猛暑お見舞い申し上げます

 

全国的に猛暑が続き、熱中症が心配されていますが

銀山平では、時々太陽を雲のフイルターが覆い

強い日差しが弱められ、連休時よりは過ごし易くなっています。

 

それでも散策は夕方になってからにしましたが

夫は友人と薪作りの仕上げ作業で、昨日の午前中は間伐作業

午後からと、今日1日かけて薪割作業でした。

林業組合から薪割機をレンタルしてスムーズなのですが

木陰のない場所での作業、こまめに休憩しながら

1日半で仕上げたようです。

 

薪割機作業

薪割り 薪割り

 

 

7/17  16:06

トチバニンジン

 

今回も野鳥のさえずりが幾種類も聞こえるのですが

僅かに動きを捕えるぐらいで確認できません。

野鳥を鳴き声で分別出来るようになりたいのですが・・

 

この野鳥は何?

 

夕暮れになりにわかに空が色づき始めましたが

見た目より暗く撮れるか、白く光ったりと補正値を変えても

思った効果は出せず、少々不気味な色に撮れてしまいました。

 

 

18:49

夕暮れ 19:16

19:20 暗くなり過ぎです

夕空

 

曇天気味なだけに、朝靄も出なくなりました。

 

クガイソウ

 

夏草の濃い緑に彩を添える山野草は、ブルー系や

ホワイト系が多く見られ涼しげですね。

 

ノリウツギ 花付きはアジサイに似ていますが全体形は立体的です

ノリウツギ

クロヅル

ガクアジサイ

クサアジサイ

クサアジサイ

コシジシモツけソウ

トリアシショウマ

ヤマブキショウマ

ホタルブクロ

オオウバユリ

メタカラコウ

メタカラコウ

 

ホオジロもようやく「イッピツケイジョウ・・・」の声を

張り上げるようになってきました。

 

ホオジロ

 

帰路は銀の道1合目を歩いてみましたが、まだ草刈り前

北之又川保護水面の淵で魚影も見られましたが次回に・・

 

 

猛暑の自然観察でも出会えた野鳥たち ♫

 

週末は連休で散策はお休み、3日振りに昨日は遊歩道散策へ

 

最初に出会ったのはホタルガの番い、交尾中は初めての出会い

 

交尾中のホタルガ

交尾中のホタルガ

 

そして久々に

「ピーヨー」と猛禽の声がするので見上げるとゆっくり旋回中!

 

ズームで連写を楽しみ、トリミングの結果ノスリのようです。

 

ノスリ

ノスリ

ノスリ

ノスリ

ノスリ

ノスリ

ノスリ ノスリ

16:18

 

ぐるっと回っていくと、遊歩道後半で再度ノスリと遭遇!

同一かも知れませんね!

 

ノスリ

ノスリ

 

夕方でもまだまだ日が高く、帰りは裏の河原で涼むことに・・

 

17:09

北之又川保護水面

ツルアリドウシ

アクシバの実

 

川原石に腰を下ろし、水面を撮っていると

カワガラスの動く姿が、近くを探すとすぐ側の岩に

1羽のカワガラスを発見!

 

17:30

北之又川保護水面

 

葉陰になっていたのでこちらに気づくこともなく

最後まで尾をピクピク上下させながらじっとしています。

 

親鳥にここで待つように言われた幼鳥でしょうか?

1羽はさっと飛び立ってしまいましたが、最後まで

この岩の上でじっとしていましたが・・・

 

カワガラスの幼鳥

カワガラスの幼鳥 カワガラスの幼鳥 カワガラスの幼鳥

 

以前に親鳥が雛に餌を与える姿を見たことがあり

期待したのですが、戻ってこないので諦めます。

 

川の流れを見ているだけで癒されますが、こんな時に

ヤマセミを見かけることもあるので期待も・・・

 

これから暑い最中は、癒しと出会いのポイントとなります。

ただしこちらは保護水面です。

風に飛ばされゴミとなるようなものは持ち込み禁止!

川遊びをしたい方は石抱橋より下流で御願いします。

 

あくまでこちらは飲食物も持ち込まず

瞑想にふけるエリアであることをご理解ください。

 

 

夏山シーズン初の連休は、猛暑と雲海日和に!

 

 

いきなりの猛暑で連休と、厳しい夏山シーズンを迎えています。

 

全国で熱中症が危惧され、西日本の水害被災地は後片付け作業

ボランティアの方も含め、厳しい暑さの中で危険も増します。

どうぞ体調を崩されませんよう、ご自愛ください。

 

土曜日から晴天に恵まれ、銀山平でも屋内最高気温30℃と

暑さを実感しましたが、幸い川風が流れ込み体感温度は

動かない限りはそれほどでもありません。

 

そして夕立で潤っていたこともあり、早朝は朝靄に包まれ

雲海日和の濃霧、滝雲が見られたことでしょうね!

 

 

7月15日 6:20

銀山平温泉の朝

 

朝のうちにお部屋セットでベッドメイクをしていると

目の前のブナの木にニュウナイスズメが賑やかに出入り

キセキレイはいつもの柳の木に休みます。

 

朝霧

ニュウナイスズメ ♀

ニュウナイスズメの小群れ

ニュウナイスズメ

キセキレイ

 

前日までは曇天だったのに、青空はうれしいのですが

直射日光は厳しく、夏山シーズン最初の連休で

登山口は駐車場を溢れる車でにぎわっていました。

 

昨日荒沢岳を下山したお客様のお話では

だいぶ水の携帯が足りない人もいたようでUターン組も

早い下山だったお客様は、予備の水を差し上げてきたそうです。

 

また荒沢岳の鎖場は岩肌も鎖も太陽熱で暑くなり

手袋などが必須のようでしたので、ご注意ください!

 

そのまま天気予報も晴天マークに切り替わりましたが

夜空は満天の星で気温も下がり、熱帯夜がないのが

高原の避暑地たるところ!

 

昨夜も夜空の星に恵まれ、今朝も濃霧に包まれましたが

昨日と違い、所々雲がかかっていました。

 

銀山平エリアでは朝靄が晴れていくときの空模様が

幻想的で、雲海とは違う日本の原風景を楽しめます。

 

7月16日  5:52

朝の銀山平温泉

朝の銀山平温泉

朝靄の晴れるころ

朝靄が消える頃

銀山平温泉の朝

6:00

 

朝食準備直前のひと時でした・・・

 

自然観察に癒されて・・

 

梅雨明けから曇天が続き、暑くないのが幸いですが

夕立や霧雨が降るので、登山や撮影の方々は少々期待外れ・・

 

いまだに被害が続出している西日本の方々を思うと

猛暑の中の後片付けや避難生活で体力が心配ですが

早い復旧を祈っています。

 

全国で次々起こる自然災害に、何か別世界にいるような

現実感のない気分で、体力下降期にあることもあり

次々起こる体調変化で、少し気が弱くなっている気がします。

 

今日のワイドショーで、タイの少年達が「奇跡の生還」を

果たせたのは、僧侶修行経験のあるリーダーの元

初動の10日間をパニックになることなく瞑想で過ごし

体力、精神共に維持できたと注目されていました。

 

そして瞑想の仕方をレクチャーしていましたが

ヨガと同様の呼吸法を行い、意識を集中して瞑想する・・

上手く瞑想が出来ないときは自然豊かなイメージをする等

「写真を撮りながら自然観察するのは瞑想に近い?」かも

裏の河原で大きな石に腰を下ろし、川の流れを見ているのも

瞑想の一部かも知れないなと思いました。

ジーっと澄んだ川の流れを見ていると時間のたつのも忘れ

時にヤマセミなどが通過して、おもいっきりワクワクします!

 

そんな自然に囲まれていても寄る年波に体力は落ち

初めての老化体験に一喜一憂するこの頃・・

猛暑激しい都会の生活では尚更、リフレッシュタイムが必要ですね。

 

今日も昼前の曇天に遊歩道を周りましたが

途中で通り雨に会い、ショートコースで終わってしまいました。

 

エリア内の車道を数羽のニュウナイスズメが通過

さっと飛び立っていったのは親鳥だったのか?

地面を啄む1羽と、大地に体を預けじっとしている1羽が

取り残されていましたが、その歩き方から幼鳥らしい

ズームで見ると、1羽は虫を咥えていましたし

もう1羽はくたびれたのか休んでいたようです。

 

座り込んだニュウナイスズメの幼鳥

ニュウナイスズメの幼鳥

虫を咥えるニュウナイスズメの幼鳥

ニュウナイスズメの幼鳥 ニュウナイスズメの幼鳥

ニュウナイスズメの幼鳥

 

なんだかほほえましい姿に見とれていましたが

先へ進むと飛び立ち木立へ、親鳥が待っているのでしょうね!

 

そう言えば夕立のなかった一昨日の夕暮れ、窓外近くから

「ピィピィピィ…ピリリリ~・・」ときれいな野鳥の声

窓からそっと覗き双眼鏡で探しても姿は見つけられず

結構長く楽しめましたが、滅多にない事!

キビタキと思われました。

 

今にも降りだしそうな遊歩道散策では、トンボの数が増え

イタヤカエデの緑葉に、赤い新芽が彩を添えています。

 

 

イタヤカエデの新芽

イタヤカエデの赤い新芽

イタヤカエデの新芽

イボタノキも今年は当たり年

イボタノキ

コクワ(サルナシ)の花

 

サルナシも場所によってはたくさん花をつけていますが

葉が虫食いだらけなのが心配!実がつくといいのですが・・

 

早い所では花びらが散り、実をつけ始めていました

 

サルナシの花から実へ

サルナシ

 

水たまり池では珍しく透明度が増していて

じっと生き物探しをするのですが、見たのはカエルだけ

 

水たまり池のカエル

 

オタマジャクシすら見かけないのが不思議?

そして今更のように新しいモリアオガエルの白い卵が見られ

以前の産卵は育ち歩合が悪かったのでしょうか?

 

 

 

遊歩道の草刈りで、トレッキングコースも復活!

 

夕立は収まり曇天で過ごし易い気候となっています。

夫達の銀山平森林公園内の草刈り作業は

終わり切れずに、今日の午前中作業でやっと終了!

 

昨日は昼休みに遊歩道散策へ出かけましたが、車道脇は

きれいに刈られ、トレッキングコースも入れるようになりました。

 

アジサイ

中央の小花がアジサイの花です

イボタ

コクワ(サルナシ)の花

コクワ(サルナシ)の花

ミヤマシシウド

ミヤマシシウドの葉

ミヤマニワトコ

ツノハシバミ

トチバニンジン

 

坪倉沢をのぞいてみると、夕立時に水量が増した様子で

川原石のくぼ地が出来たり、草がなぎ倒されていたり

 

坪倉沢の河原石が広がり

草がなぎ倒されているところも

 

草刈り作業は分担制で、各地で作業を見かけます。

 

遊歩道の草刈り作業

遊歩道の草刈り作業

 

お陰様でトレッキングコースも入りやすくなりました。

 

トレッキングコース口奥

トレッキングコース

 

奥のトレッキングコース登り口では木が横切りますが

捕まってくぐればかえって歩きやすいですよ!

 

シモツけソウ

シモツけソウ

シモツけソウ
車道よりのトレッキングコース登り口も草が刈られ

道が幅広に、ここは大木の下を歩けるので涼しく

見上げる形で野鳥を近くに見られ、バードウォッチングに最適。

さっそくイカルをみることが出来ました!

 

トレッキングコース車道よりの入口

 

見え隠れするイカル

イカルの姿をしっかり確認

 

トレッキングコースの下道

トレッキングコースの下道

トレッキングコースの登り口

根曲がりの杉林

 

クガイソウ

クガイソウ

ヨツバヒヨドリ

サワフタギに群がるホタルガ

 

昨年はトレッキングコースの草刈りをさぼったので

より大変だったとか、これからは毎年するとの反省事項!

有難いですね・・・