけではなく

ヤマドリもしていたなんて、知らなかった!

それにしても1羽ずつ距離を開けて渡る慎重さ

貴重な現場に出会えました!

 

梅雨の晴れ間に、花にはチョウや昆虫も群れていて

 

朝には網戸にクワガタの姿も

毒草であるジキタリスにはハチの姿も

コチャバネセセリ

ウスバアゲハ

イチモンジチョウ

ウスバアゲハ

スジグロシロチョウ

サンカヨウの実も色づいて

イタチハギ

ゴマシジミ

オニシモツケ

ヒメシジミ

 

前回は葉が小さくて、ミヤマカラマツと思ったけれど

よく見ると、モミジカラマツだったようです。

 

モミジカラマツ

モミジカラマツ

 

この時上空で猛禽のなくピィーピィーと言う声に

上空を見上げると2羽の猛禽が旋回中!

サイズが違うので親子かも、飛翔訓練開始のようです。

 

ノスリ

 

2羽の猛禽

ノスリの親子

クワイチゴ

 

荒沢岳登山口の公衆トイレも明けられ、使用可能になりました。

 

荒沢岳登山口の公衆トイレ

 

この後、河川敷に久々入ってみましたが

この雨に草木が伸びて、道が消えそうな気配・・

次回に続けますね!

 

村杉桟橋は定位置に来ました!

 

久しぶりの雨上がりで、朝靄に包まれた爽やかな空気

 

雨上がりの朝 7:20

裏山も新緑も始まり

窓からの魚沼駒ケ岳

窓からの荒沢岳

朝陽に向かって

庭の残雪

8:08

 

8:57

キセキレイの巣作り

キセキレイ

9:24

 

先日ブログでご報告し、村杉保管の過去魚拓を

ご本人で持ち帰りたい方にお返しする話、

さっそくメールをいただきました。

またルアーに関してもご連絡をいただきましたが

どうぞ今後はご自由にお立ち寄りの上、声掛けください。

だだし、これから山菜採りなど留守の事もありますので

お出かけになる直前に在宅を確認くださると確実です!

 

また釣り雑誌「angling」は表紙のイラストも描かれていた

イラストレーターの内田様からお引取りの連絡があり

「今後次世代の人に引き継ぎたい」とのお申し出で

有難くお受けすることになりました。

皆様からの、早々のご連絡にお礼申し上げます。

 

さて昨日は出そびれたので、今日は早めに桟橋方面へ

村杉桟橋は定位置の階段下に移動しました。

 

9:30 銀山平船着き場駐車場

定期船乗り場 桟橋準備

 

雪解けの流説

湖面の写し絵

 

銀山平船着き場

村杉桟橋は定位置に

桟橋から上流

 

国道沿いの雪消えが急速に進み、銀山平温泉周辺での自然観察が始まり、もうこちらには来なくなりそうと思い、前回より足を延ばし、源泉場の丸太沢まで散策してきました。

 

船着場に宿があり、丸太沢の源泉に入りに行った頃は

決して歩いていこうとは思わなかったのに

カメラ持参だと、この距離は散策に適量と感じるこの頃。

 

キビタキやオオルリの優しい声が聞こえるのに、姿は見えず

余りたたずんでいると飛んで行ってしまい、難しい!

 

オオルリ

巣作り集めのシジュウカラ

山桜

葉桜へ

タムシバ

オオカメノキ

ミズバショウ

イワナシ

ブナの若葉

釣り船

イワウチワ

ショウジョウバカマ

北之又川本流

下荒沢橋から上流

下荒沢橋から下流

丸太沢下

丸太沢

 

雪解けも進んで、山肌に山野草がちらほらと

 

銀山湖対岸

オオバキスミレ

ショウジョウバカマ

モミジの蕾

 

帰り道、ラインが呼ぶ音に出てみると長女から

どこまでスマホが受けられるか、歩きながら試すと

本流の凸ではスムーズな受信で驚きましたが

やはり凹の沢沿いに近づくと突然切れて受信不能!

曲がりくねった樹海ラインでの通信はやはり難しい

湖側に出っ張っている所だけのエリアと実感しました。

 

 

 

角田山の雪割草ウオッチング ♫

 

今週末は天候悪化の予報でしたが、今日は晴れ/曇り

 

7:57

天気は持ちこたえて

 

昨日も朝の内は曇天ながら、10時過ぎ頃から昼前に

かけて突然のアラレが降ってきて、その後小雨模様に。

 

実は昨日、トレッキンググループの遠出トレッキングが

予定されていて、部外者ながら私も誘っていただき

参加してきました。

 

目的地は新潟市の角田浜から登る角田山トレッキング

雪割草ウオッチングが目当てでした!

車4台に分乗して角田浜海水浴場の駐車場へ向かい

9時半ごろからトレッキング開始・・

 

思いがけず日本海を間近に見て、すぐ目の前に佐渡島

トレッキングに気が行っていたので、撮影はナシ・・

 

少し風があるものの曇天のトレッキング日和で出発

登り始めるとすぐに両脇には雪割草が見られ

白~ピンク~紫と彩鮮やかです!

 

 

角田山の雪割草

角田山の雪割草 角田山の雪割草 角田山の雪割草

雪割草

 

時にキクザキイチゲやカタクリなども咲き始めたところで

雪割草とオウレンが花盛り!

 

オウレン

オウレン

アオキ

ショウジョウバカマ

 

順調に花を楽しみながら登坂する中、ポケットから

スマホを出しては撮影を楽しみましたが、立ち休憩中

ポツポツと雨の当たる気配に、雨合羽を出して装備し

歩き始めるとすぐにアラレ粒に変わりパラパラと

当たってきましたが、雨ほどには濡れないのが救い・・

 

やはり天気予報通りに荒れてきたようで、撮影は諦め

ひたすらトレッキングを楽しみましたが、足元が泥濘

下を向きストックの補助で歩き続けると、雨も弱まり

予報程の荒れにはならず、山頂では霧雨程度に・・

 

角田山頂

 

天気が悪くさほど混んでいないようでしたが、小さな

山頂小屋は薪ストーブもあり満員御礼状態・・

少し待つうちに人が出始めたので、何とか入室し

お昼タイムとなりました!

 

それでも昼食を終える頃には、ほぼ雨も上がり

下山コースはルートを変更し、いきなりロープが

張られた急斜面で、階段を降りるような勢いでの下山!

 

この角田山はルートがたくさんあるらしく、今回は

どちらも正規ルートではない模様・・

急斜面のお陰で、あっという間の下山となりましたが

こちらのルートはヤブツバキが花盛りでした ♫

 

ヤブツバキ

 

泥濘に靴は泥だらけ、はねたズボンも脱いで履き替え

車に戻りましたが、帰路は燕市にある道の駅

「てまりの湯」に立ち寄り汗を流しての帰宅!

運転する方はお疲れでしょうが、楽々トレッキングです。

 

今まで銀山平では一人でカメラを持って、水分以外

物を持たない散策をしてきましたが、地域限定!

 

まさか冬の間に里山トレッキングが出来るとは

1人では思いつかない事でしたが、お誘いに乗り

これからはエリア外にも足を延ばせそうです・・

 

年を考えると、そろそろ新しい事を始める最後のチャンス!

今年誘っていただいたのはありがたい事

銀山平でも次の可能性を相談しているところです。