エアコン交換、地元業者で素早く進行!

昨日は予定通り午前中に電気屋さんが来て義両親の部屋のエアコン交換作業が行われました。

9時頃来て11時半ごろ終了しましたが、高所作業車も来て想像以上に大がかり。

窓口となった電気屋さんが前日夕方に、エアコンを運んできて置いて行ったので想像以上に大きい事は気づいていましたが、すっかりお任せにしたのは正解だったと思えるほど、サイズが大きい!
事前に設置場所のサイズを計った上で商品を選んでいたのでスムーズです。


雪国ならではの室外機設置場所問題もあり、結局元の場所へリフト車を使っての作業となりましたが、玄関側だからこそ使えたリフト車。

外仕事担当の若い方はTVで見た事のあるファン付きベストを着ていて、外見は羽毛ベストのよう・・・

設置後さっそくスタートさせ、取りあえず28℃設定にしたけれど風が当たり冷たいとの事で除湿へ変更。
それでもしばらくすると寒いとの事で、結局29℃にしてちょうど良い感じになったとか。

午後から二度目のコロナワクチン接種に行ってきた夫も帰宅すると両親の部屋に入り、一緒に時代劇の再放送を見て過ごしていました。

エアコンの品不足や工事待ちで下手をすると設置はお盆頃と言われている中、早々に出来たのも地元電気屋さんに頼んだ成果。
夫のワクチン接種も、申請が込み合うのを避け遅れて連絡したからこそのキャンセル枠への滑り込みで前倒しでしたし、過疎地なりのメリットもあると感心しているところです。

にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました