銀山平:植物観察会1回目

25日に銀山平:植物観察に参加し、銀の道から林道を歩いてきましたが、昨日の続きで山野草情報をお届けします。

昨日最初にアップしたトウヒの画像は銀山平温泉裏の駐車場に植わっていた物。
トウヒと言う名に辿り着いた後、銀山平の他の場所でも見かけたので野生種かと思っていましたが、正確にはドイツトウヒという事で植林されたものだろうとの事!
赤い蕾が花だそうです。

銀の道ルートにはまだ残雪もあり、倒れた木々が突然飛び上がる可能性もあり要注意!
樹木も新芽が見られ始めたばかりのものが青く、花が咲く前の山野草が多い中「どうせ分からないからと、見ない事にしてきていた雑草類の名前も教えてもらいました。

タヌキランはタヌキのしっぽに似ているとの事、今まで山菜採りでよく見かけた草はミチノクヨロイクサという立派な名前がありました。

ピンク色のツツジはユキグニミツバツツジだと思っていましたが、確かに宿近くで見たのは3葉でしたが、ピンク系では5葉のムラサキヤシオも混生していました。

そして黄色いツツジ科の花と思っていたのは、よく知っていたピンクのツリバナを咲かせるウラジロヨウラクの蕾だという事も教わり、この黄色い蕾が開くと幾つもの蕾花が現れるそうです。

クロモジとアブラチャンの見分け方はやはり木肌で判断するとの事。
オオカメノキの芽吹きの葉もありましたが、よく似たケナシヤブテマリは花が咲くと見分けられるものの、他には葉型が目安でオオカメノキが丸形なのに比べてヤブテマリの方が細長いとの事、でも所によっては変形もあり微妙です・・

間違いやすい山野草として要注意なのが、ニリンソウの葉とトリカブトの若葉。
一緒に咲いていたので比べると分かりますが、ニリンソウの若葉と間違えてトリカブトの若葉を誤食したというニュースを聞きますのでご注意を!

銀山平では湿地によく見かけるクレソンですが、同じく湿地帯で見かけるコシノチャルメルソウは葉の形が微妙に違いコチャメルソウ(ユキノシタ科)との事。

同じくユキノシタ科で、葉型がギアの様な丸形はエゾノクロクモソウだと教わりました。
お馴染みのシラネアオイやサンカヨウもまだ早いものが咲き始めたばかり

そして大木の苔から植生しているのは「ヤシャビシャク」と言うそうですがこれもユキノシタ科なのだそうです。

まだ花期前の物も多く、6月の観察回数が多いのは春の山野草が多く咲く季節だからか?楽しみな植物観察会ですが、忙しくなります・・


にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました