猛暑でも涼しい風に恵まれ、クマタカの旋回も

トラブルから始まった東京オリンピックも無事開催へ。
それにしても直前まで製作スタッフの辞任騒ぎが続き、呪われたとまで言われる今回のオリンピックですが、昨夜の開会式を見ていると選手たちの嬉しそうな笑顔が救いとなる気がします。

206か国の参加と言うだけに開会式選手入場の時間も延々続き、半ばで寝てしまい肝心の灯火が見られませんでしたが、大阪直美選手が最後の聖火ランナーだったとは。

「多様性と調和」がテーマの一つと言われていましたが、日本選手の中にミックスの存在が大きくなっていて活躍する姿に嬉しく思います。
我家の孫も日本語を話さないミックス児で、随分と身近になっていますしね・・

コロナ禍に歓迎していなかったオリンピックですが、始まったからには応援して無事終わってもらいたいもの、炎天下で試合を行う選手たちを見ると、東京の猛暑は大丈夫だろうかと気にかかります。


昨日はプールへ向かう国道沿いでネムノキに満開の花を発見、昨年より開花期が遅かったのだろうと気づきます。
今年は梅雨の長雨と、梅雨明け同時に始まった猛暑続きに近隣散策がストップ!
自然大学の観察会に参加したこともあり、近所の観察は疎遠になったまま猛暑と腰痛で出歩けずにいましたが、家の周りのヤマユリが咲き始めたこともあり、短時間でもと今朝30分ほど農道の木陰を歩いてきましたが、まずは昨日の事から・・

朝仕事でジャガイモの収穫をこなした夫と義父、腰痛の私は参加しなかったので聞いてみると「今年は乾燥が良かったので昨日1日干しただけで、小さな段ボール箱に小分けした」そうです。

プールから帰宅し買い物を片付けていると、寝転がっていた夫が「何か飛んでる」と言うのでカメラを持って窓から覗くと、上空をゆっくり旋回する大きな猛禽!
この春巣立った幼鳥なのか?その親なのか?
まだ雷鳴が不安定になる事が多いせいか、猛暑でも涼しい風が吹いていたここ数日。
上空は風が強く猛禽たちの旋回には最適なようで、ゆっくり旋回しつつ流れるように背後へ消えて行きました。

にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました