カタクリの群生もそろそろ最終?

里の暮らし2年目を迎え、初めて出会った山野草ともお馴染みになってきたこの頃。
裏の沢では、この春何度も出会っている山野草が出迎えてくれます。

雪融けの遅い裏山の沢には所々残雪もあり、カタクリの蕾まで見られるところも・・
何度も場所が変わることで、春の芽吹きを繰返し楽しめています。

裏の沢に入るのも3度目で、やっとわずかな木の芽と数本のヤマウドを採れましたが昨年に比べて細いのは気のせい?
コゴメ(コゴミ)は伸びすぎでしたけれど、赤コゴメはまだ収穫可能。
我家ではこの赤コゴメの方が人気があるので採ってきましたけれど、葉茎がモジャモジャに毛ば立っているので洗うのが面倒、茹でた後夫に任せます・・

本当は今日の天気予報が晴れだったので桑原山チェックを予定していましたが、残念ながら今朝方大きな雨音で見ざめ、断念しました。
高低差は大したことないのですが、山頂手前にガレ場があり一人トレッキングに雨後は危険と判断しました。
今年のトレッキングそのものがあまり気乗りしないので、このまま行かずに終わる可能性もありそうですが、コロナ禍の中では危険回避が基本ですから、それでいいのだと自分に言い聞かせています・・・


にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました