昨年と違う季節めぐりに様子伺い・・

昨日からの曇り空ですが、昼頃から夕立予報もありだいぶ暗くなってきています。

結局昨日は雨になりませんでしたが、昼頃から桑原山登山口方面の散策で、ついでに5合目まで登り体慣らし。
出かけたのが遅くどんより曇っていたので、尾根歩きは天気の良い日にと下見気分。

いつも登山コースをボランティアで整備している方々が休憩中で「今年は蝶が少なくないですか?」と声掛けすると「毛虫も少ないよ」との返事・・

そう言えば昨冬から今春にかけてカメムシも異常に少なかったなと気づき、自然界のサイクルなのか、気象条件の影響なのか分かりませんが、最近豪雨が多い事も繁殖の妨げになるのではと思えてきます・・・

昨年が初めて暮らした里の春だったのに、例外的な小雪で比較できないのですが、昨年が特別に昆虫や野鳥にとって恵まれた春だったのかもと思えてきます。

山野草や樹木の開花には場所によってタイムラグがあるので、まだまだ楽しめそう。毛虫が少ないとの話を聞いて、カラ類の姿が少なく感じていた事と共通するのかなと思うのですが、季節めぐりがこれからの可能性もあり、来週には尾根歩きをしてみたいと思っています。

沢沿いの雪も片付き最後のヤマザクラが見られ、土手にはトキワイカリソウも咲いていました。

昨年はよく下りていた猿跳橋下の河川敷へ、今年は反対側の河原へ下りれることを確認したのでこちらの姿が丸見えのこちらに来るより、対岸からの観察の方が良い気がしています。

野鳥の姿も声もなく戻りながら川を振り返ると、白っぽい野鳥を止まり木周辺に発見、ヤマセミだ!と気づきカメラで追いましたが、撮ることはできません。
暫く座って様子見をしていると、さっと飛び立ち川上へ向かって立ち去ったので、やはり姿を隠す必要がありますね・・・


にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました