近隣トレッキング・春の里山たより

世の中の動きに合わせて、田舎暮らしと言えども
自粛へ向け、トレッキングは徒歩圏内の桑原山へ

知られざる里山で、外部からは少ないのか
あまり人と出会うこともなく、近所の散歩と同等?

幸い春を迎えて、いつも新たな里山たよりとなり
今回は(4/13)待望のギフチョウウォッチングに!

いつも突然近くを通過されて撮れない被写体でしたが
今回は足元の枯葉に止まり、擬態しているかのように
動かないギフチョウと何度も出会え撮影出来ました。


自宅から登山口まで、25分ぐらいの距離
健保センターの裏に登山口があります。

桑原山登山口 9:54
上り口は杉林
杉林
ボランティアによる補修
杉林の後は尾根伝い
この先木陰はありません
急坂もあります
オカメノキ
キタテハチョウ
キタテハチョウ
飛翔するギフチョウ

飛んできたキタテハチョウに続き飛んできたのは
ギフチョウ!急ぎシャッターを押すと撮れてた!

見下ろすと
ガレ場も上がって山頂間近
桑原山山頂 

途中ボランティアさんと立ち話しても1時間ほど

10:41

次の涸沢山頂へ向かい尾根歩きをすると
待ち望んでいたシャクナゲの蕾が赤く色づくの発見!

シャクナゲの蕾もついに割れて
ほころび始めたシャクナゲ
帰路で再びチェック
イワナシ
ギフチョウ初撮影

尾根でふわっと舞い降りるギフチョウを見かけ
そっと様子見で、枯葉に停止するギフチョウの撮影!

ギフチョウ
アップダウンのある尾根歩き
イワウチワ
急坂も
谷側にはユキツバキ
大きな岩を乗り越えるはしご
オカメノキも花開き
ほとんど残雪は消えました
涸沢山頂
ギフチョウ発見

帰り道の尾根は気温も上がり、何匹ものギフチョウと
すれ違いましたが、実は足元の枯れ草にじっとして
通り過ぎると飛び立っていたようなのです。

たぶんジッとして擬態していると思われるのですが
カメラを向けると動かなくなるので、近づけます。
遠めに見ると尾羽の赤い模様が目に見えて頭?と
思ったのですが、近づくと翼の尾先で頭は
見えていなかったことがわかり、守る態勢かと?

ギフチョウ
ギフチョウ
結構小さいギフチョウ
ギフチョウ
ヒオドシチョウ
蝶道となる尾根
越後駒ヶ岳
12:05 下山
タムシバ
タムシバ
カタクリ
アケビの新芽

12:40には下山、帰路の畔にはエンゴサクも開花

エンゴサク

急速に春の息吹が増しています・・・


にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました