窓からのお花見 ♬

ようやく天気に関係なく春らしさが増してきました。

窓の外には額絵のようにお隣のオカメ桜が色を染め
自宅の室内からお花見を楽しめます。

そう言えば昨夜のBSでサクラもりの方が話していたのですが
ソメイヨシノって木ではなく幹なのだそうです。
全てが枝の接ぎ木で出来、大きく育っているので
木に見えても実際は枝という事で,花が咲いても
雄しべも雌しべもないので、種は出来ず蜜もできない!

だから花にはチョウも鳥も集まらず、葉桜になったときに
毛虫が一斉にその葉を食べるのだとか・・

まさか大樹の桜が枝だったとは、驚きの発言。
近くにソメイヨシノはないので、チョウも鳥も来ない
などとは知りませんでした。

ちなみに近隣で見られるヤマザクラはもちろん木ですので
種も取れるし、蜜もあり野鳥たちの憩いの場ですよね・・

日本の桜の原種は・ヤマザクラ・オオシマザクラ・江戸彼岸桜
の3種で後は交配しながら増えてきたそうですよ・・

窓の中にはオカメ桜
窓からのお花見 ♬

夫は昨日頼まれ仕事で旧村杉の囲い外しに銀山平へ
遊歩道の平で1mぐらいの残雪との事。

せっかくの春の便り、気兼ねなく楽しみたいところですが
首都圏の外出自粛要請がある中で、地方での活動制限が
どこまでなのか疑問に思うところです。

さすがにジム等での感染を聞き、2月末にプール参加を自粛し
4月までで閉館する予定もあり、3月から退会。
退路を断って泳げない体制を整えました。

代わりに少人数での里山トレッキングで体力つくり
合間は地域の散策で銀山平と同様カメラを持っての自然観察。

三寒四温で風邪をひかないように、気遣うこの頃ですが
コロナ騒動はどうも長期戦になりそうとの判断に
義母も1か月自粛したデイケアサービスを4月から復活し
当日は体温を測っての参加です。

毎日感染拡大ニュースが更新される中、何をするべきか?
シニア世帯のわが家では、義父の教えを請い畑仕事をし
自給自足の足しになるよう頑張ろうと考えるところ。

世界中に拡散するウィルス感染予防で貿易が滞り
鎖国状態になりつつあるのではとの声も聞こえる中
スーパーが品薄状態になっているのは日本だけではなく
世界中の問題になってきているようです。

いままで休校問題だけしか話題にしなかった次女ですが
アメリカが食料の輸出規制を考慮し始めたとかで
バンクーバーでもスーパーに列ができ、品薄が目立ってきたとか。

幸い過疎地の当地では、まだそこまでいきませんが
野菜の高騰は目立ち、そのうち輸入肉もなくなるかも・・

これからは気温も上がり、山菜も取れ初める季節
初めての野菜作りに精を出し、目指せ自家供給です!



にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました